長年体だけの関係だが続いている

 私たちは毎年12月の初めに同窓会を行っています。考えると、初回からもう30年近くになります。同窓会は学部単位なので学年には関係なく、参加者の年齢差は大きい時は10歳以上もひらくことがあった。今から15年程前、初めてA子は参加した。

 私35歳。A子29歳。A子は色白で胸まである長い髪と美しい切れ目が印象的な女性である。A子と知り合うきっかけは、その時に座ったテーブルがたまたま同じという単純なことでした。話をしていると住んでいる場所が近いということもあり、何故か気が合った。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 2次会を断り、A子と帰ることにした。駅までの間、時間がまだ早いということで2次会をしようという話になり駅近くのピアノバーに誘った。A子は酒が進むにつれ、家庭の話をしだした。A子は5年前に同じ会社の同僚の旦那と結婚したが、まだ子供はいないと言う。話の内容は旦那の愚痴になった。

 私は黙ってA子の話を聞いていた。話が途切れた時に私は子供は作らないのかと訊ねた。A子はうつろな目で笑顔を作り私にこう言った。 「しないのに出来る訳ないでしょ!」詳しく聞くと結婚5年で両手に足らないと言う。私はこんな素晴らしい女性を放っている旦那の気持ちが理解出来ない。

 店を出るとA子は私の腕をもたれる様にして持った。私は駅に行く途中のホテルの前を通り過ぎる時、A子の肩をホテルの方向に押すと、A子は抵抗もなく私の腕にもたれたままホテルに入った。部屋に入り向かい合うようにソファーに座った。

 お互い顔を見合わせ笑った。その時、何故お互い笑ったのか記憶にない。私はA子の横に座り直し、唇を重ね胸を愛撫した。激しいキスだった。その場でセーターを捲り上げ、A子の大きくきれいな乳房にしゃぶりついた。上半身を裸にし、A子を抱え上げベッドに寝かした。

 スカートに手を入れパンストの上から秘部を愛撫。A子は静かに私の行為に身をまかせていた。全裸にすると脚を大きく広げさせた。私は時間をかけ指と舌とでA子の秘部を愛撫した。小さな吐息が聞こえた。私はそのまま正上位で挿入。小さな吐息が喘ぎに変わった。

 でも、我慢しているのか大きな喘ぎ声は上げずに静かに私の行為に耐えているようである。バックの体制になっても静かに腰を前後に動かしているだけである。騎上位でも激しく腰を上下しているが小さな喘ぎ声だけである。私は2〜3度下から突き上げた。

 それが限界だったのか、大きな声を上げ始めた。正常位に戻り、激しく突いた。A子は私の両腕を爪を立ててつかみ、激しく腰を動かした。頭も左右に動かし長い髪が乱れた。私はA子の了承も得ずに中に出してしまった。

 A子の秘部から私の精液が流れても、大きく脚をひらいたままベッドに淫らな姿をさらけ出していた。浴室でフェラをさせ浴槽内で挿入。そのまま、また中出しをした。2日後、真昼の情事。あらゆる体位を試み、何度も何度もA子を逝かせた。

 A子は旦那以外の男性を知らない。私はSEXの素晴らしさをA子に教え、私の女にしようと思った。それから15年。当然今でも私たちの関係は続いています。44歳になったA子はそれほどの体の崩れもなく私を楽しませてくれます。15年前よりも熟女の魅力を発揮し、本当にいい女になったと思います。


↓他のHな体験談を見る