.
.
.
.
.

★妻の水着は限界の歳かな~

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/11/22(日)
 今年の夏休みに、2泊でレジャープール施設のある温泉旅館に行った時の事を書きます。2ヶ月前には旅館の予約を済ませました。妻が水着が古いから新しいのを買うようなことを言ってたので、私は冗談ぽく「今年は思い切ってビキニにしたら?」と提案しました。

 妻は32歳で子供を2人出産してますが、体型も出産前と変わらに位に戻ってました。旦那の私が言うのもおかしいですけど、スレンダーです。胸は小さいですけど・・。妻は「無理無理、30過ぎたし」と即答でした。
* その週の土曜日私は仕事で、妻は買い物に行くみたいでした。仕事から帰ると妻は「水着買ったよ」と言い袋から水着を出すとそこには、白に黄色の花模様のビキニがありました。妻は照れながら「もう着れないと思うから、買っちゃった。着てみるから見て」と着替えに行きました。

 戻って来た妻を見てちょっとムラムラとしました。旅行当日、旅館につくとすぐさま水着に着替えプールへと向かいました。妻と子供は流れるプールで大はしゃぎで遊んでました。私も遅れて子供たちの元へ行くと妻の水着が気になって見てみると、胸が小さいのかサイズが合ってないのか、前かがみになると隙間から胸が丸見えでした。

 しかもパットが薄いのか、立ち上がると乳首の形がうっすら出てました。そのことを妻に言うと、妻は背中の紐を縛り直してました。だいぶんましになってたのですが、状況は変わらずで、妻はそのまま子供たちと遊んでました。しばらくして、プールの検査が始まりました。

 私は先にプールサイドのベンチに座って妻達を待ってました。子供たちが私を見つけ先に戻ってきました。妻もその後から戻って来てました。ビキニ姿の妻を見てると、下の毛が透けて丸見えでした。子供たちも気づいて「ママのち○毛見えてる」と言ってます。

 妻は子供たちの声が聞こえたのか、赤面で戻って来てタオルを巻きました。そのまま私たちは子供たちを説得し部屋に戻りました。そのあと妻はゆっくりしたいと言ったので、私は子供たちを連れて、館内を探検しました。夕食の前に風呂に向かいました。

 子供たちは私について来て、妻は一人で入りに行きました。夕食は部屋で取りました。浴衣姿の妻の胸元を覗くと、夜用の下着でした。食事を終え子供たちを寝かせて、妻と二人で晩酌。酒の弱い妻は、缶ビール1本でほろ酔い。会話がいつもより弾み、妻は2本開けてました。

 そろそろと思い妻を布団に寝かせ、浴衣の隙間から胸を触りました。妻はキスと胸を触っただけで感じていました。浴衣の帯を解きながら私は妻に「明日も泳ぐ?」と聞くと「うん・・。平気」と頷きました。真っ暗な部屋で、浴衣を脱がし、下着姿にした妻の胸からキスをし、だんだん下の方へ舌を這わせました。

 妻は「待って」といい、枕元の電気を点けました。下にたどり着き下着の上から舐めると、自分から下着をずらし、「水着着ても平気でしょ」と1本もないあそこを私に見せました。妻の下着を下ろすと、きれいに剃ってありました。「いつ剃った?」と聞くと、私が子供たちと館内を探検しているときに剃ったと。

 私はよく見えるように妻のアソコを電気の方に向け、しばらく舐めてました。妻は珍しく我慢できなかったのか「来て」と。私は久しぶり妻の中へ2回果てました。次の日プールでは何も気にしてない妻が子供たちと遊んでました。その日も妻の中へ2回果てました。

 1ヶ月経った今も妻は「来年もビキニ着るから」と綺麗に処理してます。おまけにまだ生理がきてないみたいです。

↓他のHな体験談を見る

❤ 出会い系大手のPCMAX運営・人妻専用 ❤ アフィリエイト

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.