.
.
.
.
.

★駅での若気の至りで痴漢体験

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/12/28(月)
 ボクは高校生。背は175cmくらいで、顔はよくバスケの五十嵐圭選手に似ていると言われます。女子にもてないわけじゃないし、女子に興味がないわけじゃないけど、彼女はいなくて童貞です。

 あまり女子と付き合いたいという気分になっていないのかもしれません。いつも学校は電車で通っており、家から学校まで1時間くらい通学に使っています。これは昨夏の話。だいぶ暑くなったので、周りも薄着になってきて、結構、開放的な気分が高まってきます。
* 性欲はそれなりにあるみたいです。この間、いつものように朝、通学のときに電車に乗っていました。電車はいつものようにぎゅうぎゅう詰めで余裕が全然ありません。身体が思い切り押され、カバンが人の流れに引っ張られて、カバンだけどこかへ行ってしまいそうです。

 いつも見かける加藤あいに似たきれいな娘が近くに立っていました。制服が途中の駅にある高校のなので、あそこの生徒なんだな~と思って、いつもついつい目がいってしまいます。いつも同じ電車で会うのでいつか話してみたいなと思っています。

 彼女が身体が当たるくらいに立っていたこともありますが、ボクは彼女に対しては触ったり押し付けたりとかしたことは一度もありません。何か彼女に悪いなあという気もするし、第一そんなことをしたら一瞬で出ちゃうと思います。

 そんなある日、通学していると彼女がボクのすぐワキに立つシチュエーションになりました。しばらくドキドキしながら立っていました。身体が時々触れるくらいの感じで、顔は加藤あいに似ていますが、お乳は本物とは似ても似つかないくらい巨乳で、思わずアソコまで立ってしまい、この時には我慢汁が出ていたと思います。

 身体は正直なものです。しばらくすると彼女が何だか変な動きをしているのです。よく見てみると後ろに立っている40代後半くらいのオヤジに痴漢されていて、それから逃げようとしていたのです。ボクは彼女を守らなければという気持ちになり、彼女をボクの前に動かし、彼女とオヤジに間にボクが入るような形になりました。

 彼女は半泣きの顔をしていました。彼女が可哀相になり、オヤジに無性に腹が立ちました。そうこうしている間に彼女が降りる駅までつきました。彼女は降りていき、ボクに軽く会釈をして去っていきました。電車が走り出すと同時に安堵の気持ちになりました。

 ひとついい事ができた充実感と彼女を守れたという正義感で一杯になりました。しかし、安堵の気持ちは長くは続きません。しばらくすると、今度は何と後ろのオヤジがズボンの上からボクのイチモツをしごき始めたのです。痴漢の逆襲です。

 ボクは逃げようにも逃げられないポジションにいましたのでそのまま身を任せるしかありません。痴漢はエスカレートしてきて今度はズボンのチャックを下げて僕のイチモツを直接しごき始めました。手には何かローションのようなものを塗っていたようでヌルヌルして妙に気持ちがいいのです。

 ヤバイと思いつつ、我慢に我慢を重ねていました。もうすぐいつも降りる駅です。あと少し・・。我慢しきれると思っていました。でも、彼女がそばに立ち、勃起してしまい、我慢汁まで出していたのが効いてしまったようです。駅に着く少し前にとうとうフィニッシュしてしまいました。

 ボクはイチモツをズボンにしまい、精液がついたのをカバンで隠しながら電車を降りました。オヤジにこんなことはされたくないですが、やめてくれとも言えず、思わず感じてしまい、射精までしてしまった自分が情けなくて悔しくなり、涙が出てきました。

 第一、こんな姿を彼女に見られたら、本当に生きていけません。カッコつけて彼女を助けたつもりでいたのに、自分が誰かに助けてもらわないといけないような感じです。今度もあのオヤジに会ったらどうしようと思って今から悩んでいます。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.