Hな告白や体験談ブログ

女性のHな告白や体験談・男性のHな告白や体験談を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
Hな告白や体験談ブログ TOP  >  ◆女性の告白・体験談  >  主婦・人妻の体験談 >  ★仕方なく生活の為に受け入れる他人棒
★18歳未満の方は閲覧禁止★
当サイトは18歳未満の方の閲覧は禁止です。即刻退席をお願いいたします。

★当サイトの問合せはこちら

★仕方なく生活の為に受け入れる他人棒

 私33歳、主人37歳、子供は6歳と8歳の男の子がいます。結婚してもうすぐ10年、1年前までは専業主婦でした。実は、3ヶ月くらい前から主人の仕事仲間と関係を持っています。と言うのも、主人とび職をしていたのですが、1年3ヶ月前に工事現場の足場から落ち、寝たきりになってしまったのです。

 その日はたまたま休日で、主人は仕事の段取りのため出ていたのですが、一人親方で保険にも入っていなかったのです。元請けと鳶の会社からは見舞金が出たのですがそれだけではやっていけず、私も仕事に出たのですが今の時期パートくらいしかないのです。
 主人も病院ではお金がかかるので自宅で介護をしているのですが、何とか意識はあるものの食事も自分では出来ず、ベッドで寝たきりなんです。3ヶ月前に鳶の親方が見舞いに来てくれたとき、つい泣いてしまい親方に抱かれてしまいました。

 その日はたまたま子供たちも学校に行っていて、主人を1階に残し2階の夫婦の寝室で乱れてしまいました。親方が帰った後も主人の顔を見るのが辛かったことを今も覚えています。しかし、その日をきっかけに次々に鳶仲間が来るようになり、お見舞いと言う名目で抱かれるようになったのです。

 主人もうすうす分かったようで、食べるのを拒否したりしていましたが「じゃ、どうしたらいいの。お金は入院費で飛んでいっちゃったし、これから子供たちだってお金がかかるし、・・」と言うと、涙を流していました。

 そして、この間の連休ついに親方が我が家に泊まっていったのです。その夜、子供たちは友達の家で泊まることになっていて、それを私がつい話してしまったのです。仕事が終わると家に来て「これ、子供たちに何か買ってあげて。」と、20万円入った封筒を渡されました。

 これがどういう意味かすぐに分かりました。私は親方のために食事を作り、お風呂を沸かし、一緒にお風呂に入り、そして2階の夫婦の寝室で裸でもてなしたのです。1階の主人に喘ぎ声が聞こえないようにするのがやっとでした。

 しかし、ベッドの軋み音や2階からの音はどうすることもできず、主人の横で寝ていないことで分かったと思います。そしてこの間は主人の鳶仲間が二人来て、初めて3Pを経験しました。いけない私、でも主人や子供たちを守るため仕方ないのです。

↓他のHな体験談を見る

[ 2015年11月26日 23:40 ] 主婦・人妻の体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

musyuusei動画無料
大人のオモチャ
全記事表示リンク
カテゴリ1
ハッピーメール
ハッピーメールバナー
スマートフォンQRコード
スマ―フォンQRコード