ラブホテルの盗聴・・「ラブ盗シリーズ其の8」

(盗聴マニアXの告白)

 仕事を終え中華店で長崎チャンポンで腹ごしらえして、ラブホテルの盗聴に向かう。盗聴器のスイッチを入れると、SEX声が早くも始まっていた。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

女「背中わ~感じるのぉーーウッ・・ッ」
女「舐めないでぇーーヒャ~~アッッ」「アッーーウッ~」
女「しゃ・しゃ・社長ぅ~やめてぇーー」

と凄い女性の悲鳴とも聞える悲声。社長との不倫か?

男「社長室ではお高くしている、あざみクンがこんな声を出すとは・・」
男「でもあざみクンのミニスカートは、男心をそそるなーー」
女「そうなのよ~常務が社長室に入ると、常務が私のミニスカートを」
女「いやらしい目で見るのよーーメガネの横から・・」
男「まぁ~常務も男だからなぁ~まだ男なんだろーー」
男「あざみクン、少し私のであそんでくれないか?」

ウン・・尺八の催促かな??

男「あ~~気持ちいいよーーいいッ」
女「お年なのに元気なぁ・・坊やね~!チュー」
男「私の上に来てくれぇーー」
女「ハイハイ・・」(シックスナインか??)

・・しばらく聞き取れないゴソゴソ音。

男「もうたまらん・・君の中にぃ・・上からしてくれー」
女「あ~ん・はっーツッ・・はっ・あ~んッ」(騎乗位で始まった様子)
女「はっ~っ・はっはっ・・うっう~ん」

と綺麗な呻き声が暫く続いて静かになった。

男「ビールを出してくれ、あざみクン」
女「はい、社長」(冷蔵庫を開けて締める音)

女「社長ぅ~エルメスのバック新作が出たのぉー買っていいぃ~」
男「よしよし・・幾らだぁ~」
女「98万円なのぉーー」
男「今月の手当てに入れて、振込んでおくから・・」
女「ダーリン、嬉しいぃ・・」

私は聞いていて馬鹿らしくなりました。バックが98万円ですか!

その後1時間位、世間話をして退室していきました。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ