.
.
.
.
.

★駅前で声を掛けられ好奇心で連いて行きました

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/08/12(水)
 私、近所のお菓子屋さんでバイトしているJKです。妹も同じお店でバイトしています。先月夏休みに初めて援Hしてしまいました。曜日に渋谷に買い物に行ったところ、駅前で声を掛けきたお父さんくらいの年齢の男の人がいて

「テレクラの女の子?」
「えっ?違います。」
「格好が似ていて。ごめんね。」
「あっ、いえ。」
「ひとり?」「はい。」
「よかったら、どう?」
そう言って太い指を2本、私にだけ見える様に。
*「はい?」
「2でいい?ちゃんとゴム付けるから。」
「そんな・・」
お父さん位の年齢のその人は180cmほどの大きさで、結構ガッチリタイプの男性。日曜日なのにスーツ姿でした。

 逆らうと怖そうな感じ。それに男性経験は一応あるけど去年大学生にナンパされて、その一度きりだけ。男性経験が殆どありません。怖くて不安だったけど、その日は暑くて暑くて。特に用事もなくて暇でした。以前友達で援Hした子から話だけ聞いたことがありました。

「眼を瞑って2時間くらい我慢して、男の人に体だけ自由にさせてあげるだけ。それで、お金貰えるんだから結構ラクよ。」って言ってたっけ。好奇心も湧いてきて。小さく頷いてしまいました。男性は手慣れた感じ。近くのホテルに私を誘って手を引かれて入りました。

 汗だくで先に私がシャワー浴びてバスタオルで体を覆って出ていくと、男性は裸でベッドに座っていて。
「さっ。早く早く。」
「おじさんはシャワーは?」
「家で浴びてきたよ。さっ、こっち来て。」
隣に座ったとたん、おじさんはバスタオルを剥いで私に覆い被さってきました。

「君?年は?名前は??」私は少し怖くなり「あらきです。高校に通ってます」って答えるのが精一杯でした。「普通、下の名前を言うけどね。慣れてなくて可愛いね。」って笑われて分厚い唇で私の小さな唇を覆ってきました。

 ちゅっ。じゅるっ。ちゅちゅっ。おじさんの長くて太い舌で唇の割れ目を舐められて。息苦しくなって口を開けたらざらざらした煙草臭い大きな舌が口の中に入ってきて。じゅじゅっ。ちゅー。初めて経験する厭らしいキスでした。初体験の大学生は優しくキスしてくれましたが。

 友達の話を思い出して、私の上に覆い被さっている知らないおじさんの姿を見ずに、両目を固く閉じてじっとしている事にしました。そしておじさんは私の小さな乳房をしつこく唇で、吸い付いてきました。くすぐったかった。目を瞑って我慢するしかなかった。
暫くして今度は私の下半身に分厚い唇と長いざらざらした舌が触れてきました。

 しつこくしつこく、舐められているうちにじゅん、じゅんって感じの感覚が下半身に感じられて。「あっあんん、はぁん。」小さな声が出てしまいました。大学生との初体験には無かった感覚でした。本当に。下半身から、ぴちゃっ、ぴちゃって音が聞こえてきて
厭らしく感じました。

 そしておじさんの勃起を私の小さな口の中に。ツンって匂いがして生臭い感じでした。大学生の勃起は、そんな匂いはしなかったけど。おじさんは喉の奥まで入れてきて。大学生よりも太くて長くて。小顔で小さな私の口では限界でした。

 おじさんの陰毛が私の顔に当たってくるようになり、口の中では勃起がぴくぴくってしていてドンドン硬く膨らんできて。口の中には生臭い液体が広がってきました。これが我慢汁??「ぷはっ、げほぉ。」限界がきて吐き出しました。

「じゃ入れるからね。」コンドームをつけながら、おじさんは私の中に入ってくる準備をしてました。そして私の細い体に大柄でガッチリした男性の体が覆い被さってきて。私の下半身の中に、少しずつ、少しずつ勃起が入ってきました。

 大学生より遙かに大きな男性の勃起でした。少し痛くなり。でも目を瞑って我慢してました。ずんずんって感じで勃起を出したり入れたり。細身の私の下半身の中は、大きな勃起で充満されていて体中が大柄なおじさんの動きに支配されていました。段々と下半身の中が痺れてきて。

「あっあっあっあん。」って感じでおじさんの腰の動きに合わせる様に声が出ていました。分厚い唇とザラザラした舌で私の口の中が
充満されていて。少しコンプレックスのある小さな乳房も、大きな男性の手のひらで押しつぶされていました。

 おじさんは私を四つんばにして、後のほうから私の下半身に勃起を入れてきました。その時、すぱんっていう感じの音がした気がして。だけど下半身はおじさんの大きな勃起で満たされていて、じゅんじゅんって感じで痺れてきていて。気にする余裕がなくなっていました。

 ぱんぱんぱんっ。お尻におじさんの体が当たる音がして。その音が段々と大きく早くなってきて。私の下半身の中の勃起が更に硬く膨らんできて。おじさんが「うっ。うっっ。うぉおお」って唸った直後、下半身の中に暖かい液体が充満されてくるのを感じました。

「えっ?」オジサンは黙って私の腰を両手でしっかりと自分の体に引き付けていました。「ごめん。中に」「・・・・」私は下半身が熱く感じていて四つんばのまま体中、がくがくって痙攣していました。事の重大さに気づいて泣いてしまいました。

 オジサンは勃起を抜いた後私のアソコを丁寧にホテルのティッシュで拭いてくれました。「シャワーすぐ浴びれば大丈夫だよ。」「本当に?」そういってシャワーを一緒に。着替えてからおじさんが約束のお金をくれました。

「あらきさん、また会ってくれる?」それに答えないで、私は無言で足早にホテルを出て家に帰りました。晩御飯のとき、お父さんの顔が見れませんでした。私の後悔している夏休みの思い出です。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
人妻NET
割り切っておつきあい出来る相手を探しています。
参加・ご利用完全無料
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
セフレゲット
セフレを探している方にお勧めな支援サイトです。
サイト利用料金一切なし
恋ナビ24H
神待ち(家出)の女の子の投稿書込みが多いサイトです。
登録は無料です。

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.