.
.
.
.
.

★私の不倫相手の上司や義父との話

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/05/26(木)
 私は、今の主人と結婚する前までに、父親ぐらい年上の上司と長いこと不倫していました。母がお父さんと離婚して弟と三人で必死に暮らしてきました。田舎なので、母が「生活が苦しいので私立にはいかしてやれない。」と言われたので寝ないで勉強して公立高校に行きました。

 高校卒業後、市役所は落ちましたが、大きな会社に入れました。そこで、歳は離れていますが優しくて、深夜までになるといつも駅まで送ってくれる素敵な上司に出会いました。私は小さいころお父さんと別れましたので、なんとなく「父親」という存在に憧れていたように思えます。
* バレンタインデーやホワイトデー、お誕生日などを繰り返していく内に、その上司からのプレゼントがだんだん高価なものになっていきましたので、私に気があるなと思い始めました。そんな時、私が体調不良と持病が悪化して緊急入院することになり、職場の皆さんに大変ご迷惑をおかけしました。

 上司は、毎日のように見舞いと報告に来てくれて、母より頼りになるなと思いました。会社の人事異動の時期だったこともあり、私は移動の候補者になっていたようですが、彼が私の能力が必要だと言ってくれた様で、彼から病室でそのことを聞いたとき涙が出ました。

 職場に復帰したときから、私は暇があれば彼ばかりを見つめていました。彼も私を見ていました。彼が、個人的に快気祝いをしてくれることになり、その帰りに少し寄っていたこともあり、駅裏の公園で彼を抱きしめましたら、彼は優しくキスをしてくれました。

 その日を境に、私たちは急接近していきました。彼は私に「こんな年の男でもいいのかい?」と聞いてきましたので「今の私には貴方しか見えないの!」と返事をして彼から抱かれました。素晴らしい恋人ができたことと、その恋人が何時も私の近くにいることで幸せの日々を送っていました。

 でも、彼の奥様やご家族から、生活態度が変わったことや、携帯のメールなどがチェックされて、私は既にご結婚されているご子息にお会いしました。「爺さんのような親父と変なことしないでください。お袋もいい年だけど女なんだから気が狂ったように怒っていますよ。」と注意されましたので、思いっきりわかれました。

 そして、心機一転、母が以前から進めていたお見合いをすることにしました。母がパートで働いているお店の長男で素直そうな男性だったので、直ぐOKしました。あの時のことをよく思い返してみると、彼から分かれることと職場から逃げ出していたようにも思えます。

 新婚の時は楽しかったのですが、前の上司の彼氏と比較をしてしまい、口数も少なく、これといって共通の話題もなく、店の跡取りということもあり、生活はある程度自由で昼からパチンコやゴルフ、夜はスナックで飲んで酔って帰ってきてバタンキュウの日々で、なんとなく子どもと生活しているような気になっていました。

 そんなことを気遣ってくれていたのが、店の旦那さん(義父)でした。食事も、暇があるとおいしいお店に連れて行ってくれて、靴やお洋服も買ってくれて本当に気分転換意になっていました。

 そんな時、義父さんのお誕生日が近づいてきましたので、プレゼントは何が良いか聞きましたら「品物より心がほしい」と言われたので考えた結果「私がする肩もみ券」をプレゼントすることにしました。

 義父さんは、最初はくすぐったいとか言っていましたが、日が経つにつれて風呂上りに必ず私を呼んでマッサージを楽しんでいました。
私も義父さんにマッサージをすることが楽しくなっていました。また、マッサージをしながら昔の彼を思い出していました。

 私は、気持ちがだんだん大きくなっていき、義父に私の足や胸がスキンシップするように興奮しながらしていました。長期入院中の義母様には申し訳ないと思いながら、主人も帰ってくるのが何時も午前様だったので義父様が眠られるまでしていました。

 ある日、お店で働いている母が「貴方と旦那さんとの噂を耳にするけど大丈なの?」の聞いてきましたので驚きました。そのことを義父さんに話しましたら「それを言っているのは、あんたのお母さん自身だよ。」と言いましたので、マッサージを止めて「どう言う事ですか?」と聞きましたら、

 母が、今の店で働き始めた頃、旦那様と母とほのかな恋愛をしていた時期があって、旦那様が周りから注意をされたので、それっきりになったが母はまだ愛情が残っているのが義父には分かると言っていました。義父は正直に話したからマッサージを続けてと要求しましたので、仕方なく続けました。

 足を義父にくっつけてしていましたら、義父の手が私の足を触ってきました。私は、知らない顔してマッサージをしていましたら、「ありがとう、今度は私がマッサージをしてあげる。」と言って大きな体と力で、あっという間に交代しました。意外とマッサージがお上手だと思いましたが、何をされるか分からないので緊張していましたが結局何もありませんでした。

 それからしばらくして、主人がゴルフツアーに参加することになりました。主人がいない日は決まって義父が外食をご馳走してくれるので喜んで行きました。お酒やワインを何時もより多く飲まされて、メッチャ酔って帰りました。

 義父は、風呂に入り私にも風呂に入れといいましので、今日はマッサージはしなくてもいいのかと思って風呂から上がってきたら、また、ワインがあり乾杯して飲みましたら、やっぱりマッサージをしてくれというリクエストでした。

 クーラーはきいていますが暑い中で、また酔ってのマッサージは大変でしたが、「上に乗ってその辺を触るだけで気持ちいいよ。」と言ってくれました。「よし、今度は交代」と言われマッサージを受けましたが、私を抱きしめるようなマッサージでとても興奮しました。

 義父さまは「息子は面白くない男ですまんな。何かあったら何時でも言ってきなさい。」と言ってくれました。私は「ありがとうございます。私は義父さまのような方と結婚したかったです。主人には申し訳ないですけど・・」と返事をしていたら「男と女は結婚しなくても幸せになれるよ。私には素敵な貴方が目の前にいるし、素敵なデートもできる。こんな素晴らしいマッサージもやってくれる。

 それにしても、息子はバカだ、こんな素敵な嫁さんをほったらかして・・」というと同時に私は義父さまを抱きしめていました。私達は、その夜に結ばれました。主人の淡白なセックスとは違って気が遠くなるくらい素敵です。人目を盗んで、ラブホテルや家では主人に絶対ばれないようにしています。

 私は、母と主人を許せないことがあります。義父からベッドの中で聞いたのですが、母と主人は相当前から関係ができていて、世間体を考えて私と結婚させたようです。主人が出張のとき、母も家に居ませんし、夜も母と深夜までデートしているようです。

 義父さまが最近のセックスのとき全て私の中に出しています。「妊娠したらどうされるのですか?」と聞いたら「息子の子どもになるから心配するな。私とした日か次の日に息子ともしなさい。」と言われましたので、そのようにていますが、今のところ妊娠の気配はありません。

 義父は、財産を主人ではなく生まれてきた子どもに渡したいようです。義父さまから抱かれているときが一番幸せです。ホテルでは、電動のおもちゃや思いっきり声が出せるので最高です。でも、お互いの年齢を考えると心が痛くなります。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.