.
.
.
.
.

★義父でしたが久しぶりに入れられて

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/09/07(月)
 去年の10月に夫が癌で亡くなって3か月後の1月、私は亡夫の実家を出ようと思いました。義母も3年前に癌で亡くなっていて、家にいるのは義父と二人だけでした。亡夫の四十九日が済んだ12月ごろから義父の私を見る目つきが変わってきて、私は年が明けてから義父に、家を出てマンションに住もうと思いますと言いました。

 すると義父は「奈津美さんはまだ28歳だから、これから再婚できるだろうが、相手の男が見つかるまでこの家にいてくれ」と言われました。私はパートで病院の受付兼事務員をしており、義父は会社を定年退職したばかりでした。それから1週間ほど後の土曜日の夜、自分の部屋のベッドに入って間もなく、義父が部屋に入ってきました。
* 私はびっくりして起き上がり「お義父さん何ですか」と言いました。義父は私に抱きついて「奈津美、オレはもう我慢できない」と言って私に覆いかぶさりました。義父の力はとても強くて、私は「お義父さん、やめてください」と言ったけど、パジャマを上下とも脱がされてしまいました。ブラはつけていないので、あと身につけているのはパンティだけです。

 乳房を握られ乳首を吸われて、私は「あぅっ!」と呻きました。すぐにパンティも脱がされてしまい、私は「いやっ、ダぇーっ」って言ったけど、義父は「奈津美、オレは奈津美が好きだ」と言ってアソコに指を入れてきました。「あぁーっ、ダメぇっ」と言ったけど、アソコの中を2本の指で掻き回されて、私は喘ぎました。

「ほら、すごく濡れてヌルヌルじゃないか」と言われて、太腿を大きく開かれ、アソコにおちんちんを押しつけられました。「いやぁっ、ダメぇっ」と言ったけど、太いおちんちんをズブズブッと奥まで差し込まれてしまいました。

 乳房を揉まれながらおちんちんを出し入れされて「奈津美のおまんこ、長い間使ってなかったから、すごく締まりがいい」と言われて、私は何も考えられなくなって、突き上げてくる快感に身をまかせてしまいました。

 義父のおちんちんは亡夫のものより太くて長いうえに、半年以上もおちんちんを受け入れていなかった体は一気に燃え上がってしまいました。私は義父の体にしがみついて大声で喘ぎ、悶え、絶頂へいきました。そして2回目の絶頂へいった時、義父も「あぁっ、我慢できないっ」と言って射精しました。

 膣の奥深くに放出された精液が子宮までドクドク入ってくるような感じがして、私は物凄い快感とともに意識が薄れていきました。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
人妻NET
割り切っておつきあい出来る相手を探しています。
参加・ご利用完全無料
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
セフレゲット
セフレを探している方にお勧めな支援サイトです。
サイト利用料金一切なし
恋ナビ24H
神待ち(家出)の女の子の投稿書込みが多いサイトです。
登録は無料です。

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.