Hな告白や体験談ブログ

女性のHな告白や体験談・男性のHな告白や体験談を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
Hな告白や体験談ブログ TOP  >  ◆男性の告白・体験談  >  おじさんの体験談 >  ★ギャル系の2人組が声を掛けて来た
★18歳未満の方は閲覧禁止★
当サイトは18歳未満の方の閲覧は禁止です。即刻退席をお願いいたします。

★当サイトの問合せはこちら

★ギャル系の2人組が声を掛けて来た

『ねぇ、おっちゃんなんか奢って♪』コンビニ近くでジュースを飲んでると、ギャル系のミニ浴衣2人組が声掛けてきた。『おっちゃん?』とツッコミ入れようとしたらなかなか可愛い2人。祭りの深夜営業のパチンコでガッチリ買って気分良かったから『おぅいいぞ、好きなもん買ってきな』と1K渡すと『えっ?マジ?』と逆に聞かれた。

 笑顔を返すとそのままコンビニに入っていた。少しすると出てきて隣に座ってきた。2人で『いただきまぁす』といってジュースとオニギリを食べ始めて少し談笑。JK1で今日明日休みだから騒いでいたんだそうな。で、ハイな気分と見た目優しそうな俺に冗談半分で声掛けたんだと。
 歩道の段差に俺らは腰掛けてるから、前を通る男達のは二人の下着をチラチラ見ながら通ってた。ふつーのトーンで『下着見られてるぞ?』というと二人そろって『見られて恥ずかしくない下着だから大丈夫。

 キレイな勝負下着だし♪笑』『誰と勝負するのさ?笑』『勝負する相手はいないよ♪笑』と3人で爆笑ーーさぁてと言いながら立ち上がると『帰るの?』と聞いてきた。『どうする?』聞き返すと一人が手を握ってきて『遊びたい♪』てことで3人でゲーセンへ。

 プリ撮ったり音ゲーしたりしてはしゃいでいると下駄を履いてる子の紐が切れてしまった。しかたないのでおんぶして場所移動。
背中にそんなに大きくない胸の感触、顔のすぐ後ろから甘ったるい香り、抱える生足の感触。一気に女を意識してしまった。

 それを知ってか知らずか靴を履いてたもう一人の子が『疲れたぁ」と言い出してきた。冗談で『じゃぁ帰るか?泊まるか?』と聞くと、間髪入れずに『泊まるっ♪』一瞬びっくりしたが、まぁいっかと思い広めの風呂のあるラブホへ。

 部屋に入った瞬間さっきの疲れた顔は何処へやら、一気にテンション上がって部屋探検して二人で風呂場へ向かって入浴開始!曇りガラスの向こうでシルエットだけ見ながら二人が騒いでる様子をみてると、『お兄さんはぁ?入らないの?』の声。

 誘われたんなら大人の男を見せつけないとダメだなと思いながら『湯加減どうだ?』とのぞき込むと泡まみれの二人。半勃起状態のモノを隠さずに中に入ると泡まみれの手で洗ってくれだした。『やっぱおっきいなぁ』とかいいながら洗ってくれる二人の胸、特に乳首を集中攻撃すると小さい胸からしっかりと自己主張してきた。

 その手から逃げるように体をくねらせる二人に腕と体で押さえつけて強めに摘んでやった。両方から『あっ!んっ!あんっ!』バスルームで響いてくる。いきなり激しいのはと思い、休憩がてらふたりの泡をなしてやるついでに感度チェック♪ショートカットのユイはスポーツしているのか引き締まった体のAカップ。

 後ろからやさしく胸を撫でてあげるともたれ掛かってくるようにしてくる。下のお口を触ると、声は出さないけど吐息が『はぁはぁ♪』腰もピクンピクン動いてくる。茶髪のアップ髪のアキコも細身だけどユイとは違う筋肉の少ない柔やわの体つき、胸はDくらいあるかな。

 胸を同じように揉むと『アンっ!やっん~!』と逃げようとする。自然に力が入ってしまい強く揉むとあえぎ声が大きくなる『コイツMだな?』と確信しつつ、下を確かめるとすでにトロトロ。いきなり指を入れると『あっあああーっんっ!』大声を上げてきた。

 ユイを呼んでアキコのクリを舐めさせると『イヤァァッ!イッイ…』と脱力しイったようだ。アキコを横にしてユイを抱き寄せると『私もああなっちゃうの?』不安そうなユイに『怖い?』と聞き返すと『少し…』『優しくするから大丈夫』と声掛けると座位の形で抱きついてきた。

 ゆっくりキスしながら頭撫で、胸を撫でるように揉んであげると腰がかすかに動いてる、そこに俺のモノを素股状態にしクリに当たるようにして上げると、ぎこちない腰の動きながら擦り付けてきた。唇がひりひりするくらいにDキス続けた頃にはユイのローションで十分にトロトロになっていた。

 ユイの目をみて腰を抱え上げながら『入れるよ。』と聞くと不安そうな目で頷いた。あてがってゆっくり入れていくと『はぁ~おっきすぎるぅ。っんぅーん♪』さすがに全部はいる前に奥に到達してしまったが、ゆっくりストロークしてあげると、首に抱きついてきて必死に耐えてるようだ。

 痛いのではなく快楽に。耳元で小動物系の鳴き声のような声でキャンキャン喘いでいる。しまりは強烈なのだが、後から溢れるくるから逆に気持ちいいくらい。数分でユイは力が入らなくなりアキナの横に寝かせて正上位にして一気に激しくして上げると『あっ!イヤッイヤッ!コワイッ』更に振り続けるとギューッと音がしてきそうなくらいの締め付けで俺もイキそう。

 抱きしめながらキスしてラストスパート♪『イヤァァァ!落ちるぅッハァ…ッッ』体が痙攣してイってしまったようだ。俺もギリギリ腹出し。抱き合って落ち着くとユイが『あっ…ハァ私まだだから中でも良かったかも』『えっ?』『あっヤバッ!…実は私達C1なの』『まじ?』『うん♪』気を取り戻したアキナが『ねっ次は私の番だよ、しようよ♪』

 その日はサービスタイムフルでやりまくりでした。若さの回復力は恐ろしいです。二人におこずかいに5Kづつあげてアド・電話教えあいました。そからはちょくちょく家にきてます。制服姿で萌えます。同年代の大きさじゃ満足出来ないそうです。

↓他のHな体験談を見る

[ 2015年10月30日 20:45 ] おじさんの体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

musyuusei動画無料
大人のオモチャ
カテゴリ1
ハッピーメール
ハッピーメールバナー