★何もしないからってセリフでホテルに誘う人

-
ブログ管理人
 私 ♀28独身、彼あり 155・46・Cカップ 顔ちぇき 井川遥 。相手 ♂38既婚 170・66 写メの感じでは小さい佐々木投手(元プロ)? 私の元には日々「嫁とは数年セックスレスです」という既婚男たちからのメールが来るのですが、

 世の中の夫婦はそんなにセックスレス率高いのでしょうか?それとも同情心を誘ってる? まあなんでもいいんですが、そんな一人と面接決定。休日の昼間、待ち合わせ。すぐに相手発見。

 可もなく不可もなく…大陸っぽい顔の普通の人。佐々木投手というよりベンガルっていう役者似。以下ベンガルてか年齢詐称してないか?肌が皺っぽいぞ。この時点では『今日はないな~』という色が濃厚。とりあえず喫茶店に行きしゃべる。しゃべってると話題が豊富で感じは悪くない。

 時々エロ方面の話題になるが、ヤリたい気分になってこない。昨夜濃厚なオナしたのは失敗だったかなあ。アイスティーを飲み終えたところでベンガルが「この後どうする?天気いいしどこか歩く?」と言ってくる。

 まだ居酒屋あいてないし、散歩だるいなー、かといってカラオケも気分じゃないなー…と迷ってると「近くに綺麗なとこあるんだよ」とホテルのお誘いキターー、でもどうもベンガルと自分がやってるとこが想像できない。想像しても濡れてこない。

 更に迷ってると「別にエッチしなくても、話すだけでも。もう少し掘り下げた話とかしたいし」“何もしない”嘘宣言キターてか本当にいるんですね。何もしないからってセリフでホテルに誘う人。とりあえずホテルにインし、椅子に向かい合わせに座って(ソファーは無し)缶チューハイ飲みながらおしゃべり。

 話しながらベンガルの舐めるような目線がわたくしの胸元に。アルコール摂取しながらエロトークしてたら、まぁホテルに来たことだしやってもいいかな、という気になってきた。発情してきたわけではなく、まぁいいか~という感じ。舐めるの好きとか言ってるし、気持ちよくしてくれるかもしれない。

 脱がされて乳首舐められてクリいじられる。あーちょっと気持ちよくなってきました。濡れ濡れ。一緒にシャワー浴び、洗ってもらったのでこちらも洗ってあげる。そしてベッドへ行き、本格的に舐められる。気持ちいいけど乳首がふやけそうだよ~ クリも舐める舐める。

 でもちょっと違う…もっとこう、じらしつつソフトな感じが好きなのよ。舌をとがらさないで欲しいの。クンニしながら指マン。ああ、これもちょっと…高速で出し入れするんじゃなく、指を付け根まで入れてぐりぐりして欲しい。

 潮でも吹かそうとしてるのか、舌&指マンが加速し続けるので「ちょっと痛い」と言ってやめてもらう。私潮吹いたことないし。「痛くしてごめんね」と謝ってきたので「ソフトなのが好きなの」と要望を伝える。

 すると、今度はゆっくりソフトできもちいい。イイヨイイヨー。「いっちゃう」と宣言してクリでひとイキ。いった後もソフトに触りながら「くすぐったい?」と聞かれ、くすぐったくないと答えると「連続イキできる子なんだね」と言われる。

 そういえば昔は一回いくと、くすぐったかったものだわ。そう思いながらクリでもうひとイキ。よし、調子出てきた。お返しにフェラする。最近ちょっと得意。ベンガルは口に出したそうにしてたが、「味が苦手なの」と可愛く拒否ってみた。

 本当は気分が盛り上がってたら楽勝で飲めるんだけども。ちんこの固さは惜しいけど、サイズ的にはいい感じ。正常位でぬるりと挿入、奥まで来たときに「奥きもちいい」とすかさずアピール。ガンガン突いてもらった…が、やっぱり固さが惜しいナリ~子宮に響いてこないナリ~ で、加速したと思ったら…

 え??挿入してまだ1分半くらいですが!?早っ!チョッパヤ!! 「最低2回はできるから」とベンガルさん得意気ですが、いやアンタこれじゃ5回くらいしてもらわないと…前回が抜かず○発の人(バイアグラ疑惑)との長丁場だったせいで、私の感覚がおかしくなってるんでしょうか?

 あの時は気持ちよかったな~などと思い出してしまった。ベンガルには申し訳ないけど。2回目はもう少しもちました。4分くらい。間をあけなかったので余韻があったおかげで私もなんとか逝けました。軽くですが。ベンガルはもう1回したそうに触ってきたけど、いやもういいっす…という感じでした。

 こんなに気分が盛り上がらないセックスは久々。こういうの相性が悪いっていうのかな。先方は定期希望してましたが、私的には二度とありません。すいません、私は前戯よりも挿入、Gスポットよりポルチオが好きなんです。

 回数より耐久時間と固さが重要みたいです。あと「彼氏がいるのに初めて会った男とこんなことしてるなんていやらしい子だね」「彼氏が知ったらどう思うかな」等のセリフは萎えました。


↓他のHな体験談を見る


HOMEへ戻る
ブログ管理人
Posted byブログ管理人