車の修理屋の社長と・・生保レディーの告白1

自分ではミニスカートのスーツが似合う美人?・・生保レディー期の頃の肉体契約の告白。

 私の担当である車の修理屋さんに、生保の新着のパンフレットを持って伺いました。従業員は社長を入れて7人。社長は少し頭がはげている52歳。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 私の服装は少し短めのスカートのスーツ。ここの修理屋さんには3回程伺いましたが、社長は応接室のソファーに座った。私のミニスカートから太もも辺りに私は何時も社長の視線を感じていました。

 今日は月末期で生保の成績の為にもなんとか「契約」を取りたいと思っていました。

 少し説明していると、社長は「チョット忙しいから・・夜7時頃、来てくれないか」と言われ、一度会社に帰り出直しました。(他の生保レディーの話では、ホテルに誘われる??)

 夜、訪問すると事務所で社長が伝票の整理をしていました。個室の応接間に通うされ1時間位話していると、社長は「もう~説明はいい・・どこも一緒だから~」「それよりもお酒を飲みに行かないか??」と誘われ、私は社長の気分を害してはいけないと思い「はい」と返事をしました。

 カウンターの席で暫く世間話などをして、水割を2杯ほど飲みホロ酔いの時に社長が「今から付きあってくれたら、契約書にサインするよ」「トイレに行って来るから、駄目ならその間に帰ってくれ」と・・

 私の中で格闘がありましたが、生活費や成績を考えて社長に抱かれる決心をしました。一度会社に帰った時に社長の要求を予想して、下着は新品に変えて再訪問をしていました。

 社長がトイレから帰ってくると、万弁の笑みを浮かべ「そうか決心したか・・」と横に座り、私のミニスカートに手を入れて来ました。男性には暫く抱かれていないので、男のゴツゴツした手が私の太ももに触ると、お酒も手伝って心地よい快感がビリビリと下半身に走りました。

 社長は右手でグラス、左手は私のミニスカートの中

 飲み屋を出てホテルにタクシーで向い部屋に入りました。社長は部屋に入るなり私の衣類を慌ただしく脱がせ、私はブラジャーとパンスト、パンティだけにされゆっくり、ゆっくりとパンストを脱がされました。

「こんな美人な若い女性の体を抱けるとは・・天国・・天国」とつぶやきながら・・

 社長は女性のパンストを脱がすのに興奮を覚えるようで、ほんとうにゆっくり丁寧にパンスト脱がされました。社長はチンチンが痛くなったと言うと、私の白いパンティーを一気に脱がすと、私をベットに押し倒し私の足を大きく広げ、一気に挿入しようとしましたが、私は足を閉じて契約書にサインを求めました。

 社長は私の要求に応じて、急いで契約書にサイン捺印してくれました。それからは社長の性欲の奴隷になり、中年のねちっこいSEXが始まりました。乳首を吸われ、アソコを舐められ、前から後ろから、横から斜めから挿入ピストンで、私のアソコは愛液で濡れに濡れて、何度も何度も逝かされました。

 社長も悪い人では無い様で、従業員の2人も紹介してくれ契約しました。社長とは契約1件で1回のSEXをしています。私を抱きたかったら生命保険の契約が登竜門。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ