★歌舞伎町で働いてみた話

 歌舞伎町の華!源氏名:レモン21歳163・48・80・57・83・23.5・友達の(紹介)彼氏の(借金)家庭の(崩壊)学校の(中退)
マンションの(家賃)生きるための(生活費)いろんなことが有り過ぎてたどり着いたのが此処の店。

 スカウトとかじゃない!友達が働いてたとこ紹介してもらった。お酒嫌いじゃないし楽しいことも好きだけど、そんな楽しいことばっかあるわけじゃないしノルマあるし、同伴ノルマがしんどい!アフターはノルマないけど、アフター付き合わないと同伴してもらえないから結局!



 いつでも都合の合う人ばっかりいないし、携帯握りしめてコールしまくってる。予定変更してきてくれるとやっぱ「気まずい」空気、一つ借りを作っちゃったみたいで心が重い。続けて同伴してもらった人だと完璧にアフター断りずらい。

 端的に言えば男はお金払って狙うのは女の子の「穴」だし、女の子は自分の割れ目を最後の砦として絶対守り抜きたい訳で、男と女の鬩ぎ合いけん制しあって時間になるまで焦らし作戦。狐と狸の化かしあい!

 しかも、ここは歌舞伎町街が街だし地の暴力団の人たちも、頻繁に来る此処のお店がそっち系の系列らしくて、株式会社にしてて
itヤクザらしい!そのヤァーさんで鮫島っていう人がいて、何人もの連れをいつも連れてて私を指名してくれた。

「ヤバッ気に入られちゃったかもっ」そっち系の人ってどこからどこまでが仕事なのかがわからなくて、毎日がぷータローみたいでどうしても同伴が捕まらない時に、鮫島さんのほうから電話してきたりしてた。

 よくよく、困ってたのでお願いしたりしてたら案の定アフターに誘われた。同伴頼むときに「アフター付き合ってくれる?」って交換条件のように言われると、絶対断れない店内ならお店に守られてるけど、1歩外に出たら普通の女の子。

 それに鮫島さんは必ず私の生足の内腿をさすりながら、お酒を飲む隙を見せれば中に手が入ってくる。鮫島さんの手を掴んでガードしたり立ち上がろうとしたときに、ミニドレスの上からマンコ触られたりおしりも胸も・・それだけにアフターが怖かった。

 連れてかれたとこは系列のスナックだという・・最初に出されて赤いカクテル「甘い!甘すぎる」それ飲んだらボーとして来て、フラフラにその時は真っ白のミニドレス、ノースリーブにスカート部分はフレアになってて、何度も股間を「むにゅ」てされたスカートの中に手が入って来て必死でガードした。

「トイレに行かせて」フラフラでトイレまでたどり着いて「絶対何か飲まされた」トイレから出たら、お付きの人に引き戻された男たちに囲まれて、鮫島さんの手がわきの間から胸触って来てもう抵抗する力がなくて、パンティの中にて入れられて、マン毛も割れ目も弄られてまぁ早い話ヤラレタのねぇ後ろから・・

 ズズズッって入って来て中に出されて、お付きの人にもヤラレタのよねぇ・・今お店を変えようと考えてるとこ、妊娠とかホント考えられないしぃ~


↓他のHな体験談を見る