★OL女が痴漢を期待する日々

 30代のOLです。行き帰りの通勤電車がちょうどラッシュの時間なので、痴漢にはよく遭います。強引な人とかなら手で払いのけたりするんですけど、ソフトなのは気づかない振りすることも多いです。

 それで、このまえ、はじめて下着を着けないまま満員電車に乗ってしまったんです。膝上10センチくらいの、レザーのミニスカートの下は、ベージュのストッキングだけ。しかも太腿までのストッキングだったので、お尻からあそこかけて何もない状態です。



 その日は休日で、あまり混んでなかったので、遭わないかもと思ってたら、サラリーマン風の人に後ろからぴったりくっつかれました。そしたら扉が閉まる寸前に人がどっと流れ込んできて、ぎゅって押されてその人と密着することになってしまったんです。

 スカートのお尻の部分には、もうその人の手が触れています。相手もそのまま指だけさわさわって動かして、お尻を触ってきました。やん…うつむいたまま小さく声が出ます。そのうち片方の手が下に降りてきて、太腿に触れてきました。

 ダメよ、それ以上中に入ってきちゃ…心の中で叫びましたが、相手には聞こえないですよね。ぴったりと閉じた太腿をこじ開けるかのように、指が、太腿をゆっくり上がってきます。同時にスカートもあっけなくめくられてしまいました。

 あ~ん、どうしようっ…もう目をつぶっているしかありません。もう片方の手が、腰のあたりで這い回って、わたしのショーツを探しているようです。でも着けてないのを知ったのか、太腿の指が今度はお尻の穴をいじってきます。

 そこ、やん、感じちゃう…すごいソフトなタッチッだったので、つい閉じていた脚が緩んじゃいました。その隙に指がアソコにすっと触ってきました。きゃん…体がびくんとなって、相手にも気づかれたと思います。アソコはすごいトロトロになってて、相手の指もネチョネチョを楽しむかのように、いやらしく動いてます。

 は~ん。もう深いため息が出そうで、こらえるのに大変です。中には入ってきませんでしたけど、ネチョネチョの指をクリちゃんに押し付けて、小刻みにマッサージするように弄ばれました。わたしは立ってられなくなるんじゃないかと、内股の足をがくがくさせていましたが、10分くらいその状態が続いて、ようやく駅に。

 スカートを引っ張られそうになりましたが、慌てて出入り口に向かってなんとかホームに降りることができました。ストッキングの太腿にはいっぱいお汁が染みていて、隠すようにしてトイレに駆け込みました。


↓他のHな体験談を見る