★隣家の女の子と昼下がりのSEX

-
ブログ管理人
 夏休みの昼下がり。木戸を開けて隣家の由美ちゃん(21歳)が庭を通って僕(17歳)の部屋の前に来た。由美ちゃんは、Tシャツにホットパンツ姿で素足にサンダルをつっかけているだけ。Tシャツの下はノーブラ。乳首がつんとつきでている。よく見れば乳輪もすけて見える。

 ホットパンツの一番上のボタンは外れていた。ジーパンを丁度股のところで切った感じで、股上も短い。僕はといえば、ランニングシャツに短パン、短パンの下はブリーフをはいていた。由美ちゃんは、サンダルを脱いで僕の部屋に上がった。

「なおちゃん。上がるわよ。」窓際のベッドに由美ちゃんが座る。僕も由美ちゃんに促されてベットに座る。僕の股間はすでにテントを張っている。由美ちゃんがそれを優しくさする。そして僕の手を胸に導いた。

 ちょっと抵抗すると「わたしとじゃ嫌?」と由美ちゃん。僕は無言で大きく首を横に振る。唇を吸われ力が抜ける。吸い付き返すと舌をおしこめられた。もう、どうにでもなれ!!というような天にも昇るような快感が全身を走る。

 お互いに下のものを脱がし合う。いつの間にか全裸で絡み合う二人。唇が離れたとき「どうすれば、いいの?」と僕「わたしにまかせて。好きなように触って。」と由美ちゃん。まだ、一部皮をかぶっているペニスを由美ちゃんに握られた。

 凄い快感!!由美ちゃんのヌルヌルした太股にそれをはさまれ、思わず腰を前後に動かす僕。由美ちゃんが少し姿勢を変えた、そのとき、ツルッとペニスの先端が滑った感じ。ジーンとせまる快感、ペニスの先端がざらざらした粘膜に擦られる。

 高まる快感。由美ちゃんがハアハア言いながら薄目をあけて僕を見ている。
「なおちゃん。気持ちいい?」
「うん。とっても。なんか、もう出ちゃいそう!」
「そう。そしたら・・我慢しないで・・だ・し・て!!」

 動きをはやめ、何ともいえないエロティックな声を出す由美ちゃん。その声に誘われるように急激に高まる快感。
「ゆ、ゆ、由美ちゃん!!だめ!もう、出そう!!」
「我慢しないで。出して。おもいっきり、出して!!」
「あ、あ、あ、で、でるぅぅ!!」
「い、いい。いっちゃうぅぅ!」

 深く結合したまま床にころがる。フローリングが冷たく心地よい。互いに横向きで股間をぶつけ合うように動くと、再び快感の脈動が訪れた。もう由美ちゃんの虜だった。二人が体を離したとき、夕日が山陰に沈みかけていた。


↓他のHな体験談を見る


HOMEへ戻る
ブログ管理人
Posted byブログ管理人