クルザーのベットで・・生保レディーの告白4

自分ではミニスカートのスーツが似合う美人・・?生保レディー期の頃の肉体契約の告白。

 土地成金で2億円が入った妻子持ちの男性46歳。生命保険の大幅増額の説明で2度会い、最終契約は私が釣りに付きあう事が条件。勿論2人きりの釣り。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 私は釣りは一度も経験が無く、興味本位と契約が欲しかったので、釣りに付き合う事にしました。当日バックにビキニの水着入れ、海の見える駐車場の待合わせの場所に行くと、御主人は待っていました。

 挨拶をしてクルザーの停泊してある場所まで行き、クルーザーに2人で乗り込みました。大きなクルザーを見て、お金持ちは贅沢が出来て羨ましかったです。御主人の運転で沖に30分程出て釣り場に着き、御主人が「波で濡れるといけないので、水着に着替えたら・・」と言われるので、舟室に入り水着に着替えました。

 水着に着替え舟室から出ると、御主人は釣りの用意をしていてくれて、私の人生初めての釣りに挑戦しました。15分程で初めて魚を釣り、キャーキャーと私は釣れた事に感動して興奮しました。

 それから3時間程で10匹が釣れ楽しい時間を過ごしました。御主人も結構釣っていました。御主人が少し休もうかと・・と言うので、舟室に入り用意されてあったワインを飲んだり、軽い食事をしました。

 ゆったり揺れる波が心地よく、もう~そろそろかな??と思っていると、御主人が「ね~いいだろぅ」と言われるので、私はうなずきました。契約の為に覚悟は出来ていた。

 御主人は私のバストの水着を上にめくり、露出した乳首に吸い付いてきました。赤ちゃんのようによだれを垂らし、美味しそうにチュウチュウと・・左手は私の太ももをさすられ、私は次第に快感の渦の中に足を踏み入れて行きました。

 首筋、耳、背中を舐められ、私のオマンコは愛液で濡れ濡れになってきました。そして下の水着を脱がされ、御主人は「綺麗なオマンコだ~」と言って、顔を押し付けクリニングスを始めました。上手なクリニングスで私の心臓は興奮で早打ちになりました。

シックスナインから、御主人にだっこされ下から熱いたくましいペニスが上下、四つん這いにされ後ろから出し入れ、騎乗位でリード、フニッシュは正常位で御主人は声をあげ、コンドームの中でゴールしました。

広い海の中なので人に聞かれる心配は無いので、快感に任せ私は歓喜の声を大声で喚いていました。

2回目のSEXは舟室外で、御主人が上の水着を付けた私を後ろから抱き、オマンコにペニスを入れ私に釣り竿を持たせて、私に釣りをさせ「釣れるまでこのまま・・」

と入れられっぱなしで、時折、背中を舐められたり、後ろからオッパイを揉まれたり、首筋を愛撫されたりして釣りどころではありませんでした。

30分程したら竿がしなり魚が釣れましたので、御主人は急いで私から抜き竿を上げ、魚を確保してから私のオマンコにハメまくりました。

青空の解放感ある清々しいSEX、釣りを堪能しました。勿論、契約は成立しましたわ。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ