Hな告白や体験談ブログ

女性のHな告白や体験談・男性のHな告白や体験談を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
Hな告白や体験談ブログ TOP  >  ◆女性の告白・体験談  >  素人の体験談 >  ★私のメンヘラっぷりの告白
★18歳未満の方は閲覧禁止★
当サイトは18歳未満の方の閲覧は禁止です。即刻退席をお願いいたします。

★当サイトの問合せはこちら

★私のメンヘラっぷりの告白

 まぁネットだから特定されないだろう。と安易な気持ちで、自分のメンヘラっぷりを告白します。私は将来は外務省に努めたいとの目標があって、中学、高校、大学とたくさん勉強をしました。

 ですが大学2年の時に突然、授業中に目の前のホワイトボードの距離感がつかめなくなり、頭がフラフラ。そして無性に人ごみが嫌になって逃げだしたくなり、学校を早退しました。
 それ以来、社会不安障害という病名をつけられ、学校はおろか満員電車でさえも乗らない方がいい。と診断を下されたのです。(半年後、休学扱いだった大学は中退することになりました。一気に夢と希望と目標が崩壊したのです)

 かといっても人付き合いはしたい。そんな私がハマったのはオンラインゲームでした。今までゲームなんてあまりしませんでしたが、ネットゲームは初めてでした。知らない人と力を合わせて敵を倒しに行く。そして装備をつくったりしてまたもっと強い敵を倒しに行く。

そんな絶対に無駄。とわかってることでも、引きこもりの病の私にはとても楽しいことになりました。ときおりスカイプで動画チャットしたときとか、みんな可愛いといってくれて、もしかしたら、今までの勉強ばかりの人生より、一番楽しいとも思えるようになっていました。

 とりあえず、毎日ゲームをしながら仲間とチャットすることで夜の楽しさは満足できました。しかし、性欲。この問題は解決できませんでした。一人えっちして、一瞬だけスッキリしても、また数時間後にはエッチな事を考えてる自分がいたのです。

 かといって引きこもりの身。彼氏なんていない。かといってチャットHなんていうのも自分が求めてる事じゃない。でもムラムラ ムラムラ そんな日々が続きました。

 毎日、寝る前は自分がゲームの主人公になって、職業は魔法使いで、仲間と敵を倒しにいくストーリーを想像して、そして敵の中ボスにつかまって、電マとかバイブで拷問されている自分の姿を想像して眠りにつきました。

 場合によっては、そのストーリーを想像しながら、布団の中でひとりHをして、そのまま寝ました。だけど、翌朝になったらまた性欲が襲ってきました。そんな中、平日の昼間、ネットゲームにいても私の知っているギルドメンバーがだれもいない時間、たまには部屋の掃除でもしようかな。っていう気持ちが起きたのです。

 いるもの、いらないもの。処分したら、ちょっとは部屋もスッキリして気持ちもかわるかな。って思いました。すると、昔高校生の時にはいていたミニスカートとか家着のタンクトップとか出てきました。いつも家の中ではシャカシャカジャージで過ごしていたので、たまには着てみようかな。って思ってきてみました。

 すると、ミニスカートがやってたゲームの女キャラと同じに見えたので、思わず鏡の前でパンチラさせたり、お尻を突き出したり、そのまま夜の妄想をしている中で拷問をうけてるシーンを想像して、おもらしをして遊んでる自分が居ました。その時(誰かに見られたい)っていう気持ちが湧いて出たのです。

 幸い、季節は夏だったので、タンクトップにミニスカートで歩いても問題のない季節でした。私は外に出るのは嫌でしたが、同時に露出している自分を見られたい。っていう気持ちもあって、あらかじめ自転車でこのコースを走ったら帰ろうと決めて、デニミニとタンクトップの姿で街を走ったのです。

 すると、サラリーマンや高校生、みんな自転車にのる私のスカートの中を見てました。たぶんというか、絶対みえてたと思います。そして家に帰ると、アソコはヌレヌレでした。そしてそのまま一人Hしました。それから私は、、、外出することが困難じゃなくなったのです。

 結局、私は性欲というエネルギーをもとに外出するようになりました。先述の通りの自転車にのってのパンチラ、意味もなく朝に満員電車にのって痴漢にあう。繁華街のショッピングセンターの階段で座ってパンツを見せる。いろんな事をしました。

 で、とうとう天罰が下りました。繁華街をフラフラと歩いていると、いまどきの男性の2名に声をかけられました。読者モデルをやってみませんか?という誘いでした。私は正直、モデルなんて興味もなかったし、こんなかわいくもなければ、かといってブスでもない平凡すぎる私に声をかけてくるなんて、新手のナンパだなぁ。と気が付いていました。

 しかし、新手のナンパにしては話が巧妙で、アンケートに答えてくれたら謝礼も出す。っていわれたのです。(人間嫌いは治ってませんでしたが、謝礼に心が揺れました)とりあえずアンケートくらいなら。ってことで車にのってみると、中は普通の車でした。

 そして運転手が一人すでに座っており(この運転手がこの3人グループの一番偉い人でした)私が乗ると車を発進させました。そしてハイエースと呼ばれる車の後部座席で私を挟んでナンパしてきた男がいろいろ質問してきました。最初はすきな食べ物は?すきな俳優は?というのから始まって、今日の服のコーディネートまで聞いてきました。

 そして「もし、よろしければ下着の方も見せていただきたいんですが。。」と言ってきたのです。一瞬、もしかしてAV?と思いましたが、カメラは回ってませんし、かといって隠しカメラがあるような雰囲気にもみえない。

 どちらかというと、ただの素人がAV監督や俳優のマネをして、ナンパしてる。って感じに相応しいものがありました。私が「下着ですか??」と聞くと、両方の男が「すみませんwでは失礼しますww」と言って私の両足をつかんで持ち上げ、M字開脚されました。

 すると「おおお、可愛い~~」なんて私のパンツを見ていい「どこで買ったんですか?」とか、まだ聞いてきてました。私は通販で・・と答えましたが、男たちはすぐに触ってきて、「いい生地ですね、いくらくらいしたんですか?」なんて聞きながらパンツをひっぱったりしてきました。

 私は「ちょとダメです。やめてください」なんていいますが、男たちはすぐにクリとかさわってきたのです。そしてそのまま指を入れられて何度もイカされて、フェラもしました。そして完全にHモードになって、男の一人が私に入れてきました。

 私は自暴自棄になってる部分もあったので(これが私の人生か)とあきらめ境地になりました。入れている男が射精すると、こんどはもう一人の男が入れ始めました。そしてもう一人の男に入れられている途中にさっきまで入れてた男がデンマをとりだしてきました。

 そして入れられながらクリをデンマで攻められて、攻められて、、。そして最後に入れている男のおなかの上にオシッコをもらしてしまったのです。その瞬間、男たちは急変し「うわ!きたね!!」と態度が変化し、「オメー、シート汚すなよバカ!!」と言われ、そのまま車から引きづり降ろされました。パンツやブラはとられたままでした。

 降ろされたとこは隣の県でした。結局、私はそのまま電車にのってかえりました。なんかむなしくなって悲しくなって、本気で治療してはやく元の自分に戻りたい。って心底思えるようになりました。

 で、こうしてここに文章を書いているのも、過去の自分の出来事が笑い話ですませれるかどうか。という挑戦でもあります。自分の過去を笑って暴露できるか。そんな挑戦です。なんとかかけました。

↓他のHな体験談を見る

[ 2016年05月29日 14:48 ] 素人の体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

musyuusei動画無料
大人のオモチャ
全記事表示リンク
カテゴリ1
ハッピーメール
ハッピーメールバナー
スマートフォンQRコード
スマ―フォンQRコード