女医ってこんなもんですかね

 先日、熱をだして近所の医院に行きました。患者は誰もいませんでした。すぐに診察室に呼ばれました。中に入ると40歳くらいの女医さんでした。問診の後、シャツを巻くって聴診器があてられました。少し緊張してドキドキしているのが自分でわかりました。そして、ベットに横になるように言われました。触診が始まり、首の回りや脇の下を触られ、そしてお腹を入念に押されました。そして「お通じありますか、お腹かなり張ってますね」と言われました。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

[PR]異性との出会いが少ない人はチャンスを広げよう~![PR]

 四日間便秘していることに気づきました。すると女医さんは「便秘していると熱もでるから、浣腸してすっきりさせましょう」と言いました。おとなになって浣腸だなんて、子どものころに母親に何度かされたことはあったけれど、などと考えていると、若い看護師さんが「ズボンと下着おろしますね」と言って、ベルトをゆるめ、パンツを膝くらいまでさげました。慌ててオチンチンを隠しましたが、女医さんになだめられました。


 そして、看護師さんに、赤ちゃんがオムツを交換するときのように両足を高く持ち上げられ、女医さんにお尻の穴に何かヌルヌルしたものを塗られ、指をお尻の中にいれられました。そして、お尻の中をかき回すようにされました。思わず「痛い」と声をだしてしまいました。そうしているうちに、もう一人の看護師さんがガラスの大きな注射器のようなものを持って来て、女医さんに手渡しました。

 女医さんはそれに、薬を吸い上げました。そして「お尻の力をぬいて楽にしてね。すぐ終わるからね」と言いましたが、力なんて抜けるはずがありません。お尻の穴に力を入れていると女医さんに指で広げられました。体を動かして暴れると、看護師さんが二人で足を持ち、押さえつけられました。そして、ガラスの先がお尻にささりました。やがて、冷たい液体がお腹の中に入ってきました。


 そして、やっと浣腸器が抜かれたと思ったら、女医さんは若い看護師さんに「練習だからやってみなさい」と言いました。もうダメだと騒いだら、女医さんに何とキンタマをつかまれました。そして、看護師さんにも浣腸されてしまいました。限界まで我慢させられ、やっとトイレに行くことが許されましたが、うんちを調べるので水は流さないように言われました。若い看護師さんに付き添われて診察室を出ました。

 そして、待合室の横のトイレに向かいました。待合室には、30歳くらいの女性がいましたが、気にする余裕もなくトイレに飛び込みました。と同時に爆音が鳴り響きました。水が流せないので、外に全部聞こえていたと思います。お腹の痛みも治まったので、診察室に戻ると、先ほど待合室にいた女性が何と浣腸されていました。看護師さんに待合室で待つよう言われましたが、女性と目があってしまいました。彼女は四つん這いでお尻を高くあげた格好で、自分と同じガラスの浣腸器で看護師さんにされていました。

 少し経つと女性は出てきて、トイレに入りました。そして、自分と同じように大きな音をたてて、声をだして力んでいました。診察室に呼ばれ、ベットにうつ伏せになるように言われました。お尻に今度は注射をするというのです。パンツをまた膝くらいまで下げられ、お尻を消毒されました。そして、女医さんに、いきなり注射をされました。涙がでるくらい痛い注射でした。

 終わった後、若い看護師さんがお尻を揉んでくれました。そして、座薬を入れるので四つん這いになるように言われました。お尻を突き出したまま待っていると、診察室のドアが開き、先ほどの女性が入ってきました。浣腸はしてなかったけれど、今度は自分が見られてしまいました。


 看護師さんはカーテンを引き、女性に隣のベットに来るように指示しました。そして自分と同じように座薬を入れられたようでした。女医さんに、熱がさがらなければ明日また来るように言われ診察室をでました。薬ができるのを待っていると女性も出て来ました。女性の白い大きなお尻に浣腸器が刺さっているのを思い出し、気が付くとオチンチンが大きくなっていました。家に着くとすぐに慰めました。


↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ