.
.
.
.
.

★田舎の祭りの夜の出来事

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/09/03(木)
 その日は、村の鎮守祭の日でした。父は世話役だったので、夕方から家にはお客さんが出入りして、お酒や料理を振る舞い、とてもにぎやかでした。夜中におしっこがしたくなり、目を覚ましました。ふすまの間から光がもれ、ボソボソと話し声が聞こえるので、まだ、お客さんが居るのかな)と思いました。

 部屋を覗くと、義孝君(同級生)のお父さんがまだ、お酒を飲んでいて、その横で母がお酌をしています。膝をくずし寄り添っています。父はテーブルの向こうで、大きな鼾をかいて眠っています。小声で話す二人、そして母の含み笑い。子供ながら不穏な(あやしい)雰囲気を感じました。
* そんな思いも束の間、おじさんは母を抱き寄せると、口移しでお酒を飲ませました。母はいやがりもせず、甘えるような仕草で口に含みました。 (私は目を見開き、息を呑みました)さらに、おじさんは母の胸元を開いて、母の大きな胸をつかみました。

 母は少し、イヤイヤするように、肩をゆすりましたが、すぐに鼻を鳴らして、されるがままです。「常男さん、ねえ、お父ちゃんが起きたら・・たいへんだよう・・」「大丈夫だって、あれだけ飲みゃあ、しばらく起きちゃこねえって・・」

 おじさんは母のスカートをまくって、股間に手を入れました。そして、母の下着を膝まで引き下げると、さらに奥まで手を伸ばしました。二人は、父の様子をうかがいながら、せわしなく体を寄せ合っています。

「みっちゃん、どうだ・・なぁ・・ええべぁ・・」
「・・・・」
「いやなら・・やめるど・・」
「・・・・」
母は険しい表情で、声を押し殺していましたが、辛抱しきれなくなったのか、小声で何か囁きました。

 おじさんは意を得たようにニヤつき、母の下着を抜き取りました。そして、座布団の上にあぐらをかくと、母を抱え、またがらせました。母はおじさんにしがみつき、せつなそうにお尻をゆすっていました。

 そんな二人の秘め事など知る由もなく、父は高鼾です。私はそっと布団に入りました。しかし隣の部屋からは、いつまでも母のくぐもった声がもれてきました。「早く終わって、帰って!」と心の中で叫びました。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
人妻NET
割り切っておつきあい出来る相手を探しています。
参加・ご利用完全無料
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
セフレゲット
セフレを探している方にお勧めな支援サイトです。
サイト利用料金一切なし
恋ナビ24H
神待ち(家出)の女の子の投稿書込みが多いサイトです。
登録は無料です。

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.