★人妻がバイトに来たので口説きました

-
ブログ管理人
 バイトに来た人妻と親しくなった。何度か食事に誘い帰りにキスをした。彼女は照れながらもキスを受け入れ、タッチすることも許してくれたがホテルの誘いは頑として拒んだ。俺としては、それでも性のはけ口としては満足だった。

 残業が続き、久しぶりに彼女と帰る時間が一緒になった。折角だから一駅分を二人で歩いて帰ることにした。彼女は緑色のフレアーのワンピースがよく似合っている。彼女の手を引いて、公園に誘った。この日も照れながら付いてきた。

 少し奥にあるベンチに抱えるように座りキスをした。抱えている手で、胸をも見ながら、もう片方の手をスカートの中に入れ、ストッキングとパンティの中に手を入れ何とか指がクリに触ることができた。その時、アベックが通りかかり、反対側のベンチに座った。

 木の枝があり、向こうから見えているかどうかは判らない。「見られているかも」その言葉に彼女が異常に反応したのだ。俺もこのままでは帰ることができず、思い切って両手をスカートの中に入れて、パンストと、パンティーを下ろした。

 お尻が直にベンチに当たる格好だ。下げた、パンストと、パンティーが判らないように、片足から順番に脱がした。その上でスカートのボタンを、下から外していった。3つめのボタンを外すと彼女の下半身が丸出しになった。薄暗い光の中で陰毛が黒々と光っている。

「人は来たら丸見えだね」彼女は、顔を、バックで隠しながらも、足を開いたままで、頭を横に振っていた。異常なほど濡れていた。俺も我慢できなくなり、見られてもかまわないと思い、ズボンを下ろした。彼女の口を股間に持っていき、含ませると吸い付いてくる。

 彼女は見られることに凄く反応するようだった。今度は、もっと見られるようなところにつれたいこうと思った。


↓他のHな体験談を見る


HOMEへ戻る
ブログ管理人
Posted byブログ管理人