★複数プレイがしたくて妻を口説きました

-
ブログ管理人
 以前から複数プレイをしたいと妻(35才)を口説いていたが、ついに妻から了承を得た。妻はもともとセックス好きで、結婚前にも3Pの経験があったようだ。早速ネットで若い男3人を集め、妻の生理が始まる数日前を選び、某ホテルで待ち合わせした。

 ホテルに入り、妻がシャワーを浴びているところへ、男3人もシャワールームへ行かせたところ妻の両胸とおまんこを3人の手で触りまくり、妻はあっという間に立てないほどになった。そしてシャワールームにしゃがみ込んでしまった。

 1人に抱きかかえられてベッドへ横たえ、私の目の前で3人が妻に愛撫を始めた。妻はあちこちの性感帯を愛撫され、乳首を噛まれたり、クリトリスを舐められたりする度に、ビクビクと身体を波打たせていた。

 そして、妻のおまんこからは大量の愛液が溢れ出し、グチョグチョと音が響きわたっている。1人目の男が妻のおまんこの中に反り立ったのチンポを入れると、妻はいつもより大きい声で「ああっ、スゴイ。駄目、もうイッちゃう、イッちゃう」と叫び、すぐにいってしまった。

 男はかまわずに、妻のおまんこを激しく突き続け「そろそろ奥様の子宮の奥に出しますよ」と言った。妻は「中はだめ、妊娠しちゃう、お願いだからやめてっ」と顔を大きく振りながら拒否。すると男は「中出しがいやなら、おまんこの中に出さないでと言いなさい」と妻に命令。

 妻は「お願い、お、おまんこの中に出さないでください」と懇願した。さらに追い討ちをかけるように詳細に懇願するように要求し「お願いです、おまんこの中に精子を出さないでください」「おまんこは、おまんこの中は駄目です、おまんこの外に精子を出してください」妻に何度も何度も卑猥なセリフを言わせ、男はピストンを続ける。

 嫌がる妻の足を押さえつけながら、ラストスパートし、ついに妻のおまんこの奥に中出し。妻は「やめてぇ、おまんこの中は駄目ぇ」と激しく抵抗するが、濃く熱いものを受け入れた。妻は生理日が近いため、妊娠の心配はないため、単独さん達へは中出しをするように言っておいたが、いざ中出しされている妻の姿を見ると異常なほど興奮した。

 そして、次の男にかわり、精子と愛液でヌルヌルになった妻のおまんこに、黒く極太のチンポをあてがいながら腰を押し出すと、ヌルンッという感じに簡単におまんこへ受け入れた。断続的な激しいピストンにより、妻のおまんこからは前の男の精子がかきだされ、さらに子宮
の中まで濃い精子は押し込まれた。

 妻は「いやぁ、感じすぎておかしくなっちゃう、あなた、助けて、もう駄目」と絶叫。それでも構わずに次々とおまんこを突き上げ、妻のおまんこの奥深くへ精子を放出。金玉袋が縮み上がり、最後の1滴までしぼり出すように、チンポが脈打っている。

 妻も出されるたびにいつもより乱れ、「いやぁ、おまんこに、おまんこに中出しはしないで」といいながらいきまくり。妻のおまんこはたちまち3人分の精子で一杯になった。男達は満足し、再会を約束して帰っていった。妻も大量の中出しと数え切れないほどの快感に満足気であった。


↓他のHな体験談を見る


HOMEへ戻る
ブログ管理人
Posted byブログ管理人