男の精液には「打ち止め」があるの?

SEXの雑学シリーズ(22)

 昔から、一生の内に作られる男性の精液には制限があり、最後の1回には赤い玉が出て打ち止めになる、などといわれている。「赤い玉」はともかく、一回の射精で三億個もの精子が放出されると聞けば、ついつい心配になってしまう。本当のところは、どうなのだろうか?



 結論からいえば、精子の製造能力については、安心していい。精子を作る「精巣細胞」 の働きは、年をとって多少衰えることはあっても、ストップしてしまうことはない。死ぬまで機能し続けるのである。

 したがって精液にも定量があるなどというのは、デタラメ。

 むしろ、問題は「その気」が持続するかどうかだ。もしもその気になれば死ぬまで「現役」 でいることも可能である。時々高齢の身ながら子宝に恵まれる男性があるが、これも当然のこと。別にそれまでの人生で精液を節約していたというわけではないのだ。

 そう考えれば、精液に打ち止めがあるという説は、男性の放蕩を戒めるための教訓として、考えられた説なのかもしれなもっとも、病気だったり、あまり連続して放出しすぎると、一時的に出なくなることがある。

 定量がないからといって、あまりムダ使いするのは考えものかもしれない。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ