★借金の返済で妻の体を求めてきた

 妻の親の事業で遺した借金を減額(金以外での返済)の方法として、先方が妻との性行為を求めてきた。プラス夫の私はソレをその場でただ見守っていること。やっぱりダメです~触らないで~止めて~早く終わらせて~アナタ見ないで~

 と一部拒否もしながら抵抗していた私の大切な妻だったが、執拗な先方の指や舌による各所性感帯への愛撫と、本命ボッキチンポの荒々しい結合行為の繰り返しによって見事なまでに陥落、豹変し(アヘっ)て先方との性行為を悦んで重ねていた。



 あんッ気持ちいいィ~あッあッあッもっとォ~そこをお願いィ~そんなにしたらァダメェ~いいッ旦那のよりぜんぜんいいッ~もっとォもっとよォ~ダメッ頭オカシクなるゥ~いっぱいッ私のナカが(チンポで)いっぱいィ~いいよォ来てェそのままナカに来てェ~イクッ旦那の前でナカに出されて、

 またイクッ~あッあッあッあがァァあんッあァ~もう私の伴侶とは思えないノリッノリの性行為(膣内射精×3)でしたよ。そこまでシても借金のほんの一部にしかあたらず、完済まであと何百発シなきゃならないのか。憔悴している私に反して、妻は早期返済を理由にちょくちょく先方と楽しむようになってしまった。

 私はと先方と妻が汗や唾液やそれ以外の体液を絡め合い飛び散らせながら、妻は自慢の豊かな乳房を縦横無尽に揺らしてながら、そして湿って下品な音をたてながら、先方チンポが妻マンコを何回も何十回も何百回も何千回も出入りして、擦り合いながら先方と妻が共に登り詰めてイキ、

 結末は判りきった膣内射精プラス見せつけ、フェラになるのを毎度ただただ前屈みになりながら傍観しているだけで・・


↓他のHな体験談を見る