悪オヤジの企みで愛人を子供の嫁に

 今年還暦を迎えるオヤジだ。15年前に女房を亡くし、一人息子を育てながら、若い娘を愛人にして性欲処理をしてきた。一人息子は大学時代に水疱瘡とおたふくかぜをやらかしたのが原因なのか無精子症と判明、26歳のときに勢いで結婚した最初の嫁に僅か1年で三行半を突きつけられてしまった。

 俺は、息子にある提案をした。「人生、伴侶がいた方がいい。俺の愛人に可愛い女がいる。彼女と結婚して、俺が種付けするからお前の子供として育てて家庭を持て。」俺は、俺と結婚したいと言い出してきた当時24歳の愛人にこの話を持ちかけ、29歳の息子と引き合わせた。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

「オヤジ・・彼女、篠田麻里子にソックリで可愛いな・・」俺は、似ているからと愛人が意識して色々真似ていたから篠田麻里子を知ったのだが、息子は初めから知っていたようだから知名度はあるのだろう、これから息子の嫁は麻里子と呼ぶことにする。

 麻里子の結婚の条件は、1.夫婦のセックスだけじゃなく、出産後も俺との愛人セックスを認めることと、2.専業主婦でいさせること、の2点だった。息子29歳、麻里子24歳、俺56歳で3人暮らしが始まった。夜な夜な息子に抱かれる麻里子の喘ぎ声が聞こえた。

 中出し精液に精子はないが、息子は可愛い麻里子に惚れていた。週1回、麻里子は俺に抱かれにやってくる。ロートル黒チンポをおいしそうにしゃぶる麻里子は母子家庭、その母親とも二十歳のときに死別し、寂しさの隙間を俺が埋めてやったのが始まりだった。

 麻里子は俺を「お父さん」と呼んで抱かれていたので禁忌な興奮が味わえていたが、今は同じ発音でも「お義父さん」なので、更に後ろめたさが楽しめていた。昔は痛がっていたが、すっかり虜になったらしく、俺は麻里子のクリをチューチュー吸って包皮を剥いて腫れさせて、一度クリ吸い舌先弾きで逝かせてから、黒チンポで麻里子の生膣を味わっていた。

 俺は年だから、一度射精したら数日溜めないとできないので、息子のような激しい交わりはできないのだ。一度逝かせて敏感になった麻里子を黒チンポで優しくマッサージしてやると、10分、20分、俺には穏やかな快感が続くが、一度逝った麻里子は、もう一度逝くには刺激が少ない焦らしのセックスになり、アクメ欲しさに淫らな姿をさらけ出していくのだ。

「ああ~早くトドメをさしてぇ~、逝きたいのぉ~、あっ、あっ、あああ~~・・」それは、可愛い若妻が見せる覚えたばかりの快楽ではなく、下劣ではしたない欲情むき出しの姿だ。膝を両手で掴んでガバッと拡げて結合部を全開にして、淫らなブチュブチュ音を伴いながら淫汁を噴き出し、膝を掴んだ手を揺さぶって腰を暴れさせて、黒チンポの摩擦を膣壁で感じようと淫乱を発散させていた。

「あううーあううー、早くぅ、逝きたいの、出して、精液出して、孕ませてぇ~」俺はわざと気付かない振りをしているが、俺の寝室に仕掛けられた3台のCCDカメラを通して、息子が、自分の嫁が父親に屈辱的なほど淫らな種付けをされている様子を覗き見して興奮しているのは知っていた。

 だからこそ、ピンクのエプロン姿でキッチンに立つ24歳の可愛い純情そうな若妻の営みとは信じられないような、人一倍恥ずかしい姿を見せ付けたいのだ。挿入して30分、焦らしに焦らして腰を振るのだ。「あひぃーあひぃーあ、あ、あ、あ、いいいぎぃ――」

 一週間溜め込んだロートル種汁を、麻里子の膣奥深く注ぎ込むのだ。あられもない姿で白目を剥いてぐったりする麻里子の膣穴から、大量のロートル種汁がこぼれ出す。今年還暦を迎えた俺は、33歳の息子と28歳の息子の嫁の麻里子、そして間もなく3歳になる孫娘と4人で幸せに暮らしている。

 そしてこの夏、麻里子がもう一人孫を生む。息子と二人の孫は俺の実子だが、戸籍上は息子と孫だ。孫娘の顔は息子にも麻里子にも似ているが「おじいちゃん系が強いみたいだね。」と言われるが、亡くなった女房にはもちろん似ていないのは当然だ。

 息子は、異母妹の娘を本当に可愛がっている。麻里子が出産を終えたら、もう、麻里子を抱くことはないかもしれない。子供も2人いれば十分だろう。そろそろ麻里子を息子だけの女にしてやらねば・・


↓他のHな体験談を見る