女性を口説くテクニック・・3/8

女性を口説くテクニック・・3/8

3.第一印象について
 「第一印象」は、皆さんもご承知のようにすごく重要な要素です。たとえば、一流のビジネスマンの交渉の席では「出会った時の最初の30秒ですべてが決まる」という言葉が存在するぐらいです。当然、あなたが、誰に対しても、いつもと同じ格好、同じ振る舞い、同じ挨拶で最初の30秒を振舞ったとしても、女性によってあなたに受ける第一印象は様々でしょう。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

例えば、髪の毛が金髪であったとして「遊んでそう」「ワイルドだ」「今風だ」「フリーターかな?」と、いった風にです。では、どうすれば、第一印象をアップする事ができるでしょうか?

 それには、第一印象がどこからどういった要素で出来あがっているものなのかを知る事です。第一印象とは、その人のそれまでの経験や知識といった「既成概念」からくるものが大半です。すでに、はじめから、自分が持っている情報から判断し「第一印象」を決定つけます。

 これは、初めて会う人だけに言える事ではありません。例えば、職場において、毎日顔を会わせている人であっても、いつもと違う髪形で出勤してきたとします。すると「あれ!?」といった具合に、その日の第一印象は、今までとは違ったものを演出できるのです。

 「第一印象がその人の経験・知識」から判断されるという事は、ご理解頂いたと思いますが、それでは、その第一印象をよいものとする為に何が必要でしょうか?まず、ひとつは「相手に関する情報」です。

 例えば、相手の女性がまだ若い方で「社会人の人が素敵だ」と思っているなら、普段着よりも、スーツがいいでしょう。精神的な面の話で行くと「自尊心の強い女性」ならば、その人よりも少し地味な装いの方が、かえっていい場合もあります。相手の自尊心を尊重してあげるのです。

 逆に、友人、や知人に協力してもらい、情報を先に提供しておくのも一つの手です。仕事でのお付き合いならば、職場の職員を通じてという形で。「私は、会社で役員を務めています」「フリーターですが、将来、プロボクサーを目指してがんばっています。」ただし、間違ってほしくないのは、マイナスの情報は入れる必要がありません。また、プラスに働くとおもってあらかじめ入れた情報がマイナスに働く事もあります。

 例えば「僕はベンツを3台持っている」といったような事は、嫌味にしか聞こえない場合もあります。それなら、会ってから、会話の中でサラッと触れる方が高印象になります。

 このように書くと「情報を集める、予め提供するのは難しい」また「それでは、凡庸に使えない」という、お言葉が返ってきて、このテキストの主旨とづれてしまいますので「凡庸に使えるいい第一印象の作り方」をお伝えしておきます。

 あくまで、相手の情報がほとんど無い場合を想定して、一般的に女性がどういう経験・知識を持っているかをベースに、相手に警戒心を持たせない事、そして、悪印象を持たせない事に重点をおいてお伝えします。
 
 女性は、男性が思っているよりも警戒心を持っています。とくに、初めて会う時などはなおさら重要になってきます。すべてとはいかなくても、その警戒心を解く事が「いい印象」をつくるコツと考えて下さい。

 以下の事に気をつけて「第一印象を演出」して下さい。

■清潔感
 女性は、男性以上に汚いもの・くさいものに警戒心を持ちます。服装、靴、髪型、等、すべて基本は清潔感をベースにコーディネートして下さい。例えば、ボロボロの破れたジーンズは「ワイルドさ」を演出できるかもしれませんが、それいじょうに「不潔・汚い」というイメージを植え付けるリスクの方が高いでしょう。

 むしろ、第一印象は「清潔感」を演出して、次に会う時にそういったものを演出する方が「こういった面もあるんだ」とかいった風にプラスに働く事の方が多いです。女性は、ギャップに弱いですからね(笑)ブランドもので着飾る必要もありません。逆に女性のあまり好きでないブランドだった場合、逆効果にもなりかねませんので。

 香水等のつけすぎも当然、禁物です。そして、女性は男性よりも細かい所(例えば、指先、時計など)に目が行きます。逆にそういった自分への細部への配慮が女性への高印象を招くでしょう。せっかくスーツなどでビシッと決めたところで爪アカが溜まっていては意味がありません。

■さわやかさ
 「さわやかさ」というのは、なかなか演出しにくいものの様に思いますが、ようするに「笑顔」です。これも「清潔感」と同様に「黙っている無口な無表情な男らしい男」を演出してもいいのですが、逆の印象を持つリスクの方が高いでしょう。一番よくないパターンとして「私に好意を持ってもらってない」という女性の潜在意識に訴えてしまう可能性があります。

 女性は、心の底で思った事をなかなか口や表情に出しません。「笑顔」の演出は、逆に潜在意識に「私に好意を持ってもらった」と、訴える事となります。ただし「ヘラヘラ」とか「ニタニタ」は禁物です。「だらしない男、怪しい男」を演出してしまいます。「会釈を含めた軽い感じのちょっとした笑顔」これが、「さわやかさ」の演出です。

■あいさつ
 「あいさつ」は需要です。声に出してはっきりと相手に聞こえるように。男性の場合は少し、トーンを上げた挨拶がいいでしょう。「笑顔」と同様に、人間は好意を持った相手と話す時にトーンが上がります。これも、女性の潜在意識に好印象を植え付ける演出です。そして、特に日本人の女性は「人見知りする」のです。自分自身でそれを演出してしまっている女性も少なくありません。

 だからこそ、男性のあなたの方から最初に声を掛けてあげる事が重要になってきます。大半の女性は男性にリードされたいのですから。「?清潔感」と「?さわやかさ」との組み合わせで上手に演出してください。

 第一印象における注意点は、以上の3点です。「なんだこれだけか?」と思われる方もおられるかもしれませんが、これをどこまで突き詰めるかによって「第一印象の結果」は変わってきます。これは、初めて会う方だけでなく、普段接している方に対しても効果があります。

 上記の3点を明日からでも気にしながら、毎日、接してゆくと、かならず、女性のあなたに対する印象は変わってくるでしょう。「映画の良し悪しは最初の5分で決まる」という言葉もあります。最初の第一印象の演出というのは、その後の第二印象に大きく関ってくるものなのです。

女性を口説くテクニック・・4/8へ



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ