.
.
.
.
.

★Hも1年もするとマンネリ化しますね

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/11/03(火)
 結婚して一年もするとHもマンネリしてくるし、結婚する前の新鮮さはなくなってきます。wifeは年下ですが、私が甘かったせいかわがままになっていました。何年か前の話です。ある日の夜、私が晩飯を食べてテレビを見ていると、別の部屋からwifeが呼びます。

「なんじゃ」と思って行ってみると、あのレオタっちゅうヤツを着てるじゃありませんか。「エアロビでも始めるのか」と聞くと「そう」と答えます。私は見ようと思いませんが、たまにテレビでエアロビっちゅうヤツが映ることがあります。
* 私は何が面白くてあんな笑顔をしてるんだと思い、一丁ぶんなぐってやろうかと思ったりします。「wifeも始めるのかバカタレが」と思いましたが、その時はなにも言わんときました。それからwifeは週2回ほど出かけ、私が一人で晩飯を食べている時、楽しかったような様子で帰って来ます。

「亭主をほっぽりやがって」と思い、怒りがフツフツとこみ上げてきました。この辺で亭主の気持ちを解らせなければならないと思い考えました。ある土曜日、その日はエアロビに行く日ではなかったので、私が帰った時にはwifeはいました。食事を食べた後、wifeに「エアロビって面白いか。俺の前でやってみろよ。」とためしに言ってみました。

 そしたらあのアホが喜んでレオタを着て踊りだしたのです。習った事を「こうするのよ。こうするのよ」と口で言いながらです。
 最初はバカバカしいと思いながら見ていたのですが、結構興奮するものですね。20分位踊った後、すっかり頭に血が昇っていました。

「こっちへ来い」と自分の前に座らせ、私の不満をぶちまけました。「エアロビだけでなくもっと俺の事も考えろ」という事をです。wifeは自分があまり怒った事がなかったのでビックリしていましたが私は頭に血が昇っておさまりません。wifeをベッドに連れて行き、レオタの尻っぺたを平手で何度もひっぱたきました。

 そしたら私はますます興奮してきてwifeのアソコを食い込ませたり股を広げたり、恥ずかしい格好をさせてやりました。そして、レオタのアソコに鼻を近づけて「ほら。こんなに汗くさくなってるお前のオマンコ」とわざと言ってやりました。

 まあ、少々汗くさかったですけど。wifeはちょっと泣きべそをかいてましたが、レオタを着せたまま脇から突っ込みました。ことが終わると「こら、いらん事をしたかな。」と思い背を向けて寝込みました。

 次の朝起きて見るとえらいwifeが機嫌よさそうにしています。昨夜のお仕置きも結構きいたのかなと思い、会社に出かけました。その夜、ベッドで「夕べはすまん事をしたな」と一応謝ると、wifeはふくれっつらをしていました。あのレオタはもう着たくないのか、また別なのを買ったみたいでした。

 でも、一週間か十日たった夜の事、私が寝ようとすると、「ねぇ」とwifeが私の顔を見ます。「なんじゃ」と私がめんどくさそうに言うと、また「ねぇ」と言います。「なんじゃっちゅうねん。はよ言わんかい」というと、「あれ、感じたの。あの時のあなたはいつもと違って男らしかったわ」ちゅうような事を言うんです。どうもレオタを着てやってほしいみたいなんです。

 私はちょっとバカバカしいかなと思いましたが、私も結構興奮しましたので、まあやれっちゅう事ならやりますがな。「また、わがまま女になりおったか」言いながら、尻っぺたをひっぱき「どうせエアロビやる時は、股開いたりするやんか。そんな格好はまず亭主に見せんかい。」思いっきり恥ずかしい格好をさせます。

 まあ、そんなこっで最近亭主関白っちゅう事になってます。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.