.
.
.
.
.

★痛みは想像を遥かに超えていました。

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/03/09(水)
 大柄で柔道をしていた私は男の子と縁の無いまま大学に進学しましたが、そこで知り合った年上の同級生の猛君(一浪して入学、ラグビー経験者でガッチリとした体型)がある時から飲み会とか事あるごとに「まだした事ないの?」「みんなしてるよ!」「まだなのはなっき~だけじゃない?」

 って(巧妙に他の誰にも聞こえないように、なおかつ私が猛君をウザいって思う寸前でその話を打ち切る)言われ続けられていくうちに、してない事が恥ずかしい事のように思えてきてしまい、飲み会の何次会かの移動途中に二人でこっそりと抜け出し猛君の部屋に行って経験しました。
* 部屋に入ると抱きしめられてキス(これも初めて)されました。チュッ!チュッ!とするキスから舌を絡めるキスに…酔っていた事もあり頭がぼーっとしてきてしまい、初体験が中学の時だと言う猛君のペースでエッチが進んでいきました。

 猛君のベッドに横たえられた時には、ブラとパンツとソックスだけにされてしまっていました。猛君「いいよ、なっき~、シンプルなのがなっき~らしくて…」その言葉で恥ずかしくなりました。

 その日は白の何の飾り気もないブラとお腹までスッポリのパンツでしたから…それすらも猛君に取り去られて、キスされ触られ舐められをされていました。私は初めての感覚を気持ちいいと思えましたし、自然に声をあげていました。

 猛君が触れる私の大事な部分から耳に届くピチャピチャという音で「私、濡れてきてるんだ…」って実感しました。猛君も全てを脱ぎ、私の目にたくましい胸板と大きくなったおちんちんが飛び込みました。「これが入ってくるんだ…」って思うと恐くなりました。

 でも猛君は私の上になって私の両足の間に身体を割り込んできました。私の大事な部分に猛君のおちんちんが当たり探るようにゆっくり上下してました。私は入り口を探り当てられて息をのみました。押し付けられる力を感じました。

 それと同時に押し広げられ中に入ってくる感覚…「これ以上広がらない!」と思った瞬間、力の加わりが若干強くなって「ピッ!」って切れた感覚に「あっ!」って声をあげてしまいました。次の瞬間、傷口を無理矢理に引き裂く感覚と共に私の身体の最深部を突き上げるように猛君のおちんちんが全て入っていました。

「痛い!痛いよ!痛いよ猛君!」と猛君に訴えました。猛君はしばらく抱きしめてくれました。痛みは少しだけれども落ち着いてきました。猛君が動き出すと再び痛みが走りました。

 痛みを訴え自然に身体が逃げようとしましたが、猛君は私の肩をしっかり掴まえていましたから逃げられず、痛みを訴えながら猛君が終わるまで耐えました。さっきまでの気持ち良さはどこかに吹き飛んでいました。

 酔いと疲れでそのまま猛君の腕枕で寝てしまい、翌朝目覚めて上体を起こすと、私の下腹部、太もも、特にシーツに30cmくらいの出血の跡が…そして体内に猛君のおちんちんがまだ入っている感覚がありました。

 痛みと残留感で歩きにくくて、それが4~5日続きました。この事がきっかけ(?)で付き合い始め、初体験から一週間後再び抱かれました。初体験の時ほどではありませんでしたが、出血と痛みがあり、私の場合それが完全になくなるまで7~8回かかりました。

 経験ある男性とならば赤ちゃんが出てくるところだから、赤ちゃんよりも小さいおちんちんなら初めて入ったとしても、痛みは我慢できる程度だと思っていましたが想像以上の痛みでした。

 後に友人達と話してて知りましたが、猛君のおちんちんがかなりの大きさであった事も原因でした。でも今はもちろんそんな事はありませんよ!

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
人妻NET
割り切っておつきあい出来る相手を探しています。
参加・ご利用完全無料
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
セフレゲット
セフレを探している方にお勧めな支援サイトです。
サイト利用料金一切なし
恋ナビ24H
神待ち(家出)の女の子の投稿書込みが多いサイトです。
登録は無料です。

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.