.
.
.
.
.

★欲望の限り従兄弟の嫁を

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/11/12(木)
 ある晩、同僚のkから電話があり飲み屋で知り合った他人妻と一緒にいるから車で送って欲しいと言ってきた。kには仕事での借りもあるし暇だったから、迎えに行った。店から出てきた二人は仲良さそうに抱き合ってたが、女の顔見て驚いた。

 それは僕の従兄弟の嫁さんの『たかこさん』だったから。従兄弟は仕事で中国行ってると聞いてたが、たかこさん大丈夫かよって感じで見ていた。 酔ってるらしくまだ僕だと気付いてないみたいだったが何とかしなけりゃなと、車に二人を乗せた。
* 後ろの席で二人は騒いでたが、急に静かになったから振り返ると何とキスしてる最中だった。たかこさんの胸元のボタンは外されkの手が中に入ってた。従兄弟の顔が頭に浮かび、どうしたものかと、この時点ではまだ僕は考えていた。

 二人は次の行為に移ろうとしてるうちにkの住むアパートに着いた。飲み直しだと言いながら僕も誘われ部屋に上がった。一応、ビールで乾杯したけど二人は、それどころじゃないみたいで再び始めてしまった。僕の見てる横に寝転がりkは、たかこさんの服を脱がせていった。

 丸裸にされた たかこさんは、隠そうともせず逆にkの上に重なり、腰をいやらしく動かして誘っている。全然知らなかったたかこさんの卑猥な姿見て、僕のズボンの中ははち切れんばかりに勃起していた。たかこさんは自分でkを掴んで腰を沈めて行った。確か30後半の筈だが凄い淫らに見える。

 僕のすぐ目の前にたかこさんの左足があり、そっと触った。生の感触に堪らなくなり軽くさすったりしてるうち我慢出来なくなり、僕も脱いで近寄った。腰を上下してるたかこさんの手を取り、僕のチンポを握らせると慣れた手つきでしごいてくれた。もうそれからは滅茶苦茶だった。

 kは酒のせいかまく行かないらしく、ほとんど僕が挿入の形になり下から後ろからと攻めたて、たかこさんも応じてくれた。僕のこと、分かってるのか分かって無いのか、もうどっちでも良かった。欲望の限りに交わるだけだった。

 いつしか寝てしまったkの横で、明け方まで続いた。朝、目覚めるとまだ二人は眠ってたが、再び欲情した僕はたかこさんを抱いた。 入れたままで、たかこさんを起こしてやり、話しかけると僕に気付いた。

 僕を唖然とした顔で見ていたが、何とか事態分かったらしく顔を隠したが今更もう遅かった。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.