.
.
.
.
.

★思い続ければ叶う3P

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/10/09(金)
 35歳位から妻に3Pの誘いを掛けていましたが拒否され続けられていました。年に数度その話を持ちかけますが、やっぱりノ―でした。その妻が6月に40歳になってしまいました。すると、ねえ、あの話もう諦めたの?と言うんです、あの話ってと聞き返すと、ウフッ3Pとかなんとか言ってたでしょうと言うんです。

 なんだ急にと言うと、いいわよ、その話と言うのです。えっ3POKか?と聞くと、少し照れながら、ウンと頷くんです。どうして今頃と思ったんですが、どうやら身体ものラインも崩れ、私の願望を叶えられるギリギリだと思ったらしいのです。それともう一つ、妻も刺激を欲しがってるようなんです。
* マンネリの夫婦生活の刺激になればとOKしたんです。妻がOKしたのは良いのですが、相手に困ってしまったんです。絶対秘密じゃないといけないんで、友人、知人ではまずいんです。妻も、知ってる人は嫌やの条件なんです。

 出来れば、自分より年下が良いと言うのです、自分の容姿も忘れて贅沢な望みです。条件に叶う相手も見つけられず、盆休み二人で温泉に出掛けたんです。妻には、スケベな男に視姦させたく 以前刺激用に買った デニムのミニを持参させました。これを穿く時は必ずTバックの下着を穿くんです。

 行き先々の観光地、景勝地を見学しながらの旅行です。そんな私達と偶然にも同じ所をバイクに乗った若者二人が居たんです。妻が、ほら、あの人達さっきの所でも見たよねと言うんです。どうやら彼達も観光地を回ってるようで、バイクのナンバーを見るとやはり他県ナンバーでした。

 私が、トイレに行ってると、なんと妻が その二人の若者と話してるんです。彼らも私達同様 存在に気が付いて話掛けて来たそうなんです。私が来ると、元気よく挨拶するんです。二人は大学生で夏休みの旅行でした、一人はこちらの出身で友達を案内がてら連れて来たそうで、自分の家に泊めるそうなんです。

 なんとく良い雰囲気になり 二人にソフトクリームをご馳走して上げました。すると、地元の子が、お礼に景色のいい所があるので ご案内しますと言うのです、あまり誰も知らない展望所があると言うのです。妻が、行って見たいと言うので、彼らの後を付いて行く事にしたんです。

 しばらく走ると、山道でした、舗装はしてあるのですが、狭い道でした。すると車数台が停めれる駐車場があったんです。バイクを降りると、車はここまでです、後は歩きで10分ですと言うんです。せっかく来たのですから、歩いて行く事にしました。すると、奥さんの靴ではちょっとと言うのです、ハイヒールとまではいきませんが 少し登り辛いと言うのです。

 私は、大丈夫、着替えも靴も持って来てるからと言ったんです。いいチャンスが巡って来たんです、あのデニムミニを若者達に披露させてみたくなったんです。妻に、いいだろう、あのミニに穿き替えてもと言うと、ええ~恥ずかしいよ この歳で、二人に変態と思われると言うのです。

 私が、旅の恥は何とかと言うだろ、今日会っただけで明日からは会う事も無い 他人だよと訳の分からない説得をしました。すると分かったは 着るわ、下着もあれ?と言うので、そうだねあれだねと言いました。

 二人に今から妻が着替えるから ちょっと先で待っててくれないかと頼みました。二人は、その先で待ってますと言って歩き出しました。急ぎ、着替えを済ませると 本当に短いんです、数年前より太ったせいもあり、余計短くなってるんです。ムッチリな太ももは半分以上露出なんです。

 妻が あれも?と聞くので、そうTバックだよと言いました。上は少し透けた白のブラウスでブラが透けて見えています。底の平らな靴に履き替え 彼らの待つ場所に歩き出しました。妻が坂道で後ろから見て どうなってると言うので、見ると、もう尻の丸みが見えそうでした、少し屈めばエッチなパンティまで見えてしまいそうです。

 私は、大丈夫、思った程でも無いよ、気にしない、気にしないと嘘を言っておきました。彼らに追い付くと、オ~奥さん、いきなり若返りましたね、二十代でも通用しますよとお世辞を言うんです。まあ、若いのにお上手ね、これでもアラフォ―よと正直に言うんです。

 嘘でしょう、僕達てっきり三十代前半だと思ってましたと、またまたお世辞なんです。四人大笑いですっかり妻のデニムミニで和みました。10分程で頂上に着いたんです、360度 見渡せる景色の良い所でした。芝生に座りしばし休憩です、冷たい飲み物を二人に渡すと 喉が渇いてたのか一気に飲んでしまいました。

 私は皆で写真を撮ろうと言ってデジカメを出すと 二人が妻を囲むような構図になったんです。それを見ただけで何やら興奮をしてしまったんです。妻と二人の若者がと想像してしまったんです。内心、こんな四十のおばさんを相手しないよなと思ったりもしたんです、妙に興奮してしまいました。

 さあ撮るぞと言うと、なんと二人が妻の肩に手を掛けたんです、照れ笑いを浮かべる妻も嬉しそうです。すると僕の携帯でもお願いしますと言って渡すんです、そこで思い切って、もっと大胆にいいよと言ってみたんです。エッと顔をしながらも ニコッとするんです 意図が通じたようです。

 彼の携帯のシャッターを押す寸前です、二人は妻の頬にチュッとキスしたんです、急いでシャッターを押しました、妻はキャーと言って後ろへ そっくり返ったんです、照れと恥ずかしさからです。すると彼らの目の前にエッチ下着が丸出しになったんです、Tバックを忘れてたんです。

 奥さん、凄いですね、こんな下着だったんですかと二人も興奮気味に見てるんです。私が、ミニの時はいつもだよと言うと、ごめんね変な物みせて笑わないでねと言うんです。二人は、いいえ奥さん色っぽいから全然変じゃないですよ、同級生の女の子より全然奥さんの方が興奮しますと言うのです。

 前を押えて隠す妻に、それだけ誉められたんだから、もっと見せて上げなさいと言ったんです。二人の若者も よかったら写真撮らせて下さいと言うんです。妻も興奮気味で、こんなおばちゃんでよかったら撮っていいよと言ったんです。私が、君達が好きなポーズでいいぞと言うと、ありがとうございますとピョコンと頭を下げるんです。

 二人は、カメラマン気取りで 奥さん この木に手を付いて後ろを向いて下さいとか言って妻のパンチラを撮っていました。次に奥さんブラ外して下さいと言うんです、透け乳撮りたいと言うのです。私を見て妻が了解を目で求めるんです。私が頷くと、後ろ向いてブラを器用に外したんです。

 それじゃこっちを向いて下さいと言われ振り向くと スケ乳が見えました、乳首が黒ずんでいます。次に、ミニはダメですかと聞くんです、妻が、ごめんなさいこれだけはと言うんです。すると、下着は?と言うので、私が、脱げ脱げサービスサービスと言ったんです。

 少し辺りも暗くなって来たんです、さあ脱いで二人にサービスしてやれよと急かすと、モ~三人ともエッチなんだからと言いながら下着を脱いだんです。さあ脱いだわよ、今度はどのポーズと妻も居直り気味に言うんです。すると 奥さん四つん這いになってこっちにお尻をと言うんです。

 妻が、そう言うと思ったわ、男の好きなポーズだもんねと言いながら、そのポーズを若者の目の前でしたんです。脚の間から黒ずんだマンコと 少しイボのあるアナルが丸出し丸見えになったんです、マンコからは透明な愛液が滲み出ていました。

 二人は黙ったままシャッターを連写していました。本当は二人とやらせたかったんですが場所が場所だけに 携帯番号を交換してそこまでで終わりました。旅館で妻に、彼等とならセックスまで出来たよねと聞くと、興奮しちゃった 今でも出来るよあの二人ならと言うのです。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.