★お嬢様って結構淫らなんですね

 思いがけず、メールで知り合ったのは医者の娘であった。29歳だったが、x1でそれまでに2人の男しかしらなかったのだという。写真交換もしていて、美人であるのはわかっていたが、出会ってみると、思ったより華奢で色白で、お嬢様の品のよさがにじみ出ていた。

 メールのやりとりで、会う前日「本当のことをいうと、肌のぬくもりが欲しいの」といって来た。それまでは、そういった内容のメールが無かったので、ちょっと意外だったが、身体が寂しいのは明らかだった。



 早速イタリアンレストランで食事。これからのことをお互いに意識していたので、食はあまり進まない。腰のくびれ、胸の突起、ヒップのボリュームとも申し分ないお嬢様だった。胸元のアクセサリーが素敵で、色っぽかった。

 レストランをでた。「俺についてきてね。」そういうと「どうしようかな、こんなこと初めてだから」彼女はしきりに恥ずかしがった。初めて会う男性とホテルに入ることなどお嬢様としてはあるはずも無く、またあってはならないと教えられたことでもあった。

「自分で決められる女性にならないとね、でも今日はそれは無理だろうから、俺が強引に連れて行くから、もしいやな気持ちがしたら、やめておこうね。」そういって、ホテルにはいった。彼女は結局拒否しなかった。

 部屋に入ると大きくため息をつくと彼女は、椅子に深く座って足を前に投げ出した。「こんな誘い方は俺しかできないから。でも、
そうでもしなければずっと、頭の中で想像していた淫らなことできないよ。結構いやらしい想像はしていたんでしょ?」彼女は恥ずかしそうに、顔を紅潮させながらうなずいた。

「オナニーするとき、何を想像してるの?」「えっ」彼女は不意を突かれて戸惑った。「オナニーしてるでしょ?そのくらいわかるから。正直に言ってごらん、開放されるから。」「ええ、恥ずかしいけど、いろいろいやらしいこと想像して・・」そう言った瞬間、彼女は完全に淫らなモードに全身が突入したかのように、身体の力が抜けて俺に寄りかかった。

 スカートの中から俺の指が動き始めて、彼女の秘部を攻撃した。お嬢様の盛り上がった割れ目から、愛液が滲み始めていた。いきり立った俺の男根を下着の上からこすりつけると、彼女は俺の背中に抱き突いた。

「ああっ・・」おしゃれで品のよいワンピースを全て脱がせ、藍色の下着をとると、見事に張りあがった胸があった。そして四つんばいにさせると、ボリュームある外人体型のヒップと盛り上がった割れ目と、しとどに濡れた襞が見えた。

 後ろから犯すように激しく挿入した。すさまじい愛液に何度も男根が抜けた。シーツがしみだらけになった。胸を揉みしだきながら、のけぞるような態勢で腰を使った。彼女は背中を美しくえびぞっていった。

 お嬢様の欲望をむき出しにできたことが、俺の性的なエロティシズムを猛烈に満足させたのだった。


↓他のHな体験談を見る