.
.
.
.
.

★恩師に妻の体を悪戯された告白

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/07/24(日)
 私は43歳、妻は34歳、息子小2の3人家族です。私が高校の教員をしている時に、ある方の紹介で某企業で(短大卒業後に)受付をしていた妻を紹介され、交際1年後に結婚。結婚式に招待した大学の恩師に仲人をお願いし、ほどなく息子も産まれ、普通の家庭を築いております。

 結婚して1年後に恩師(仲人S先生)のお声がかかり、高校をやめ大学の講師に転職しました。S先生の後方支援もあり、現在は准教授とスピード出世できた。S先生は酒好きで、私もお酒は大好きなので、転職後はよく一緒に飲むよーになった。
* 飲むとS先生は必ず自分の研究成果の話題、自慢、そしてエロ話と発展する。S先生によると、昔は学生にも助手にも手を付けるのが簡単で、それが普通だったとか…良き時代だったと染々仰る。1年ほど前、S先生と飲んで終電が無くなり妻に迎えに来てもらったときのことです。

 店を出て、妻の車に近寄ると妻は「先生、ご無沙汰しております。いつも主人が…」とご挨拶。S先生は「久しぶり♪10年ぶりかな!?綺麗になったなぁ~」と。妻は「すっかりおばさんです。その節にはお世話になりました!!」S先生は「いやいや…グッと色気が増してあの頃より綺麗やんか♪」と言いながら妻の肩をポンポンと軽く叩いた。

 私は車のドアを空け、S先生を助手席に促した。私もS先生もかなり飲んでたのですが、S先生は饒舌でした。S先生のご自宅までは一時間位。車内では、ご自分の研究の話から私の仕事ぶりを誉めたり。妻は「そーなんですか!?」などと言いながら相づちを打ちながら運転。

 私は少し(5分位だと思いますが)ウトウトと居眠りをして、フッと目を覚ますと(私も後部座席でおりました。)S先生は妻の太ももを触っているよーでした。私はびっくりしましたが、会話も続いておりましたし、ー反応して良いか分からず…そのまま、寝たふりを続けておりました。複雑な気分のまま。

 私が寝てると思ったのか!?私の仕事や将来の話をしながら、ずっと嫁の脚を触ってました。20分ほどして S先生のご自宅に到着し、妻に起こされ、私は車をおりました。助手席のドアを私が開けるとガソリン代だからと言いながら、妻の胸ボケットにお金を入れながら、露骨に掴んでました。私が外で見てるのに…

 S先生を送り届けた後の車内では妻に「こんなに遅くなって、もうやめてや!!」ときつく言われました。私は「ごめん、タクシーも時間掛かるし…ごめん」と謝罪しましたが、妻はS先生に触られたことは何も言いませんでした。その後、S先生から食事会とかも 妻を同伴で♪と誘われるようになりました。

 いつも他の同僚夫婦や助手も一緒でした。二次会のカラオケなどではデュエットと称して、肩を抱いたり尻を撫でてます。妻は、「無下な態度は取れないやろ!?」 と言って我慢してるみたいでした。それを見て、私は妙な興奮を覚えました。妻とは5年位レス気味ですが、明らかに股間に反応がありました。

 S先生は部屋の明かりを落とさせ、私達夫婦は勿論、時には同僚やその奥さんと適当にカップリングしてチークを踊るよーに促しました。S先生は逆らえず、体を寄せて揺れる私達を楽しそうに眺め、そして妻の手を取りチークを踊ります。(一曲目にはしません、必ず二曲目以降)

 S先生は自分の体で見えないよーに(実際には見えてますが…) 妻の腰、太もも、尻を撫で回します。首筋にも顔を近寄せます。そして、妻の下腹部にご自身のモノを押し付けてます。他の同僚の奥さんにも 時々しますが、妻の頻度が高いです。

 帰宅後、必ず妻は「もうイヤ!!行かへんから。絶対いらん!!」と怒りながらシャワーに入りました。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.