★痴漢のすごい技

-
ブログ管理人
 私は通勤ラッシュでも日頃混雑している電車は使わないんですけど、ダイヤが乱れて大混雑しちゃったときにとんでもない目に会いました。身動きが取れない状態でいるときに、前にいるおじさんが両手を使って私のスカートをスルスル捲り上げてきました。

 膝上のスカートだったのですぐにお尻が丸出し状態に。パンスト越しに私の腰に手を当てると、パンストをゴソゴソと指でつまんで引きずりおろしてきました。

 パンティが丸出しになるところまで降ろされて、パンティの上から立て筋を片手で撫でながら、パンストを降ろしながら気づいたのか、もう片方の手でパンティのサイドの紐をほどいてきました。

 片方をほどいたら手を替えてもう片方を・・両方の紐をほどくと立て筋を撫でていた手でパンティを取り、また手を替えて直接私の性器に触れてきました。私は恥ずかしさと怖さで何も言えずうつむいたまま、ヘアに触れられ、クリを弄られ、ビラビラを弄られ、膣の奥深くまで指を挿入されました。

 降りるまでの数分間、私は性器を弄りまわされていつしかビショビショになっていました。駅のホームに着いてようやく指をぬいて手が性器から離れるかと思ったらヘアの束を掴み何本か私の陰毛をむしり取っていきました。

 私はそっとスカートを降ろしましたが、パンティを返してくれなかったのは言うまでもありません。

 私は駅のトイレに駆け込み座ってびしょ濡れになっちゃった性器とパンストに流れ落ちた愛液を拭き取りパンストを履き直しました。新しいパンティは買いに行けなかったので、その日一日じゅうスカートの中を見られないかドキドキでした。

 今も私のパンティの性器が接していた所を嗅いで舐められていると思うとドン引きです。紐パン返して・・ってここで言ったってダメか・・


↓他のHな体験談を見る


HOMEへ戻る
ブログ管理人
Posted byブログ管理人