.
.
.
.
.

★妻ものめり込みそうな3P体験

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/07/11(月)
 知り合い(ヤスシ)から相談があるというので行くと「俺の嫁(マユミ)どう思う?」と。真意がわからなかったので、適当に答えていると、今度は「抱きたいか?」と。美人の部類に入るので「まあ、できるなら」と答えた。

「じゃあ、抱いてくれ」「おいおい、どうしたんだよ」詳しい話を聞くと、3Pに興味がありずっとマユミさんにお願いしていて、先日、自分が相手ならという形で納得したらしい。「奥さんが納得してるなら、協力するけど」と言うと2週間後にホテルに呼ばれた。
* 中に入ると、セクシーなランジェリーを着たマユミさんがソファーに座って俯いていた。挨拶しても、顔を上げずやっぱり強要されてるのかなと思ったのですが、AVを見ながらお酒を飲んでいると、目をトロンとさせて酔っ払ってきたようだった。

 そのままヤスシにしなだれかかり、体を預けた。するとマユミさんの胸を揉みアソコをまさぐりだした。「あん、だめ…」最初は恥ずかしそうにしていたが、感じてくるとだんだん喘ぎ声が大きくなり、視線をこちらに向けるようになってきた。耳元で何か言われているのか、まるで誘うようなそんな視線だ。

 すると「お前が欲しがってたテツロウのチンポしゃぶってやれ」と今度は聞こえるように言った。首を振っていたが、ヤスシが手招きするので、近付くと伏目がちになったが、また耳元で何か言われると、上目遣いをしながら股間を撫でてきた。また何か言われると、ズボンとパンツを下ろして舐めてきた。

 誰に仕込まれたのかわからないが、かなりのテクで、しかも耳元で指示されているのか、シャワーも浴びてないのに、尿道から玉袋まで躊躇無く舐めてきた。「いつもより濡れてるんじゃないのか? テツロウのチンポそんなに美味いのか」恥ずかしそうに首を振っていたが、チンポから手を離さず、すぐにまた舐めてきた。

 フェラもだんだん激しくなり、ついにガマンできず「出る!」という言葉と共にマユミさんの口の中で爆発させた。ゴックンと飲み干すと、また耳元で何か言われたらしく「今度は私のスケベなマンコを舐めてください」とパンティを脱いだ。

 すでにグチョグチョで、舐めれば舐めるほど濡れ、喘ぎ声もまた大きくなっていった。その後、Wフェラでボッキすると四つんばいになるマユミさんに挿入した。口にはヤスシが咥えさせた。アソコの中は熱く、ヌルヌルでそれでいて程よい締め付けで気付くと激しく突きまくっていた。

「あん、いい、ああん」正常位や騎乗位などで突きまくってから発射した。自分がイクとヤスシが入れ、ヤスシがイクと自分が入れという感じで、一晩中セックスしまくった。マユミさんもまんざらではなかったようで、ヤスシを通して「またしたい」というようなことを言ってきた。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.