女性も感じるフェラチオ?

SEXの雑学シリーズ(19)

いままで男性が望んでいても、女性が嫌う性技の代表がフェラチオだった。「オシツコを出すところに自分のロをつけるのは不潔」「なんだか男に服従しているみたいでイヤ」「女性としての貞操観念が疑われる」・・・。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 まあ、さまざまな理由がつけられたものだ。しかし、最近の若い女性たちは、男性にフェラチオしてあげることに抵抗感は少なくなってきているようだ。

 自分の性器をクンニリングスしてもらうなら、お返しにしてあげるのは当然、といったような考えが主流になりつつある。男性にとってはうれしい限りだろうが、女性が奉仕してくれていると感謝する必要はない。

 というのも、フェラチオしている女性自身の体も感じているからである。もともと唇の中というのは、非常に敏感な部分。だが、それ以上に女性は精神的な理由で燃え上がる。

 「私ってスゴク淫らなことをしてる」とか、「相手は私のことをセクシーな女と思ってくれるかしら」などと、フェラチオをしながらさまぎまな妄想を巡らし、自分の姿に酔ってしまい、快感を覚えてしまうのだ。また、「フェラチオをして硬くなった彼のペニスが、これから私の中に入ってくる」という期待感と欲望が盛り上がって興奮状態になるともいえる。

 これは自分は何の刺激を受けていないのにも関わらず、フェラチオをしている女性の脳から快感脳波であるθ波(シータ)が出ていることからも証明されている。

 フェラチオが女性も感じることがわかったところで、男性は女性がフェラチオでより感じることができるように工夫したいものだ。態勢やフェラチオへの誘い方によって、女性の感じ方にはずいぶん差が生じるからだ。

 まずは態勢から。男性が仁王立ちになって、女性が蹟いてのフェラチオは、女性の快感度は低くなりθ波もほとんど検出されない。逆に横たわった男性の股間に顔を寄せていく姿勢だと、θ波が確認できる。

 やはり「させられる」よりも、自分から能動的に「している」状態のほうが、より酔いやすいというわけだ。また、女性がフェラチオする前に、男性からクンニリングスしてもらっていた場合とそうでない場合とでも、快感脳波θ波の現れ方に善が出る。

 やはりクンニしでもらったあとのほうが、フェラチオする自分により興奮するようだ。これは「私たちは互いに性器を愛撫し合ったんだ」という強い絆を感じることにより生まれる興奮。もちろん、シックスナインの姿勢をとれば、女性は精神的にも肉体的にも興奮しながら、フェラチオに没頭できるはずだ。

 このように女性も感じることができるフェラチオの条件を整えてあげることが、現代の男性の課せられたセックスマナーとなってきているのだ。
戻る

-----------------------------------------------------
 人間の脳波の種類

 δ(デルタ)波 :4Hz未満 かなり熟睡している時に出ている脳波。
 θ(シータ)波 :4Hz以上8Hz未満 浅い眠りの時の脳波。いわゆるうたた寝の時。
 α(アルファ)波 :8Hz以上、13Hz未満 心身ともに安らいでいる時の脳波。
 β(ベータ)波 :13Hz以上 日常生活を送っている時の脳波。一般的にこの状態の時が多い。
 γ(ガンマ)波:怒っている時や、興奮している時の脳波。
-----------------------------------------------------



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ