.
.
.
.
.

★家計苦で風俗嬢になりSEXが好きに・・

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2014/07/07(月)
 私が二十二歳の時だった。三歳年上の主人と結婚して、一年目に主人がお風呂場で倒れ救急車で病院に。退院後も一年の間療養することになり、私が家計を助けるためにキャバレーにつとめることになってしまった。一日体験で短い制服を着てお客を接待するのが恥ずかしくて無理だと、その一日で辞めようと思ったけど、家に帰ってベッドに寝てる主人を見てるうちに、

 医療費や家賃、生活費のことを考えると辞めるに辞められずに覚悟をするしかなかった。初出勤の日、店に出ると店内は薄暗く、お客を接待する席は周りが見えないようにボックスになっていた。いやな予感がしたけど、もう帰るわけにはいかなかったので待っていると、ボーイに案内されお客が隣に座った。緊張し体が硬くなったけど最初のお客さんは気さくで緊張をほぐしてくれ安心した。
* でも、それは見せかけでビールを数杯飲み終わると、短い制服の裾から手を入れパンティの上からオマンコを触ってきた。とっさに両手でお客を突き飛ばしてしまった。突き飛ばされたお客が「おい、お前はホステスだろうが、これぐらいはどこでもしてることだ、顔が少しはきれいだからっていい気になるな、店長を呼べ」って、店長に事務所に呼ばれ「ホステスは接客業なんだよ、

 いやなことでも我慢しなくちゃお金にはならないんだ、ここに来てる女性はみんな我慢して、お金をもらってるんだよ、考えてごらん、一日働いて二万近くもらえる仕事はそうそう無いんだよ、まぁ努力次第だけど、どうかな、お客を畑に生えてる大根や芋だと思って頑張ってみたら、あんまりひどいことをされたら助けてやるから」と、説得され「はい、ご迷惑かけてすみませんと」謝って店内に戻ったら、もう次のお客さんが待っていた。


 前のお客さんと同じように胸を触りオマンコを触ってきた。せめてもの抵抗に太股に力をいれたけど、それも無駄な抵抗だったわ、もっと驚いたのが、座りながらお客さんがチンボをだし、それを握らせしごかされたこと、店長の言葉が頭に浮かんだ、畑に生えてる大根や芋だって、その日は五人のお客さんが私を指名してくれ、二万五千円になった。後で聞いたら、チンボをしごいて射精させると追加料金が加わると、それだけでなく、サービスタイムでパンティを脱いでオマンコ見せたり、全裸になっても追加料金が加わると、私は考えた、

 一二年生活できる生活費を必死で働いたら半年でホステスが辞められると。私は覚悟をして働くことにした。でも私は未だ二十二歳、主人とセックスは出来ない不満をお客さんにいやしてもらおうと。それから私は自由にオマンコを触らせ、穴に指を入れてもらいかき回され不満を解消しお金も稼いだ。サービスタイムには全裸でお客に抱きつき、腰を振った。でも、性交だけは御法度だったので、それだけは守った。そんな仕事だと主人は言えなくて内緒にしていた。

 主人の体は少しずつ快方に向かい、外出できるまでになった。勤めだし半年が過ぎ預貯金も出来、一年は大丈夫の額までたまったけど、辞められなかった。理由は未だ主人とセックスが出来なかったから。後ろめたさはあったけど、家計を支えてるのは私だからと、勝手に理由をつけ勤め続けた。主人の友人、悟と、浩二の二人は主人が倒れた翌週から毎週見舞いに来てくれていた。主人達三人は中学時代からの親友で、カメラが趣味だった。


 医者に「もう、そろそろ好きなことをさせても良いよ」と、云われ、主人は二人と写真を写しに出かけることを再開させた。私は相変わらずホステスとして勤めお客の指で喜びを味わい、チンボをしごいていた。店には同伴出勤という制度があって、他のホステスさんの中にはお客と同伴出勤するまえにホテルでセックスしてる人までいた。私も何度かさそわれ気持ちが揺らいだこともあった、それは指じゃなくて本物のチンボでオマンコをいやされたいと、でも、それだけはいくらからだがほしがっても我慢していた。

 一年が過ぎた。主人の体調も回復し、そろそろ仕事にと、医者に相談したが、あと半年は無理しない方が良いと云われ、それを私に話した。私は大丈夫だから自分のことだけを考えてと、良妻ぶりを演じて心は痛んだけど。梅雨時期にはいり、外での写真が写せなくなった、三人は休日になると私の家で写真雑誌を見ながら過ごすことが多くなった。そんなとき三人があることで私に頼み事をしてきた。悟が主人に代わって「風景もこの雨じゃ写せないし、それで相談したんだけど、圭子さんがモデルになってくれないかと、だめですか」と、頼まれた。

「モデルってどんなモデル?」と、聞いたら「うん・・出来たらヌードが」と、言ってすぐに「無理なら良いんだ、俺たち風景ばかり撮してたけど、一度ヌードも挑戦したらいいかなって、でも、モデルを頼むにも金が無くて、それで、相談してる打ちに、浩二が圭子さんだったら顔もきれいだしプロポーションも良いよねって、灯台もと暗し、それで秀一に無理矢理に頼み込んだんだ、秀一が本人に聞いてみたらって、それで」と、少し顔を赤くしてた。私も、罪滅ぼしの気持ちがあって、

 それで「主人が良いって言うなら」と。それで主人がオーケーして撮影が始まった。浴室でシャワーを浴び、バスタオルを体に巻いて部屋に戻ったら。カメラがもう私を狙っていて、でも、すぐにバスタオルを外すのは拙いと、それはお店で平気で全裸になってるのを気付かれたくない気持ちだったから、わざと恥ずかしそうにバスタオルを足下に・・一斉にシャッターが切られて、最初は胸もオマンコも手で隠してたけど、いろいろなポーズを求められ手を離した。


 胸もオマンコも丸見えに、三人の目の色が変わったのが分かった、悟が写真集を見ながら今度はこういうポーズをと・・そのポーズを取ると、オマンコが見えてしまうのはわかっていたけど、慣れがそうさせたのかもそのポーズを取った。四つんばいのポーズやM時開脚も、そのポーズで部屋の空気が家わっるのが分かった・・後で聞いたことだけど、

 主人が私を慰めてやれないから二人に頼んだと・・撮影が終わると、汗をかいた私にシャワーを浴びてきてと、私が浴室に入ると、後から悟と浩二が浴室に入ってきて、驚いて声を出そうとしたけど、二人とも全裸でチンボが立ってた、それを見たら声が出なくて黙っていたら二人に抱きつかれて、私の体に二つのチンボが押しつけられて、私・・恥ずかしいけど壁に両手をついてお尻を向けていた、

 悟のチンボがオマンコに・・本当に久しぶりだった・・気持ちよくて、気持ちよくて腰が勝手に動いて、浩二のチンボを口に・・夢見てるみたいだった。悟のチンボが奥に奥に突き刺さり、子宮に当たる・・快感で声が押し出されるけど、浩二のチンボがそれをふさいでた。口の中に浩二のチンボから液が、それも飲み干して・・私耐えきれなくなって「オマンコ良い・・オマンコ気持ち良いよ、もっとついて・・オマンコ突いてって」って、その声が浴室に響き渡ってた。気が遠くなって、

 その時、悟子が出るって・・「中は駄目って」無意識に答えたらチンボが抜かれオマンコの縁に精子の暖かさを感じてたら、今度は浩二もチンボをオマンコに突き刺してきて・・その夜は浴室で二度おおマンコして・・部屋に戻って朝まで代わる代わる悟と浩二のチンボを受け入れていた。主人は近くの公園で一晩を過ごしてた。その日から私は主人が性交できるようになるまで悟と浩二のチンボで体を癒し始めた。続く・・。

 女の体は不思議な物で性交の回数を重ねるたびに相手の男の性器にオマンコがフィットするのを感じ始めた。毎週末店が終わり、帰宅すると二人の男が家で待っている、主人は黙って私と入れ違いに外に・・その背中を見ながら、心で、ごめんなさいと謝っていたけど、悟と浩二、二人の愛撫が始まると主人が頭から消え、ただただチンボを貪ってしまっていた、

 その頃の私はお金にもどん欲になり、嫌いだったフェラチオも店でもするようになった。二人はいつも同じように私の服を脱がすと、悟がオマンコを触り、浩二が胸を揉んで、私のオマンコが濡れるとフェらを・・十分に勃起すると堅くなったチンボをオマンコに挿入させグイグイと・・。


 私はただただ隠語を口に腰を振って応えてしまう。未だ二十代半ばの二人は精力が有り余っているのか一度の射精ではすむはずもなく、二度三度も求めるから・・私も・・私は二人よりも少し若いけど二対一だから朝方には疲れ果て眠ってしまうことも・・日曜の朝方二人が家に帰ると、主人が家に戻ってくる。その顔・・主人公認とはいえ・・。

「俺横になる」と、ベッドに、私
「もうやめるわ」と、その時は本気で言う
「まだいいよ、もう少しで治るから」
「でも、一晩中外にいたら・・治る物も」
「外になんかいないよ、駅前のホテルで休んでるから」

「でも、疲れてるんでしょう」
「あぁ、矢っ張り眠れないから」
「そうよね・・」と、言うしか言葉が見つからなかった。
「もう、側にいたら」と、思い切って言ってみた。
「うん、そのことを考えていたんだ、想像してるよりもこの目で見てた方が気持ちは楽かもしれないな」

 と、こんな事話した記憶がある。それから主人も同じ屋根の下で週末を過ごす様になったけど、それは矢っ張り異常な事に思えた。主人が隣の部屋にいるのに私は、悟と浩二の名前を叫び性交を続けていた。二人も最初の一時間ほどは遠慮気味に性交していたけど、それ以後はいつもの性交と同じに戻った。避妊具はすぐになくなってしまう、

 それほど性交していた。あっという間に半年が過ぎた頃、主人が定期検査から帰宅し私に「圭子、医者からオーケーだ出た」と、興奮で顔を真っ赤にして「もう夜の方もオーケーだよ」と、まくし立てるように。嬉しかった・・・本当に嬉しかったけど、悟、浩二との性交が終わる事を意味していて、ちょっと複雑な気持ちになった。


 人妻なのに・・それを見透かされていて、主人に「俺が治ったからといってすぐにやめられないのは分かってる、それで」と、新しい提案をされた。主人が提案したことは、私のヌードを家の外で撮す、撮した後そのまま性交したいと、いやだとは言えなかった、今まで好きなようにさせてくれたから・・。

 それは悟と浩二にも伝えられ、翌週末から野外でヌード撮影を実行した。車はワンボックスカーで浩二の父親の所有だった、そのワンボックスに四人で乗り出かた。最初は八ヶ岳。運転は主人がして中央道に乗ると悟と浩二が私の服を逃がし真っ裸に・・オマンコの穴に指を入れながらチンボを出し、私はそのチンボをなめてると主人がバックミラーでチラチラと・・それがなおさら興奮させる、写真を写すと言うよりもセックスが目的になって、

 山道を車で進み、人気がいない場所を探すと、私は全裸になり一応ポーズを取るけど、悟と浩二はカメラを構えるふりだけ、目は私のオマンコを・・それを知ってるから私のオマンコは濡れてきて・・・数枚写真を写して終わり、その後は主人も加わって、私は木に両手を着いてお尻を・・主人が最初に・・そして浩二、悟のチンボが・・オマンコの中をえぐって突いて、私はもだえオマンコ気持ちいいと絶叫して果てた。


 それは刺激的で、富士五湖や軽井沢、熱海と・・熱海の時は昼間から露天風呂でオマンコして夜は海岸を真っ裸で歩き突堤の先で三人のチンボをフェラして精子を飲んだ。そんなことが一年続き、突然のように終わってしまった。自然に・・・多分気持ちがさめ始めたと思う、でも私の体は主人一人では満足できなくなっていた・・そまさか主人に言う訳にはいかいないから悶々として過ごしてた、

 お金も貯まり店をやめると決めた前日、今までよく指名してくれたお客三人とホテルでオマンコしてしまった。これが最後と決めて選んだ日は安全な日・・その日初めて主人以外の男の精子をオマンコにたっぷりと出してもらい、何度も失神して夕方家に帰った。半年後主人の子供を身ごもると、性欲は消え子育てに専念しました。

↓他のHな体験談を見る


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.