★電気が止められるバツイチ女性

 たまに利用してる出会い系サイト人妻.NETでバツイチひとみと知り合いになりました。書き込みは・・バツイチでよかったら援して!こちら子ありで、生活が苦しいんで一度限りでも会って頂ければ。と書いてあった。返信するとすぐ返った。

 明日電気料払わないと止められちゃうんで。1.5でお願いします。回数制限なし・生入れOk中だしNG。アド付けて返事くれた。俺も条件;朝9;30~pm2;00まで付き合ってくれるならと送ってみたら。喜んでお付き合いします。宜しくね。と返った。



 待ち合わせ場所と時間と着衣の色等を交換した。写メはOL風でバイトしてると言ってた。別れて6ケ月、慰謝料はないと言う。貯金取り崩しての生活が続いて居ると言う。 オネガイオネガイオネガイと何度もメールが鳴った。そして今日会った。以外にも俺宅の近所らしい。

 たまに立ち寄るだった。半信半疑で行くと車を寄せ、メール。もう来ていると返答あった。俺は車の中にいると言う。ナンバー・色を言うと近づいてきた。すみません ○○さん? ひとみです。車のドアを中からあけて誘導した。

 隣座席に乗せてすぐ発進。どっかラブホ知ってる?彼女は首を横に振る。前に利用したことのあるラブホへと進めた。思ったより若く25、6に見えた。裸身を見ると腹の線は隠せない。久しぶりだから優しくしてねと哀願された。シャンプーと石鹸の香りが残る身体に挑んだ。

 来るときに風呂済ませたからと唇を寄せてきた。そのまま抱き合い濃厚に舌を絡ませ、マンコを舐めた。湿地帯は濡れて、液は滴り落ちてたんで、生で突き刺した。ぐいぐい突くと彼女の口から喘ぎ声が漏れた。暫く突き上げるとチンポの周りはベトベト状態に濡れていた。

ウッウ~ 耐えきれず中にドローと半分は腹上に出した。私 中に出されるとおもった!ありがとうと膣口を拭くひとみだった。いくらかは中に出たみたいと笑っていた。

 暫くして、ひとみさん また大きくなったみたいだよー すると寝ている俺の上に上がりチンポを静かに沈ませ腰を上下に振った。太くなるのがはっきりわかる。ひとみさん逝きそうと言うと、抜くのかと思いきや出して出してとチンポを加えたままで、上下運動を繰り返した。

 あああ!ひとみさん 出る出る 一挙に彼女の中で爆発しちゃった。二回目は薄いから妊娠しないわよ。とケロッとしてた。頼んで置いたドライカレーを食べ珈琲を飲んだ。30分過ぎるとパンツはテントを張っている。チュバチュバと口で舐めるひとみ。回復早いのねぇ!今度はあなたが上がってぇ!とマンコの入口をチンポでなぞった。

 ん~ 来てぇとひとみは私を抱きしめてきた。彼女の中で動き腰をグラインドして奥に奥に入れまくった。恋人みたいに抱き合いそして腰を引き寄せお尻を持ちながら 中にドクドク果てた。薄透明な液が膣口から流れ垂れてるのをカメラに納めた

 時計をみると2時少し前を指していた。約四時間楽しんだ。ひとみはまた会って。今日は助かったし気持ちよかったわ。それで指定された場所まで送り届けて別れた。


↓他のHな体験談を見る