男女が同時にイクためには?

SEXの雑学シリーズ(16)

 「いっしょにイキたい」愛し合う男女にとって、これは永遠のテーマとでもいうことができるだろう。若者同士なら女性の性感が発達していないと男性はもたないだろうし、遅漏気味の男性と感度のいい女性の取り合わせでは男性がイキ遅れてしまう。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 もちろん、ほどほどの経験をともにもつカップルでも、同時にイクというのは難題だ。相手がイク瞬間のタイミングを見計らって、自分もそれに合わせるとなると、それなりの知識も経験も相性も必要になってくる。

 そこで、目的達成のためのヒントとして、女性が絶頂に達する直前に示すサインを紹介しよう。一般的にいって、もっともわかりやすいのは、つま先の変化だろう。フィニッシュは正常位というスタンダードなパターンでは、特に目立つサインとなる。興奮が高まるにつれてヒップや太股の筋肉が収縮した結果、つま先までが伸びてくるのだ。

 たとえば、両脚を広げて空中に突き出している場合なら、伸び切ったつま先は、もうすぐそこという時点でヒクヒクと小さく震え出すことだろう。両膝を立てている場合には、つま先立ちの体勢に入る。そうなると、腰が持ち上がってきて、自然と体が弓なりにのけぞるようになるはずだ。

 これも筋肉が緊張してくるためで、頂上めざして駆け登っている途上にあるということだ。ただ、こうした体の反応は、女性自身熟知していて、相手に合わせようと演技することがないとも限らない。演技ではなく、もっと感じようとするあまり、自然とそういう体勢に入る女性もいるようだ。

 演技しようがないサインといえば、肌がサーッと紅潮して乳房が膨らんでくるというもの。乳輪が大きくなったように見え、血管が浮き出てくるようなら、絶頂まではもうすぐそこと考えていい。

 また、経験豊富な女性が騎乗位をとっている時には、腰の動きに変化が見られるはずだ。それまでバリエーションをつけていたのが、一定した動き方に移行したら、達することに集中しはじめた証。興奮がそがれないように、自分が感じる動きを続け、昇りつめようとしているわけだ。

 ちなみに、興奮とともに顔を出したクリトリスは、オーガズムの直前になると奥に引っ込んでしまう。だが、これを確認するには、結合部がよく見える体位をとって、男性が冷静を保っている必要がある。

 指だけで確かめる方法もあるだろうが、これにはさりげないテクニックがいるだろう。首をひねりながら「もう隠れたかな?」などとチェックしていると、お互いの興奮を削いでしまうことになりかねないので要注意していただきたい。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ