.
.
.
.
.

脂ぎった接待重役の趣味

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2011/02/07(月)
接待の為に男に抱かれる女(肩書き社長秘書26歳の肉体接待告白)

 今夜は料亭に社長と某一流会社の重役の接待に、社長、担当者、私と料亭に向かいました。部屋に通されると豪華な料理が所狭しとテーブルに並んでいて、待つ事15分程で接待先の重役と担当者の2人が見えました。
* 今日の私は艶やかな着物を着て、接待席に花を咲かせる様に振舞いました。乾杯が終ると先日の接待ゴルフの話や、今後の仕事の話等をして雑談。私は着物の裾に気をつけ、上品な言葉使いで重役の横に座りお酌等、話の合間に合図打ちなどして過ごしました。

 今夜はこの重役に「お持ち帰り」されるんだと・・思いながら・・

 1時間程で接待の食事は終わり、耳元で社長に「今から重役を送ってくれ」「そそうの無いように」とお願いされ、料亭の玄関先3台のタクシーに別れて乗りました。勿論、重役と私は1台のタクシーです。

 重役はタクシーに乗るとニタニタして「君は着物が似合うね」「着物は色気があっていい」と私の着物姿を褒めて頂きました。重役は今夜、私を抱けるので着物越しに私の裸体を想像しているのだと、内心では思っていました。

 重役は手ぶらの方が多いですが、何故か座った横に置いてあるビジネスバックが気になっていました。着物の裾から手を入れ私の内股を撫ぜたりされているうちに、ホテルに着き部屋に入りました。

 接待先の重役は私を膝の上に座るように言うので、座ると「そうか・・そうか・・」と高揚した声で一人うなずいて、後ろから私の着物の裾をめくり、両手で私の内股に触れて一時撫ぜ回したりして、ベットに横になるように言われました。

 私がベットで横になると重役はビジネスバックを開き、大人のおもちゃのバイブを取り出し、露わになった私のオマンコにバイブを挿入され、スイッチを入れられバイブがところ狭しと「ブ~ンブ~ン」と動き出し、強烈な快感が下半身の一点に走り、心地よいバイブの振動とクネクネした動きに、快感の渦が私の肉体を支配しました。

 重役は衣服を脱ぎ私の前にペニスを差し出し私にペニスを・・下ではバイブが動き回る中、重役のペニスをスパスパと着物を着たまま吸いました。内緒の話ですが粗チンです。何時もは威張っている重役のペニスがこんなに可愛いなんて・・

 そしてバイブを入れたまま着物を脱ぐように言われ、裸体になると重役は乳首によだれを垂らしながら、チュウチュウと吸い始めましたが、バイブの振動が勝っていましたので、乳首には快感をあまり感じませんでした。

 バイブは振動と回転だけで奥に突かれる快感はないので、早く奥まで突かれたい・・それが「そうせいじ」でも「きゅうり」でもと不満を求める私がいました。重役はSEXテクニックには疎い様で、赤ちゃんのように乳首を吸っていましたが、いよいよバイブを抜き私の腰を抱きかかえました。

「よしよし」「おーーっ濡れているな~」と言うと私のオマンコに重役のペニスが入ってきて「おーーーッ」「若い女のは良く締まっているな~」と黒光りした満足顔でユサユサと腰を動かし始めました。

 座位の体位にされ私がリードして腰を動かし、騎乗位で私が腰を振り殆ど重役は動かないで、私に身をいやペニスを任せぱなしで「お~出る」と射精しました。

 重役は若い女の体をもて遊び満足げでしたが、私の体は不燃焼ぎみでしたが、肉体接待の役は勤めましたので身支度して部屋を出て、行き付けの飲み屋でお酒を飲みマンションに帰りました。

 お~い、偉そうにしている重役、もっと女を逝かせるSEXを勉強しなさい!バイブで誤魔化そうと思っても駄目。粗・チ・ン・を・鍛・え・な・さ・い。


↓他のHな体験談を見る


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.