★男女の歳の差は幾つまでなら

 20代OLをしています。大学卒業まで恥ずかしながら処女でした。そんな私は今、50近い男性と不倫しています。彼は転職して私と同じ職場になったのですが現在の職場では私が半年ちょっと先輩です。

 彼は同業他社から来たので、一通りの事はできるのですが今の会社独自のシステムはなかなか覚えられず、娘のような年齢の私に恥ずかしそうに聞いてくるのです。私は何故か、そんな彼が気になっていました。



 半年くらい経ったある日、彼がいつも世話になっているからと大した店ではないけど、食事をご馳走したいのだけどと言ってきました。男性ですが歳が離れているのであまり気にせず好意を受けました。彼が連れて行ってくれたのは隣町の懐石料理店でした。

 若い私には未知の世界で、仲居さんが食べ具合を見ながら運んでくる料理に感動しながら、楽しい時を過ごしていました。それまでは殆ど飲んだ事のない日本酒、純米大吟醸酒などを勧められるまま、つい飲み過ぎてしまい、気がつくとビジネスホテルの一室でした。

 彼は心配そうな顔でベッドの横で私を見ていました。気がついた私に冷たい水を差し出して謝りながら大丈夫か聞いてきました。私は醜態を晒した恥ずかしさから慌てて起き上がろうとしたのですが、足がふらついて彼の身体に倒れてしまいました。

 心配そうに見つめる彼、何故か私は彼にキスしていました。驚く彼に言いました、抱いて欲しいと。彼は躊躇していましたが私がもう一度キスをし、舌を絡めると意を決したのか、本気で言っているんだねと確認してきました。私は彼の目を見て頷きました。

 そうして彼は優しく私を抱きしめベッドに横にすると服を一枚ずつ、優しく脱がして身体中にキスをして私の恥ずかしい部分も丁寧に愛撫して、十分濡らしてからチンチンを挿れてきました。

 初めてだったのに何故か怖くなくて、彼が私が初めてなのに気がついたのは行為後、血が付いているのに気がついた時でした。彼は私の処女を奪ってしまった事に慌てると共に謝ってきましたが、私は彼が初めての相手で良かったと思っています。それからは私の方から彼を誘って関係を続けています。


↓他のHな体験談を見る