.
.
.
.
.

★会社の社長秘書室勤務の業務アレコレ・・1/2

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/06/22(水)
 私は会社の秘書室に勤めています。秘書室といっても雑用だけでなくて、社長や重役のスケジュール管理や社外交渉なども行うため、女性だけでなく私の様な男の管理者が必要になってきます。

 あれは去年の話です。社長に同行して京都の取引先を訪問した時の事でした。その時は社長と社長の奥様と私の3人で京都に出張しました。当初、社長1人での出張だったのですが、急遽、奥様も京都に行きたい、と言う事になり奥様は自費でついて来ている訳ですが、取引先と打ち合わせ中は私が奥様と観光をご一緒することになっていました。
* その日の午後に京都に到着し、社長は一人で取引先の大手メーカーと打ち合わせに行きました。そして、その間私は奥様と京都の観光へ出かけました。奥様はまだ34歳と社長に比べて若いのですが、実は社長にとっては2番目の奥様です。社長には前妻との子供が2人いて、それぞれ中学生と高校生になっています。

 前の奥様とは色々あって離婚した経緯がありますが、その話は秘書室ではタブーでした。「ねぇ、○○さん。次はどこに行きましょうか?」奥様は観光を楽しんでいるようでした。有名な京都の観光地をタクシーで回っていると、すでに夕方の6時になってしまいました。

 その時、社長から連絡が入りました。「今日は取引先の部長さんと接待があるから、先に戻っているように」との事でした。「…そう、まぁいいわ。じゃ○○さん、戻りましょうか?」奥様はかなりご機嫌を悪くされたようで、帰りの車内では一回も口を開きませんでした。

「それにしましても、奥様…今回は、急に京都にご同行に…」「うるさいわね!ほっといて」取り付くひまもありません。

 ホテルへ戻ると奥様は部屋に食事を運ぶように言うと、カギを受け取ってさっさと行ってしまいました。私は自分の部屋に入り夕食になるまでに身だしなみを再度整え直しました。そして夕食の知らせが来ると、廊下で夕食を受け取り奥様の部屋に運びました。

 奥様はシャワーを浴びたようでバスローブを着て部屋の扉を開けました。「…あら、貴方がもってきたの?まぁいいわ、入って頂戴」私は食事をお運びして配膳を終えると、失礼します。と言って下がろうとしましたが、その時「貴方も一緒に食べなさいよ…一人で食べさせる気?」私はボーイに急いで私の食事をこちらに持ってくるように指示しました。

 34歳とはいえ、子供を産んでいない体は張りがあってツヤツヤとしています。胸も結構大きく、魅力的な腰回りをしている肉感的美人、とでも言ったところでしょうか?そして私の食事の準備が終わると「…大分待たせるわね、じゃぁ頂きましょうか?」

 と奥様が食べ始めました。黙々と食べる私に「何か話しなさいよ、つまらないじゃない」何を話せばいいかわからず、つまらない事を色々と話してしまい「もういいわ、黙って」かなり凹みました。

「…今日はあの人はどこに泊まってるの?」ギクリとしました。出張前になって社長から急に同行するように言われた時の事「うちの家内が急に京都に来るって言ってるが、家内はお前にまかせる、よろしく頼むよ…それと、例の事はくれぐれも内密にな」全ての事情を知っている私としては心苦しい所もありましたが、知らないふりをするのが一番です。

 ですが、奥様も2番目の奥様と言うだけ有って、全てを薄々感じ取っているのでしょう。お見通しといった目つきで私を見ています。「いえ、こちらの方に戻ってくるはずですが…」「うそついてもわかるわよ…どこなの?!」私は会う場所は聞いていませんから本当にわかりません。「何も知りません」と伝えると「…いいわ…ちょっと一人にして…」私は奥様に礼をすると自分の部屋に戻りました。

 そして部屋に戻って1時間程経った時、奥様から電話がありました。「部屋の食器を片付けて頂戴」私はボーイを呼んで奥様の部屋に行き、手早く食器を片付けると下がろうとしました。その時「…ちょっと、待ちなさいよ」はい、と言って奥様の方を伺う私。

「…貴方、今日は私の世話をするって言ってたわよね?」「…はい」「じゃ、服を脱ぎなさい」「?!」私は唖然としてその場に立ち尽くしていると「早く脱ぎなさい!」「…しかし奥様…」「私の言ってることが聞けないの?!」私はしぶしぶ、服を脱ぎ始めました。

 上着を脱いでネクタイを外した所で奥様の様子を伺います。早く脱げ、と言わんばかりの眼差しでこちらを見ています。私は観念してベルトを外してズボンを脱ぎました。そしてYシャツを脱いだ所で奥様が「…全部脱ぐのよ、全部」と再度催促します。

 私はやぶれかぶれになってシャツとパンツを脱いで全裸になりました。「…手をどけなさい」私はイチモツを隠していた手をどけました。奥様の前に私のモノがさらけ出されます。奥様はふぅん、といった様子でこちらを伺っています。

「…こっちきなさい」私は言われるがまま、奥様の近くに寄りました。少しづつ距離が縮まっていきます。そして奥様のすぐ近くまで来た瞬間、奥様の右手が私のモノをグイと掴みました。「奥様?!」奥様は私のモノをムンズと掴むと、シコシコとサオをシゴキ始めました。

「お、奥様!止めてください!」「うるさいわね!…どうせ行く所もないし、部屋で寂しくオナニーするつもりだったんでしょ?!だったらココで出していきなさいよ!」「奥様…止めてく…」「まだ口答えする気?!」奥様はサオから手を離してスッと立ち上がるとパシィと私の顔を叩きました。

 奥様のあまりの剣幕に私は言葉が出ません。奥様は立ったまま私のサオを上から握ると、またシコシコと扱き始めました。意識していないのですが、次第に勃起する私のモノを見ながら「あら何?こんなんでも感じちゃうわけ?」ときつくサオを握って一層強く扱きます。奥様はニヤリと意地悪く笑うと「早く出しなさいよ?貴方の汚いのが出るのを見てあげるって言ってるんだから」

 奥様がゆっくりとバスローブを脱ぐと、中から黒いブラとレースのついた高級そうな黒のパンティが露になりました。「ほら…汚いのを出しなさい」シュッ、シュッとサオを扱く音が部屋に響きます。私は奥様の豊満な胸と魅力的なヒップに釘付けになりました。

 30を過ぎた艶のある肉体は、男を誘うフェロモンでも放出しているかのように私を誘います。「んふっ…どうなの?私の体で興奮してるの?」私はもう目が離れません。「は…はい、綺麗…です」奥様は満足げに微笑んだ後にキリッと目じりを上げると「アンタみたいなのがね、私で感じるなんて10年早いのよ!」と言ってパンチが飛んできました。

★会社の社長秘書室勤務の業務・・2/2へ続く

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.