★私のバニーガールと言うお仕事の告白

 一度バニーガールを辞めたのですが、店長に強く誘われて、断りきれずにまた始めたんですが・・。最初の勤務日、別に過去にやっていた事だし、特に気負いもなく業務についていたんですが、やけに身体を触られるんです。

 脚も触られ、いきなり胸ももまれて、何かおかしいと思ったら、カスミは「お触りOK」のバニーガールという事になっていました。この不況でお客様が減っている為、内緒でカスミを使って売り上げを上げようとしていました。



 店長の熱意に負けて「お触りOK」のバニーガールを続けています。昨夜は両足を抱えられてお客様の膝に乗せられて、3、4人に内ももやおっぱいを触られて、ハイヒールを脱がされて足の臭いまで嗅がれました。

 ボーイさんもいやらしい目で見るだけで助けてくれません。


↓他のHな体験談を見る