一度きりのSEXした思い出

 自分の職場の後輩との関係を今回は投稿します。 自分の後輩Aはさとう瑞緒に藤崎奈々子を足して2で割ったような天然で、それなりにかわいいやつでした。体は細く、155㎝ぐらいなのに体重は40㎏ぐらいの華奢身体だろうといつも着ている服からでも分かりました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 実はこの後輩、自分の同僚T(これも後輩ですが・・・)と入職すぐから付き合っていました。このTは結構女好きで、いろんなところからそこらじゅうの女を食っているうわさが尽きないやつでした。 Aはかわいいだけあって、それなりにみんなに人気のある、一度はやってみたいと言われている女でした。

 このAが仕事で少し残業をしていました。そこには自分とAともう一人後輩の女の子がいました。みんな結構疲れていて、仕事が終わったらご飯でも食べに行こうという話になりました。もう一人の女の子は次の日が早いとのことでご飯にはいかず、帰るとのことでした。

 そこでその子は「この人は手が早いから気をつけや(笑)」と冗談交じりで話していきました。その後仕事が終わり、近くの居酒屋に飲みに行くことにしました。自分の彼女は仕事で遅くなることが分かっていましたので、まぁゆっくり飲もうと思っていました。このときは少し飲んで話でもして終わろうと考えていました。

 居酒屋で待ち合わせをし、軽く飲み、食事をして、たわいもない話をしました。仕事の愚痴やそんな話をしました。食事も終わり、「じゃ帰ろう」となりました。Aを家まで送ることにし、車に乗り込みました。Aの家はそんなに遠くなく車で数分のところでした。そのときAがTのことで愚痴りだしました。

 自分もまぁ先輩やし、少しぐらい話を聴いたろと思いそれやったら少しドライブでもしようとなりました。そのあたりを走りながらAのTの愚痴を聞きました。最近仕事ばかりで、優しくないとか、女遊びが心配だとかそんな話でした。自分は少し飲んでいたので、車を止めお茶でも飲んで酔いを完全に醒まそうと思いました。

 そこで自分も自分の彼女の話とか、Aが入職してきたときの話なんかをしました。Aは入職時からかわいかったので、自分も少しぐらいは興味がありました。自分には彼女がいるけどAのことは気になっていたで・・・そりゃ俺かってチャンスがあったら手だしてかもなぁ・・・今手出してもいい?・・・キスしてもいい?と聞くと黙ったままうなずきました。自分はAに軽くキスをしました。

 Aは少し体を硬くしているようでした。優しいキスですね。とAは言いました。じゃそのキスをもう一回していい?俺かって男やし・・・それはY(自分のことです)さんに任します。そのとき自分はAにもう一度キスをしました。助手席のシートを倒し、軽くはないキスをしました。

 そのまま首筋にキスをし、服の上から胸を触りました。身体が細い分、胸はほとんどありませんでした。そのまま手を下に伸ばし、ローライズのジーンズの中に入れました。指先に軽くAの恥毛が触れました。軽く触れただけでその毛が薄いことが分かりました。

 Aは両手で自分の手を押さえました。そこは・・・と顔を横に振りました。自分もそぉって感じでじゃ帰ろうということになり、Aの部屋の少し前まで送りました。その間AはTには言わないでくださいねっと言っていました。部屋の少し前で、部屋の前まで送ったら何するか分かれへんからココでいい?というとうなずいてとりあえず帰っていきました。そのときはココまででした。 その後2日間はごく普通に2人とも仕事をしていました。

 そして、3日目、また2人は残業をしていました。2人は3日前の話をしました。冗談交じりで話をしました。あれからのTの話や、私は誰かと付き合っているときにあんなことをしたのは初めてだとか・・・時折Aは顔を赤くしながら話をしました。2人とも仕事を終えて、着替えに行きました。

 男女の更衣室は当時、隣同士で別々の部屋でした。Aはその細いからだが分かるジーンズにシャツ姿でした。着替えてからもしばらく他愛もない話をしました。こんなときになぜか恋愛話が弾みました。そこで自分は半分冗談、半分本気でこないだの続きしようか?といいました。Aはまた冗談!!って感じでした。

 しかし自分はAの肩を押さえ、キスをしました。このときはかなり濃厚なキスをしました。思いっきり舌をいれ、キスをしました。そのうちAも舌を絡めるようになりました。自分はAを抱き上げ、男子の更衣室に行きました。思いっきりキスをしながらAの服を脱がせました。

 ブラにパンツだけになったAの身体はやはりかなり細く、鎖骨と肋骨が浮いていました。肌は白く、血管も透けていました。ブラをはずすと明らかにAカップの胸が出てきました。乳輪はきれいなピンクで、小さな乳首がありました。自分も服を脱ぎ、パンツの上から自分のものを触らせました。既に自分の物は大きくなっていました。

 自分はAにしてよといいました。Aは跪いて自分のパンツを下ろし、自分のものを舐めてくれました。小さな舌で自分のものをゆっくり舐め、そして咥えました。小さな口を思いっきり広げ、自分のものを舐めました。しばらくAに舐めさせた後、しようっか?と言って、Aのパンツを下ろし、横にしました。Aのあそこの毛はやはり薄く、本当に少ししか毛はありませんでした。

 自分はコンドームを付け、足を開いたAの股の間に膝をつけ自分のものをAのあそこにあて、先を少し入れました。Aのあそこの入り口はめちゃくちゃ狭く、少し入れただけで気持ちが良かった。そのまま自分のものを押し入れると、その中も狭く、そして奥行きは浅く、すぐに奥に当たりました。奥に当たった瞬間、Aはあえぎ声を挙げました。

 おもいっきり腰を動かしていると、Aはすぐにいってしまいました。自分が果てるまで、Aは何度もいったようでした。AとのSEXが終わって、これまでにないぐらいの気持ちよさと満足感を得ました。めちゃくちゃ気持ちよかったでというと、Aは何か微笑んでいるようでした。2人は服を着て、いつものようにお互いの部屋に帰りました。

 次の日は2人ともオフでその次の日2人とも出勤しました。いつものように仕事をこなし、その日は普段どおり帰りました。その後は、2人で残業することもありましたし、あの日のこと話をすることもありましたが、その後はAとは関係はありませんでした。

その後AとTは付き合い続けたようで、Tは仕事に行き詰まり、退職しました。Aもしばらくすると退職していきました。うわさでは2人は今でも付き合っているようです。 あれから数年たちますが、あんな気持ちのいいSEXは経験していません。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ