白人女性のエロの神が降臨

 親父の脛をかじりハワイでサーフィンをしていた私です、が親父が急に癌で闘病生活に入り、急遽帰国・・親父の店(古物商)を継いで3年が経ったある日の夕方の事です。

 私は、店を閉めようとシャツターのスイッチを入れ駐車場に行こうとした時、見せの前で地図を見ながら迷っている様子の白人女性と出くわしました。ロザンナ32歳・・スタイル抜群の赤毛の子です。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 イタリア人とも知らずに英語で話しかけましたが、ロザンナも英語は、私より上手く、道に迷ったので助けて欲しいとの話でした。ホテルへ帰る途中だったようですが、ホテル近くの駅を乗り越したようなのです。私の帰る方向とは逆なのですが、片道2キロ程度の遠回りを承知でホテルまで送っていきました。

 ホテルの姿が見えたロザンナは、嬉しさのあまり私にビールを奢りたいと言い出し、車を置いて帰る事を決めた私は、誘いに乗る事にしました。勿論、下心は十二分に有っての事です。少しビールを飲んで話し込んでいるとロザンナの方から

『日本に来て1ヶ月になるが、一度も男性に誘われていないし、日本に来て一度もHした事が無いって信じられます?』

 スッゴクとは言わないが、かなりの美人・・それにスタイルは抜群の女性なんですが、日本人男性のシャイな部分が彼女に声を掛けなかったんでしょうね。その話をロザンナに説明すると彼女は、まったく信じられないとの話でした。

サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数400万人突破!!

 日本人男性の名折れになってはと(名折れなんて関係なく下心そのもの・・)二三杯のワインを勧めてから彼女の部屋へと・・当然、ロザンナも待っていたかのように、それを受け入れ激しい営みは、明け方まで続きました。

 隣の部屋でお休みの方へは、大変ご迷惑をお掛けしたと思えるような喘ぎ声(雄叫び)・・それからロザンナの帰国までの2週間は毎日の様にセックス三昧の日々が続きました。追記・・帰国して7ヶ月に成りますが、4月にはイタリアへ遊びに行く予定です。


↓他のHな体験談を見る