.
.
.
.
.

★エロ冗談がまさか現実になるとは

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/10/05(月)
 ウチは結婚して5年になる20後半の同級生夫婦です。私は某大手に勤めるサラリーマンで、妻は出産を期に主婦業を勤めています。元々男性経験は少なく、私が3人目の男でした。同級生だった私達は二十歳の同窓会をきっかけに交際。23歳で妊娠を期に結婚しました。

 学生の頃の妻は小柄な割に胸が大きく(Eカップ)ベビーフェイスで周りの男子生徒からもモテモテでした。そんな妻を射止めた私。自慢の可愛い妻です。ある日学生の頃の友人が○○ちゃん(妻の名前)とどんなセックスをしてるんだ?とか、喘ぎ声はどうなんだ?下の毛は薄いのか?など、執拗に妻の事を私に聞いてきます。
* 私もその質問に半分冗談、半分本気で答えていました。二人共、軽く酔っていたせいか、その話で場が盛り上がり、冗談のつもりで友人に「じゃあ、今度ウチにコソッと覗きにくるか(笑)?」と、言ったところ「絶対!行く!な?な?いいだろう!

 絶対○○ちゃんにはバレない様に覗くから!な?頼むよ!」と必死にすがってくる友人に、今更、冗談。とは言えない状況になり、私自身 妻の裸を他人に見せたい。という願望があったので「分かった!絶対バレない様に覗けよ!」と念を押し、

 早速だけど今からウチへ行こう!という展開に。内心、心臓が飛び出そうな位ドクドクと高鳴るのを必死に平静を装い(バレたらどうしよう…、友人に妻の裸を…)等と色々想像が膨らみ、いざ自宅へ。事前に妻へは今から○○とウチで飲み直すから!と伝えていたので、(私も○○とは2年ぶり位だから、いいよ~)快く友人を招き入れてくれました。

 3人で昔話に話しが盛り上がり、酒もいつも以上に進みます。(妻を酔わせれば、友人に覗かれても気付かれない)友人も空気を察してか、妻を盛り上げお酒をグイグイ進めます。

 元々酒が強くない妻はすぐに酔いました。途中、妻がトイレへ立ったスキに友人と軽く打ち合わせを済ませ「内容は・・リビングに友人の布団敷き、私達夫婦は子供と別の部屋に寝る。途中、物音がバレない様に音楽をかける→酔った妻を目隠しし、ワザとドアを軽く蹴る。

 それが覗きOKの合図」いざ!実行へ! 妻がトイレから戻ると、ワザとらしく、○○、もう寝たら?と、軽く挨拶を交わし、予定通り妻を寝室へ。酔った妻を全裸にするのはさほど難しくなかったが、愛撫を始めると「ダメだよ~、隣に○○君寝てるんだから!バレたらどうするの」と軽い抵抗はあったが、

 無視して愛撫を続けると、んっ…あっ…と声を圧し殺し、あえぎ始めました…いつもより長めに愛撫すると妻もすっかり警戒心がなくなり、始めは被っていた布団も押し退け、ベッドの上には全裸の私と妻…「くわえて…」小さな声で私がお願いすると、コクッと頷き、私の下半身へ…途中、準備しておいた目隠しを差し出すと、素直に装着しフェラをつづけました。

 そこで、友人への合図であるドアを軽く当てるように蹴りました…しばらくすると、隣の部屋から恐る恐るドアを開ける友人の姿。。アイコンタクトで全裸で必死にくわえ続ける妻を四つん這いにし、友人が覗く方へお尻を向けさせました…私はビンビンに硬直し、妻の頭を掴み激しく上下させました。

 友人は私にグッドのサインを出し、妻のパックリ開いた下半身をジッと眺めています… あまりに興奮した私は、妻に「○○に触らせてもいい?」と、聞くと妻は、黙って、コクッと頷きました。訳も解らないまま覗きに必死の友人を手招きし、妻のアソコを触らせたのです。

 小声での私達の会話を息を殺して聞いていた友人は私の方を見ました。私はジェスチャーでおま○こ触れ!と指示しました。友人も一瞬ためらいましたがドアを大きくコッソリと開け、妻へ近づきました。 気配を察知したのか、妻の鼻息が少し荒くなるのが分かりました んっ!ぅんっ!とチン○をクワえながら妻が喘ぎ始めました。

 見ると、友人が四つん這いになって丸見えのアソコに顔を埋めて顔を上下に激しく動かし妻のを味わう様に舐め回しています。 なんとも言えない光景に嫉妬とも何とも言えない衝動に刈られた私は「S心」に火が着き、妻の頭を激しく上下に動かし、喉の奥までクワえさせました…暫くして、イキそうになったので妻の頭を持ち上げ、

 キスをしながら、耳元で「○○のも舐めてあげな」…と言うと、一瞬首を横に振りましたが、顔を友人の下半身の方に向かせると、友人は焦った様にしながらズボンを下げ、チン○を妻の顔の前にさらけ出しました…勿論、始めて見る友人のアソコでしたが、既にガマン汁で亀頭が光り、一目で私より遥かに大きく反り立っています。友人はその太くて長いビンビンのモノを妻の口元へ差し出しました…

 すると妻は一瞬ためらいがちに友人のチン○を口でクワえこみました…ひたすら無言でいやらしくしゃぶる音だけが聞こえてきます… チュパチュパ…… 友人は「あぁ~幸せ~…スゲー気持ちいいよ~!」と言いながら私と同じ様に頭を掴み上下に動かし始めました。

 私は無防備になった妻の下半身をじっくりと責め、時には指を挿入し、喘ぎながら友人を必死にくわえる妻を楽しんでいました… 今までに無いような激しい濡れ方に「気持ちいいの?興奮する?」などと、聞きながら「どう?…入れて欲しい?」と、意地悪く聞くと 首を縦に振りました。

 私はバックから大きくなりっぱなしのチン○を突き上げる様に挿入しました。妻も思わずくわえていた友人のチン○を口から外し「アッ!」と大きな声をあげました 更に興奮した私と友人はサンドイッチ状態の妻を二人で激しく虐め、私が「絶対にチン○を離したらダメだよ!」と言いながらバックで激しく突き立てました。

 妻は途中途中ガマン出来ず何度か友人のチン○を離しては「アッアッ」「いい!」「もっと虐めて下さい…」と、すっかりドMモードになっています…パンパン…パンパンッ…と暫く突き立てた後、叩いた事もない妻のお尻を二度三度平手打ちしました…すると、妻の口から「もっと…」と思いがけない言葉にイキになり、チン○を外すと、友人が私を見て「いい?」と小声で聞いてきました。

 日頃コンドームを使用しないのでウチにはコンドームはありません。しかし場の雰囲気、流れで「いいよ」と思わず答えました 友人は変わらず太い肉棒を妻の顔から離すと後ろへ回り、妻の丸く突き出たお尻を軽くなでながら太いソレをパックリ開いたアソコへゆっくりと挿入しました。

 いつもと違う感触に目隠ししている妻も気付いたのか更に大きな声をあげ「アッ~」「ウッ~」とあえいでいます。…友人は妻を仰向けに寝かせると、膝を抱えさせ、ワザと私に見えるように妻を突き立てています。暫く、友人と妻の行為を隣で眺めていると、友人が妻の顔に口を近づけ、私の目の前で舌を入れてディープキスを始めました。

 妻もそれに乗って舌を出し、いやらしく舌を絡めています。…興奮しきった友人は「アッ…イキそう…限界近いょ…」と言うと、妻は「いいよ…イって…」と言っています  友人が「ドコに出して欲しい…」聞くと「お顔に出して…」と言いながら、又更に激しく舌を絡めてキスをし始めました。

 あまりの光景に二人の様子を見ていると友人が「イクよ!イクよ…」と言うと、素早く妻の口元へ愛液でベトベトのチン○を出してシゴいています…妻は目隠しで見えないにも関わらず、チン○があるのを察してか、口を大きく開け、友人の精子を待ち受けています…「アッ!」と言う声と同時に友人から大量の精子が妻の口へ入っていきます。

 全部、出し終えたのか友人が、開いたままの妻の口へチン○をねじ込み、ソレをキレイに舐め取るかの様に妻も舐めています… 友人は疲れきった様子で妻の手を握り、「気持ち良かったょ」…とキスをしています。私は嫉妬心と愛らしい妻に激しい愛情を覚え、友人の汗と精液で汚れた妻を抱き締め…ズポズポに濡れたアソコに私のを埋めました。

 私は友人に見せつける様に思いっきり中出ししました。次は友人と妻二人で合わせる予定です。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.