★痴漢も視点を変えれば楽しいかな

 昨日、遠く…とは言っても同じ県内の友だちの家に泊りに行きました。そして、今日の昼間に帰って来る電車で痴漢にあいました。郊外の大学に通っている友だちのアパート近くの駅から、二時間ばかりの時間、電車に乗ったのですが、お昼の時間を過ぎた辺りで人が全くいませんでした。

 アパート駅から二駅目か三駅目?でボックス席に座ってスマホを見ていた私の隣に三十代くらいの人が座って来ました。いつもこの掲示板を見ていたので「あっ、痴漢だ!」と思いました。その人は着ていたスーツの上着を脱ぐと私の脚と痴漢の人の脚を隠すように被せました。



 そして、その人は私の脚をスーツの中で触り始めました。その時、私はホットパンツに黒ニーソで、絶対領域?というところを撫でられました。結構前からこの掲示板を見て、痴漢をされたいなーって思ってたので、痴漢されたら可愛い声であえごう、とか寄りかかってみようとか考えてたんですけど、実際されてみると怖いのと興奮が混ざった感じで何もできなかったです。

 でも、その人が胸(今日は暑かったので上着を脱いで半袖でした)を触ってきて、ようやく、楽しまなきゃと思いました。右手で脚を触って、左手を背中から回すようにして、私の胸を痴漢の人は弄ってきました。私は「んっ…あん…っ」とか声を出したり、勇気を出して寄りかかったりもしました。

 そんな感じの行為がしばらく続いた後、痴漢の人はホットパンツに手を入れて、ショーツの上から撫でてきました。その頃にはもう凄く濡れていたので恥ずかしかったです。ショーツの上から激しく弄られ、胸も弄られ、私は凄いドキドキの中イってしまいました。

 いかされたあと、キスをされました。それから、スーツの中で脚をずーっと触られ、その人は私が降りる二駅前で降りていきました。初めての痴漢でドキドキでしたが、とても楽しかったです。結構近いから、また会いたいなーっておもってます!


↓他のHな体験談を見る