.
.
.
.
.

★痴漢か痴漢じゃないか際どい体験

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/04/15(金)
 わたしは埼玉から都内へ通勤しています30歳の銀行員です。ご存知のようにこのSSラインはとても混雑し、人身事故等で遅延した際は本当にすし詰め状態になります。当然、人と密着してしまうために自分の体に男性が触れていても仕方なく、痴漢でない場合がほとんどです。

 もちろん、かなり黒に近いグレーの痴漢のような経験もありますが、そう言う場合は自分から車両を変更するなどして身を守っていました。しかし、先週の水曜日と木曜日は遅延によって車内は非常に混み合っていて全く身動きができませんでした。この二日間の痴漢のような出来事にお話します。
* 水曜日の朝、すでにとても混雑していた電車にわたしは乗り込みました。するとすぐに男性らしき人物がわたしの背後に密着するのが分かりました。初めは電車は大変混雑していましたので、特に不自然には感じませんでした。

 しかし、電車が揺れるのとは関係なく、男性の下半身だけが動いているのに気がつきました。しかも、それは何か凹凸を感じるのです。その日のわたしはジャケットを着ているだけでしたので、スカート越しに当たるのが良くわかりました。

 わたしはO駅で乗り換えのために降りてしまうので15分程度でした。不快感を感じつつも後ろを振り返って見たわけでもないので、男性の物が当たっていたのかどうかも確認できませんでしたし、非常に混雑した電車だったので勘違いかなと思って出社いたしました。これが一日目の水曜日の出来事です。

 ここで、簡単にわたしについて説明いたします。わたしは都内の銀行で働いています30歳独身のOLです。見た目はロングの黒髪で大人し目ですし、マスクをかけて通勤をしていますので間違っても可愛いとは言えません。

 ただ身長は155cm程度ですが、バストとお尻は豊かな方で、関係を持った男性には抱き心地は良いとは言われます。一応、後ろから見るとウエストにくびれもあります。横道に逸れましたが、木曜日についてもお話いたします。

 勘違いかもしれませんが、無駄なストレスは感じたくないので、念の為にロングのトレンチを着てお尻が見えないようにして木曜日は通勤しました。しかし、乗り換えの便利さの為に水曜日と同じ車両の同じドアと同じ場所に乗ってしまい、この木曜日も同じように非常に混雑しており、すし詰め状態でした。

 そして同じようにすぐに男性がわたしの後ろに密着しました。コートを着ていたために水曜日ほどその凹凸を感じることはありませんでしたが、それを男性も感じ取ったのか、男性は足でわたしの両足を挟み、左右からわたしの脚を押して固定するようにしてさらに密着してきました。

 そして水曜日と同じように腰だけを動かしてわたしに擦りつけていました。それでも、コートを着ているために男性の凹凸は水曜日ほど感じなくて済んだのですが、足から男性の体温が伝わってきて不快感を感じていました。

 同じようにわたしはO駅で降りてしまったので、これは15分程度でした。そしてやはり、後ろを振り返っていないし、電車も非常に混んでいたので本当に痴漢かどうかは分かりません。しかし、その凹凸が男性のものかどうかは分かりませんが、何か当たっていたのは事実でした。

 体は正直でそれを想像すると少し濡れてしまっていました。いわゆる自己防衛で濡れたのだと思いたいです。二日も続けての出来事でしたので、金曜日は車両を変えて乗ることにしましたが、特に混雑もなく密着する男性もおりませんでした。

 しかし、今までもグレーな痴漢の経験はありましたが、二日続けてとなると怪しいと思いましたので、書かせていただきました。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.