.
.
.
.
.

★新聞代の集金の熟女との話

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/02/06(土)
 その日は夏風邪をひき寝ていました。昼頃でしょうか、新聞代の集金の為に渡辺さん(50歳を少し過ぎた位)というおばさんが来ました。そのおばさんとは集金の際に軽く冗談を言ったり、ちょっとしたおすそ分けをしたり、してもらったりするような間柄です。

「田中さん、新聞代の集金で〜す。あら、どうしたの?何だか具合が悪そうだけど」
「うん、ちょっと風邪引いちゃったみたいで」
「ちゃんとご飯とか食べてる?」
「うん、でもあんまり食欲ないし」
「だめよ、少しでも何か食べないと。後で何か持ってきてあげるね」
* 2,3時間後、いろいろと惣菜やら飲み物を持っておばさんがやってきました。「田中さん、お台所借りるね」そう言って手早くお粥やら惣菜を作ってくれました。食事を済ませるとおばさんが後片付けに台所に立ちました。そのうしろ姿の大きなお尻に思わず興奮してしまいました。

 後ろからおばさんを抱きしめましたが一言だけ「だめよ」と言ったきり、洗い物を続けています。構わずに後ろからおばさんの大きな胸を揉みます。おばさんは小さな声で「ああぁ」と声を出しましたが洗い物を続けています。

 洋服の下に手を入れ直に胸を触ります。張りはありませんが大きな胸です。スカートの中に手を入れると「本当にだめ!」とは言いますが、まだ洗い物をやめません。ストッキングと下着を下ろすと、白くて大きなおばさんのお尻が現れました。

 毛深いアソコはもう十二分に濡れていました。指を這わせるとおばさんが「ああん、ああん」と声を出します。ようやくおばさんは洗い物をやめたようです。台所のシンクの縁に手をつき、触りやすいよう足を広げました。指を入れるとアソコを締めようとします。

 おばさんの手が後ろ向きのまま、私のペニスをしごきだしました。私は我慢の限界です。後ろから一気にペニスを突き立てました。おばさんが声をあげます。おばさんのアソコの中は少し緩いけれど温かくて気持ちがいいです。

「ねえ、おチンチンが渡辺さんの中に入っているよ。渡辺さん、気持ちいい?」何を聞いてもおばさんは「うん、うん」と言うばかりです。しばらくおばさんの膣の中を楽しんでいましたが、もうそろそろ出そうです。「渡辺さん、もう出そう。このまま中に出しちゃうよ。いいでしょ」おばさんは何も言いません。ただ頷くだけです。

「あ〜、渡辺さん!出すよ!出すよ!ああ〜、出る!出る!」久しぶりのセックスでたっぷりと中に出してやりました。指を入れ掻き出すと大量の精子が付いてきました。その後、おばさんは温かいタオルで体中を拭いてくれました。拭いている最中におチンチンを触るものだから又起ってしまい、もう一度今度はベッドでしました。

 今度はたっぷりとフェラチオもしてくれました。その後二度ほど関係を持ちましたが、最近は理由を付け頻繁に訪ねてくるようになりました。少し怖くなって居留守を使っています。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.