★給料の替りがアレとは 

 従業員5人の零細工場!給料日 社長が従業員を集め「スマン どうしても金策が間に合わず 今日は一部しか渡せ無い 明日には どうにかするから! これから金策に行って来るから スマン」あたふた出て行きました。

 1人1人事務所に呼ばれ 奥さんがヒタ謝りする声してか1人1人帰って行きます。給料が遅れる事は有りましたが 一部しか出ないのは初めてでした。先輩が「会社はもうダメだな!残りは出そうに無いな」と帰って行きました。



 最後に呼ばれ 社長室へ!いきなり 頭を下げる奥さん
「純ちゃん 明日 全額揃えて渡すから 今日は」
「俺 今日一銭も貰え無いの!?」
「だから こうして・ね」頭を下げる奥さんに
「支払い 有るんだよね!!」
「ホント 純ちゃんには 申し訳無いけど・・じゃ!」

 と ソファーに座ってる俺の前に這って来ると、突然ズボンのチャックを下ろすと同時にパンツも下げられ「あっ 奥さん」と 声を上げた時には 奥さんの顔が股間に張り付き チュポっとチンコを吸い込まれました。

 チュポチュポっと吸われ、デブだろうが年寄りだろうが気持ち悪いワケは無く 直ぐチュポは半勃ち!「今 こんな事しか‥」立ち上がり パッパッと脱ぎ 裸に。出ました!還暦間近の食っちゃ寝食っちゃ寝のラード付き捲りの 垂れデブ裸体!

 ズボンごとパンツを「奥さん ちょっと!」ボタンも外さず捲り上げて上も脱がされ素っ裸され、そして奥さんのフェラが又始まりました!すっかりチンコは勃起すると、俺の手を掴むと ダップダプの乳房へ!

「スッゲ~ デケー!」物珍しく思い 重量感タップリな乳房に巨峰並みの黒乳首を摘んだり抓ったり揉んだり。「こんな 太った年寄りで何だけど 純ちゃんの思うよう 好きにして 良いから‥」と黒巨峰を固くしてました。

 薄いけどデルタ一面 陰毛が生え、両手でグイッとM字に股を押し広げると尻の穴まで陰毛が生え黒いヒダが割れ目を閉ざし、引っ張る様に開くと 指先大のクリトリスが飛び出し ねっとり濡れ 穴の下に肉球の様な物がハミ出て こんなグロなマンコは初めて見ました。

 親指の腹でクリトリスをクリクリ撫でると ヒクヒクした穴から汁が肉球を伝い タラ~っと尻穴まで垂れました。奥さんは両手で顔を覆ったまま!難なく指が2本入り 穴の上壁がクニクニ?指を出し入れするとクチャクチャ音がする程でした。


↓他のHな体験談を見る