.
.
.
.
.

★私の忘れられない彼との話

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/07/18(月)
 今、好きな人がいます。でももう、忘れなければいけない状況ですが。彼と出会ったのは2年生の冬。合コンで知り合いました。彼は2歳年上で、すでに社会人でした。大阪から上京して(その当時)数ヶ月の一人暮らしでした。

 会った日に、何回か「今度遊ぼうよ」と言われてて、数日後、電話がかかってきました。友達が私のケイタイ番号を教えたらしいのです。まだあんまり会話は弾まなかったけど、結構かっこいいかなって思ってたし、遊ぶ約束を普通にOKしました。
* 遊ぼうという約束をした前日の夜7時ごろ、急に電話がかかってきて、仕事が早く終わったからご飯を一緒に食べたいと彼は言ってきました。「帰り遅くなりそうだったら泊めてあげられるし」そう言われて、少し迷ったけど、ご飯を食べに行くことに決め、急いで着替えて1時間後、彼に会ってご飯をたべました。

 もちろんお酒も飲みました。話しているうちに、とっても楽しくなって。帰らなきゃいけない時間になっているのも気付いてはいましたが、楽しかったので帰る気にはならず、気付かないふりをして、お店の閉店時間までいました。

 お店を出てから、彼が「どうする? 泊めてあげられるけど…」と言い、少し迷いました。ただ遊ばれてしまうだけになるのは嫌だった。でも私が困って迷っていたら「あ、俺、信用されてへん?」「無理矢理連れて帰るわけにもいかへんし…」って、逆にちょっと困ったように遠慮し始めて、それを見て、この人はそんなに軽くはないかな…って思って泊まることにしました。

 彼の家に行っても、普通にTV見たり、雑誌を見たり、特に心配する必要もないかなというカンジですっかり安心してました。土曜日の夜だったので、深夜番組もちょっとH系が多かったから、彼はやたら気を使って「ごめんな。ごめんな」っていいながら、いい番組もなく「アルマゲドン」のDVDを見せてくれました。

 これだけ、狭い部屋にいても下心も見えないし、すっかり安心してました。彼が朝の4時くらいになって「さすがに眠い」と言ったので、布団を敷いて寝ることにしました。アルマゲドンはつけたままにしてくれたし、寝巻きも貸してくれたし「端っこで寝なー。おれも端っこで寝るけん」と言ってくれました。

 正直、さすがにいっしょの布団で寝るのはドキドキしましたが、彼もいびきをかいて寝始めたし(笑)、この様子なら、襲われたりはしないかな~?なんて思って、緊張しながらもうとうとと眠って…

 たぶん1,2時間くらい経った頃だと思います。急にカラダを引き寄せられたんです。Hが初めてなわけでもなかったし、付き合ってない人とHしたこともありましたが、さすがに、動揺してしまいました。でも、動揺を隠そうと思って、眠ったフリをしました。そしたら、彼もまたいびきをかきはじめたんです(笑)

「え??」とか思ったけど、寝ぼけてただけかな~?なんて思って私もまたウトウトし始めました。そしてまた数分経った頃、彼は目が覚めたらしく、私を抱きしめ髪を撫で始めました。さすがに眠ったふりもできず、私も目を開けましたが、彼も私も無言のまま、その状態がしばらく続きました。

 心の中でやっぱりいっしょに寝ちゃうと、こういうもんかな…なんて思ったりもして。そのうちに「俺が一方的に好きや」と言って、キスをしてきました。不思議なことに、私は落ち着いちゃってて、動揺することもなくなりました。

 やがて服の上から胸を触ってきたけど、やっぱり、会ったばっかりですぐHしちゃうのはよくないかと思い「ダメ」って拒否しました。が、その後も2回くらい胸を触って、そのたびに私は「ダメ」と言ったけど、この状態じゃもう拒否するのは無理かな…。

 寝顔が昔の彼氏に似ていて、なんかもう…いいかな、なんて思い始めたときでした。彼が服の中に手を入れ、ブラのホックをはずしにかかってきました。私はもう抵抗することもなく彼のされるままになりました。

 ブラのホックが外れて、今度は前から手を入れ、ブラを脱がされました。「いつもブラして寝るん?」「ううん」「苦しいだやろうな~と思って、外してあげた」「……」「うそやね~(笑)」

 また彼が服の中に手をいれてきて、今度は私の胸を揉み始めました。揉んだり、乳首をくりくりいじりだして、私は、なんだかすぐに感じ始めました。「あっ…やんっ…」って私が声を上げ始めると、彼は私の上の服を脱がせて、自分は服もトランクスも一気にがばっと脱ぎました。既にかれのものは立ってました。彼は乳首を吸ったり、歯でカリカリやったり。

 右の乳首を思いっきりかまれて、痛かったけど…^^;その後、手が下におりてきて、ズボンと下着を脱がされました。そのまま私のあそこに指を入れて、いじり始めました。そのうちに彼が入れようとし始めたので、ゴムつけて、ってお願いをしました。彼はクローゼットから緑色のゴムをつけて布団に戻ってきて、私のをまた指でいじりはじめました。

 どんどん濡れてはきたんですが、急にやっぱり最後までいっちゃだめなような気がして「だめ、だめ、やっぱりだめ」と言ってしまいました。それを聞いて彼はほぼ諦めたみたいでしたが、それでも私を上に乗せて入れようとしました。

 が「ダメやんね~(笑)」と言って諦めては、正常位の体勢になって「ちょっと体勢になってみただけや(笑)」と言ったり…。どうしてもやりたかったのかな?^^;その後、彼は、胸に強くキスして…首にあがってきて、耳を舐めたり。「1回だけやってみよ、1回だけ。な? な?」と言ったり。

 結局そのままいちゃいちゃして、昼過ぎにシャワーを浴びてデートにでかけて、夜には家に帰りました。その次の日も、その次の次の日も、毎日、彼はちゃんとメールをくれて、休みが出来次第、すぐ連絡するからなーって言ってくれました。(彼はカメラマンなので、休みが不定期)これって付き合ってるのかな?って思い始めました。

 けどその状態は長く続かなくて、やっと会えた2週間後、色々話をしてて「今は付き合えん」そう言われてしまいました。その時点で私は、彼がすごく好きになってたのに。やっぱり私はやられただけだったのかな?「今は付き合えん」って言っちゃうと待たせちゃうから「今は」って言わん。「付き合えん」って言われて。

 悲しかった。あたしはやられただけ?でも彼はすっごく優しかった。Hのときも普段も。これってやられただけなのかな?その後、数週間メールは続いてたけど、急に返事が来なくなって…。再び連絡をとり始めたのは約1ヶ月後でした。なんでふられちゃったのかな?やられただけなのかな…?

 彼ともう一度会ったのは6月です。彼が会社の人に「合コンをやってくれ」と頼まれて、東京に友達がほとんどいない彼は、あたしに連絡をとってきました。彼にはただやられて利用されただけかもしれないと思ってしまうこともあったので、また利用されてる…と思った反面、私は彼が忘れられず、会いたくてその約束をOKしました。

 友達には本当のことを話して、合コンに連れていきました。久々に会えて嬉しかったのと、バイトの後で疲れてたのと、心を許せる友達を連れていったせいか、気が付いたらフラフラになるまで私は飲んでました。彼もとてもひどい風邪をひいてて飲んだので、具合は悪そうでしたが。

 遅くなったので私は、親戚のうちに泊まることにして解散。正直、彼の家に行けないか期待はしてたので、別れて電車に乗ってから「ノド飴あげようと思ったのに忘れちゃった」というメールを送ったら、彼から電話がかかってきました。半分は本当によっぱらってましたが、半分は酔ってるフリをして電話にでました。

「帰れるん?帰れんかったら泊めてあげてもよかったよ?」「う~~ん、平気~~」最初はそう言ってたんですが、急に会いたくなって、一度電話を切ったあと「やっぱ泊まってもいい?」とかけなおしました。駅で待っててもらい、解散した場所に引き返しました。

 彼の方の終電もなくなってしまったの、タクシーでした。私はとにかく酔っ払ったフリをしてついていきました。彼の家について、わたしはすぐベットで寝ました。「服貸そうか?」とも言われたけど、キャミワンピだったので、この方が襲われるかな?とも思ってこのままでい~~って。ひたすら酔っ払ったふりをして寝ました。

 彼もしばらくTVを見ててベットに入ってきました。やっぱり私はドキドキして眠れなく、端っこで壁の方を向いて寝たふりをしてると、彼は後ろから私を抱きしめてきました。しばらくして、私が寝返りをうって彼の方を向くと、両手首を掴んで、両腕にいっぱいキスしてきました。

 でも、それ以上はしようとしない。風邪で具合が悪いから??そのまま数時間、ウトウトと眠って朝になりました。さすがに明るくなっちゃったし、これ以上はないかな…。そう思いながら寝ていると、彼が私を抱きしめてきました。

 太ももをさすったり、私の股間に膝を当ててきたり。顔を胸にうずめたり。彼の股間に私の足を挟むと、彼のものがおっきくなっているのがわかりました。このまま襲ってくれていいのに…そう思っって、私も彼を抱きしめました。

 しばらくして、背中やお尻をさすってきて、どさくさまぎれのように胸を服の上から揉んだり。キャミワンピは上から下まで全部ボタンがついてて、その一つをかれがはずしたらしく(?)…「あ、はずれちゃった」「はずしたんでしょ~(笑)」「ちゃうねん、歯にひかっかったんや」と言い、上から1個ずつボタンをはずし始めました。

 上の方三つくらいをはずして、ブラを少しずらして、乳首をさわってきましたが、またボタンをはずす作業にとりかかりはじめました。「よいしょ。よいしょ。」って^^;全部はずし終わると、服とブラをはずし、私の乳首をカプってかんじに吸い付いてきました。

 胸を揉んで、乳首をいじると、彼の上に私をのせ、片手で胸を揉んで、片手を下着の脇から入れ、あそこをいじりはじめました。少しいじってから、すぐに下着を脱がし、再びいじり始め、おなかからキスをして、唇はどんどん下にさがっていきました。

 指はクリを刺激して、私が声をあげて反応すると、どんどんそこを攻め始めました。指を片手で入れながら、片手で彼は自分のズボンとトランクスを脱いで。彼は私を上に乗せるのが好きみたいで、しばらくして私を上に乗せ、入れようとしました。

 でも、ゴムをつけてなかったから「あ…ダメだよ…」って言うと、くるっと私を下にして正常位で入れようとしました。前に直前で拒否ったから、あせったのかな?とにかく入れようとするから「だめだってばぁ…」って言うのに、やめようとしなくて。結局、生で入れられちゃいました。

 入った瞬間、生で入ってしまったのと入った気持ちよさで「あああっっ」っておっきな声出しちゃった。昼間なのにね。しかも、となりに絶対聞こえちゃったと思う。何回か動いて彼は自分のものをぬき「大丈夫。絶対、出とらんけん。生の方がきもちいんや。今、コンドームないんや。」「あたし、持ってるよ?」「それ、破れたりしとらん?大丈夫?」「あ…。わかんない、ずっと鞄に入れてたから…。」

 そんなわけで、それ以上は続けなかったけど、その後も彼はお尻を触ったり私の二の腕を軽く噛んだり。「俺、噛む癖があるみたいや。」「前ここ(乳首)思いっきり噛んだでしょぉ!?あの後2,3日お風呂入るたびにしみて痛かったんだよ~?」「え?なんで、なんで?」「だから~あんたが噛んだんでしょ!(笑)」

 その後、私は学校に行きました。彼は仕事が休みだったんだけど。駅まで送ってくれて切符を買ってくれて「また電話するから」って髪を撫でてくれた。その後2回くらい、Hなしで普通に会ったけど、結局「やっぱ会うの、もうやめよう」って言われちゃった。

 何がいけなかったのかな。あたしの恋愛表現が下手で、信じてもらえなかったのが原因っぽいけど…。そんなにきもちいいHじゃなかったのに、未だに忘れられない。一ヶ月ほど曖昧な関係だった彼のこと。

 この前、急に用事があって彼が電話をしてきたけど、今は私が、自ら連絡をとらないように自粛してます。早く忘れなきゃいけないから。想っていても、どうにもならないから。なんでこんなに引きずってるんだろうね。未だに彼とのHが忘れられないんです。

 でもきっと、この日のHも、隣で女の子が寝てたら誰だって、襲いたくなっちゃうよね。恋愛感情なくても。ただ、やりたくなったってだけなんだよね。それでも私はよかった。彼に抱かれたかったから。未だに忘れられない彼なんです…

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.