.
.
.
.
.

★社内の美人受付嬢とのH

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/05/12(木)
 新年早々、毎年恒例の社員旅行で温泉へ行ったときの話です。参加者はおよそ100人で、男女半々。中でもひときわ目を引いたのは、社内でアイドル的存在の受付嬢のSさんです。

 24か5歳くらいだろうか、すらっとしたモデル級のスタイルに、軽くウェーブのかかった背中までのロングヘア、多くの人が小西真奈美に似ていると言う、申し分ない美人です。
* そんないかにも育ちが良さそうなお嬢様系Sさんの、目眩がしそうなほどの華麗な浴衣姿に男性は一瞬でノックアウトされ、言葉を失い、ただただうっとりするだけ。ロングヘアをアップにし、浴衣ならではのセクシーな首回りがなんとも悩ましい。

 Sさんの浴衣姿を見られるだけで、社員旅行に来た甲斐があったと言っても決して過言ではありません。夕方に到着し、ゆったりと温泉に浸かったあとは、毎年大盛り上がりの大宴会。僕はビールや日本酒をたらふく飲むとトイレに行きたくなり立ち上がると、「トイレですか? 僕も行きます」と、後輩も一緒にトイレに行くことになりました。

 トイレを済ますと後輩は「売店でウコン飲みませんか?」と言うので、階段を下りて売店に向かうことに。すると、売店近くにある大きなソファに浴衣姿の女性が横たわり、スーツ姿の男性従業員と女性従業員が話しかけているのが目に留まりました。

「あっ! Sさんだ!」僕と後輩は足早に近づくと、見るからにSさんは、散々男性陣に飲まされ泥酔してしまったのでしょう、顔を赤くして寝てしまっています。「Sさん大丈夫?」と何度か声をかけてみるが、まったく反応がありません。

 さすがにここで寝かすわけにもゆかないので、部屋へ連れて行くことになり、後輩は宴会場に戻り総務の人を呼びに行きました。Sさんは女性従業員と総務のお母さん的存在のNさんに抱きかかえられ、ふらついた足取りで部屋に向かい、なんとく僕たちも流れでついて行くことにしました。

 部屋の前に着くと「あっ! キー持って来るの忘れた!」と、Nさんはキーを宴会場に置いたまま来てしまったのです。「やだ、どうしよう、ビンゴゲーム始めるの待ってもらっているのよ」宴会の後半はビンゴなどのゲームが行われ、準備も進行もすべて総務が担当しています。

 時間の関係で一刻も早く宴会場へ戻ってビンゴゲームを始めなければならないので、Nさんはかなり慌てた様子でした。「それじゃ、とりあえず宴会が終わるまで僕たちの部屋に寝かしますか?」なんと後輩は、トイレついでにデジカメを取りに来ようとしていたらしく、部屋のキーを持っていたのです。

 僕たちの部屋は同じ階で近く、宴会中に敷かれた布団にSさんを寝かすと、何かありましたらフロントまでお申し付けください、と言い残し従業員は部屋を出て行きました。「申し訳ないけど、宴会が終わるまでこのままここで寝かせてもらうわね」「もちろんいいですよ。これからゲームがありますからね」

 僕はそう言うとNさんは「ほんとにゴメンね!」と大急ぎで部屋を飛び出すように出て行き宴会場へ戻りました。部屋には僕と後輩、それにSさんだけ。しかもキーはここにあるので誰も入ることができません。Sさんはまったく目覚める気配どころか動きすらなく、スースー言いながら深い眠りについています。

 間近で見る寝顔は、メリハリのある整った上品な顔立ちに、すぐにも吸い付きたくなるような横に広がる大きめのアヒル口。こんな唇でフェラチオをされたらひとたまりもありません。間違いなく秒殺です。いくらお嬢様系で清楚なSさんも、きっと1度や2度はオチンチンを口に含みフェラチオをして、快楽のご奉仕をしたことはあるでしょう。

 抱きかかえられて運ばれたせいか、わずかながら浴衣が悩ましく乱れています。こんな無防備な女体を前にして、僕と後輩は目で合図を送りニヤリ。はじめに後輩は浴衣を脚先からそっと左右に広げると、色白でスラっとした輝かしいほどの生の美脚が露わになり、僕は顔を近づけ覗き込むとパンティが目に映りました。

 さらに浴衣を帯の位置まで広げると、パンティはあられもない姿で丸出しです。薄いブルーに白い花柄の刺繍が施され、上部の真ん中にはワンポイントで小さなリボンがあり、セクシーすぎず地味すぎず、Sさんにお似合いのオシャレで雅やかなパンティです。

 股間部分は縦長に盛り上がりの丘を作り、よく見るとうっすらとマン毛が透けて黒くなっています。ここで後輩は何か思い付いたように離れ、デジカメを手にして戻ってきました。すかさず僕もデジカメをバッグから取り出し、耳もとで「フラッシュ出ないように気をつけろよ」と小声で伝え、Sさんの寝顔やパンティを撮りました。

 続いて、パンティのリボンをつまみ上げ、ちょいと下にずらしてみるとマン毛の上部が現れ、さらに下げるとマン毛全体に加え、割れ目の上部が露わになり、後輩と一緒にマン毛を摘むとフサフサした心地良い感触でした。Sさんマン毛は横の広がりはなく縦長で、きれいに整っています。

 次に脚を軽く広げると、パンティに指1本が入る隙間ができ、人差し指を引っ掛けて横にずらしました。すると、ついにSさんのマンコが露わになり、もう夢なのか現実なのか分かりません。「こ、これがSさんのマンコか!」もちろん声には出しませんが、心の中で思い切り叫び、心臓が飛び出しそうなほどの興奮です。

 売店近くのソファで寝てしまう前にトイレに行ったのだろうか、パンティにはくっきりとオシッコらしき液体のシミが付いています。割れ目上部にあるビラビラはぴったりと引っ付き、中にめり込んでいます。引き続きまったく目覚める気配がないので、慎重に割れ目を指で突っついてみると、いとも簡単にパックリと開き、ビラビラも見事に左右に開きました。

 割れ目周辺にはほんのわずかな産毛程度にしかマン毛はなく、クリトリスを覆っている皮はぷっくりと突起し、淡いピンク色をした艶やかなマンコの内側、さらにはオチンチンを挿れる穴までしっかりと確認できます。この穴にオチンチンを挿れると、この世のものとは思えない、すばらしい快楽の世界があるに違いありません。

 いったい今までに何本のオチンチンがこの穴でピストンを繰り返し、快楽の世界を味わったのだろうかと、まったくもって余計なことまで考えてしまい、後輩とふたり、まばたきをするのも忘れるほど見入ってしまいました。一旦マンコから目を離し、続いてのターゲットはおっぱいです。

 後輩の股間はテントを張ったように出っ張り、どうやら僕と同じくビンビンに硬直しているようです。浴衣の胸元を摘み上げてみると、中には薄ピンク色のキャミソールを着ていました。すぐにブラジャーが現れると思ったのに、キャミソールを着ているとは予想外です。

 さらにキャミソールの胸元も摘み上げてみると、隙間から覗けるブラジャーはパンティとお揃いの薄いブルーで、カップの上部には白い花柄の刺繍があります。パンティと同様に、Sさんにぴったりのセンスの良い素敵なブラジャーです。

 しかし、いくら目覚める気配がないとはいえ、胸元から手を突っ込み、ブラジャーをずらしておっぱいを見るのはあまりに危険すぎます。残念ながらもキャミソールが邪魔なのでおっぱいは諦め、ブラジャーを写真に収めるだけにとどめました。たらふく酒を飲んで酔った勢いもあり、撮影はエスカレートしてゆきます。

 僕と後輩はパンツを脱ぎ捨て、ビンビンになったオチンチンを口に近づけて撮ったり、マンコの割れ目に先端が触れるギリギリで撮ったり、手のひらに載せて撮ったりしました。さらに、胸元から手を突っ込み、ブラジャーの上から軽くおっぱいを揉んだり、マンコに鼻を近づけ、ムンムンとした淫靡な匂いを嗅いだり、今思い返すと情けなくなるほどの変態行為です。

 撮影をしながらも、ふたりは露出したオチンチンを握ってシコシコと動かしました。この後輩とは職場の中で1番エロ話をする仲ですが、まさかこうやって一緒になってオナニーをするとは、もう笑うしかありません。

 我慢の限界までマグマが込み上げてくるとティッシュをかぶせ、大のフェラチオ好きな後輩はお口に向けて発射し、僕はじっとマンコをガン見しながら発射しました。Sさんの美麗な女体をいたずらしながらのオナニーは、今までに体験したことのない、まさに格別の気持ち良さでした。

 翌日、集合場所であるロビーに後輩といると、正面から足早にSさんが近づいてきて「大変ご迷惑おかけしました」と深々と頭を下げられました。「いやいや、気にしないでください。二日酔いは大丈夫ですか?」などと会話を交わしながらも、無意識に股間が騒ぎ始めてしまいます。

 変態行為で撮った写真は大切に保存し、あの淫靡なマンコの匂いと、柔らかく心地良いおっぱいの感触などを思い出しながら、毎晩狂ったようにオナニーしています。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.