.
.
.
.
.

★隣に住んでいるOLのお姉さんとの事

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/03/06(日)
 関東から東海地方に来て2年になった四十男です。今年になって初めて隣に住む住人と挨拶を交わした。それまで生活の気配は有るものの、表札も無く、男か女か、生活の時間帯も違って誰が住んでいるのか判らなかった。それが今年の3月、偶然にも隣人と初めて出合い、挨拶を交わしたのだった。

 吉瀬美智子似の女性だった。「おはようございます」その容姿に見とれて、挨拶がしどろもどろになっていた。こんな娘が隣にいたとは!それから吉瀬美智子似の彼女とは挨拶を交わすようになり、普通の会話が出来るようになっていた。最初に誘われたのは5月連休明けだった。
* 連休を家族と過ごし、帰省先で買った、有り触れた土産を彼女に手渡した事がきっかけだった。「これ地元で有名なお菓子なんだ。食べてみて」「わざわざありがとうございます」妻子が在りながら、その笑顔に心を奪われた自分がいた。

 その数日後、帰宅途中のスーパーで夜食を買い込んでいると、彼女に出会った。その帰り道、一緒に歩きながら彼女の事を教えて貰った。名前(仮名)は内藤美穂子、歳は27歳で、実家は同じ市内に在り、兄夫婦が実家に同居している為一人暮らしを始めたらしい。今住んでいる処には自分が来る2ヵ月前に入居したと言った。

「こんど時間あったら一緒にご飯食べへん?」まだ知り合って間もない自分に、地元なまりで誘う彼女にこっちが焦った。「知り合ったばかりだし、彼氏に悪いから遠慮するよ」「そんなん気にせんでもええのに」部屋に着くまで何度も誘われ続け、それなら食事だけと言うことで美穂子と約束をした。

「こんどの土曜日どお?あかん?」連休で帰省したばかりで、帰る事も、予定も無かったので、そのままOKした。約束の土曜日の夕方、自分と美穂子は一緒に買い出しにスーパーへ行く事になっていた。美穂子と並んで歩き、自分の事を教えてやった。

 名字は(仮名)斎藤、43歳で妻子持ち、妻子は関東に住んでいる事。など。スーパーで食材を買い、美穂子の部屋に入った。美穂子の部屋は綺麗に片付けてあり、女性らしい雰囲気を醸していた。「出来るまで待っとって」ベッドには大きなウサギのぬいぐるみが置いてある。

 ドレッサーの前には数え切れない数の化粧品が綺麗に並べてあった。炊飯器からご飯の炊ける匂いが漂ってきた。いつも弁当で済ませる自分には、久し振りの匂いだった。「ごめん、運んでくれへん」小さなテーブルに作ったおかずを運ぶと、テーブルは一杯になった。

 一番の自信作はゴーヤの炒め物だと言う。ゴーヤチャンプル?と聞くと、自分でアレンジしたから炒め物だと言った。確かにチャンプルとは違う味付けだったが、自信作と自慢するだけあって美味しかった。楽しかった食事が終わり、気になっていた事を聞いてみた。

「こんな事して彼氏に悪いんじゃないの?」
「うち彼氏おらんからええの」
「マジ?」
「あんまり言わんといて、恥ずかしいやん」
「吉瀬美智子に似ているとか言われない?」

「あ~、言われるぅ、めっちゃ似とるって」
「最初会った時すぐそう思った。吉瀬美智子に似ているってさ」
「それってさぁ、口説いてへん?」
「そんな事ないよ、正直に言っただけだけど」
楽しい時間はあっという間に過ぎ、自分の部屋に戻る事にした。

「また一緒に食べよんな」その夜、美穂子の部屋から微かに声が漏れて聞こえてきた。自分も美穂子の声に反応したチンポを扱いて処理するハメになってしまった。その後も美穂子からは隔週のペースで食事に誘われ続けた。

 美穂子も徐々に大胆になってきて、ちょっとした仕草で下着を覗かせるようになっていた。そして、自室に戻ると美穂子の声が漏れて来るようになっていた。7月2回目の食事で、美穂子と関係を持ってしまった。その日美穂子はTシャツにミニスカートと、いつものワンピースでは無かったのだ。

「美穂子さん珍しいね」
「似合う?似合わん?」
「似合ってるよ」
買い物途中に酒を買い足して部屋に戻ってきた。

 今日の美穂子はミニスカートだから、ワンピースより下着がチラチラと見え隠れするので、美穂子のパンティが気になって仕方ない。おまけに、Tシャツからはブラ線がハッキリと見えていたから尚更だった。そして暑い、暑いと言いながらTシャツの裾をパタパタ、スカートをパタパタしてくるのだ。

 テーブルに座って、作ってくれた料理を肴に乾杯する。そして、ビール一缶空けたところで、自分の言った言葉が美穂子に火を付けた。「美穂子さん今日は大胆だね、誘ってる?」美穂子は酔い以上に顔を赤くさせている。

「誘ったらあかん?」
「あかんって。妻子持ちだけど」
「そうやんなぁ、奥さんと子供おんのに」
「斎藤さんはうちの事キライなん?」
「嫌いじゃないよ」
「今夜だけでええの」
「今夜だけだからね」
どうにでもなれ!正面の美穂子の隣に座り、アルコール臭のする口にキスをした。

「ん、ん~っ」Tシャツに手を突っ込んでブラジャーの上から小さ目のオッパイを揉んでやると、美穂子に舌を抜かれるような勢いで吸われた。美穂子をその場に押し倒し、スカートを捲ってパンティの中に指を突っ込んだ。

 中は思ったとおり、グショグショに濡れている。美穂子のクリトリスを見つけ出し、擦り続けて数分もしないうちに美穂子はイッてしまった。美穂子のTシャツとスカートを脱がし、ブラジャーもパンティも脱がせて、明かりは付けたままベッドに寝かせた。そして、美穂子のグショグショのお○んこを開いて眺めた。

 綺麗なお○んこだ。美穂子に経験人数を聞くと、自分が二人目だと言った。最初の男とは、3ヵ月で別れたらしい。そんな美穂子の綺麗なお○んこをめ、美穂子の味を堪能したのだった。自分も裸になり、美穂子の口にチンポを持っていくと、美穂子は躊躇いも無くフェラを始めた。

 美穂子にコンドームを頼む。「ええの、大丈夫やで要らん」妊娠しないか確認。「大丈夫やからそのまま入れて」美穂子を信じて、生で挿入。美穂子の中は狭く、肉壁がチンポに絡み付いてきた。子供を産んだ妻のお○んことは訳が違う。

 美穂子の艶かしい顔、喘ぎ声、狭いお○んこ、どれもが新鮮だった。限界が近かった。最後にもう一度美穂子に確認する。「大丈夫やで中に出して」出す瞬間に、腰を突き出して美穂子の少しでも奥にチンポを入れて精液を出していた。

 終わってから美穂子に、オナニーの事を話した。美穂子は業と自分に聞こえるようにしていたと白状したのだった。それから美穂子と食事の後は決まってセックスするのが今でも続いている。こんどは美穂子のオナニーするところを観てみたいものだ。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
人妻NET
割り切っておつきあい出来る相手を探しています。
参加・ご利用完全無料
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
セフレゲット
セフレを探している方にお勧めな支援サイトです。
サイト利用料金一切なし
恋ナビ24H
神待ち(家出)の女の子の投稿書込みが多いサイトです。
登録は無料です。

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.